清潔感あふれ男らしさ満点!アップバングヘアカタログ

清潔感あふれ男らしさ満点!アップバングヘアカタログ

メンズのヘアスタイルにおいて最近よく耳にするアップバングという言葉。今さら聞けないその意味から上手に取り入れた最新スタイルまで、バリエーション豊富に紹介します。

橋本 裕一

2016.08.10

ヘア
ヘアスタイル

“アップバング”って、どんなヘアスタイルなの?

アップ(=上げる)とバング(=前髪)を合わせた造語で、文字どおり前髪を上げることを意味します。男本来の力強さや精かんな印象、さらには清潔感を高める効果があり、カジュアル〜ビズシーンにいたるまで、取り入れることで得られるメリットが多いのが一番の魅力。デザインの種類が多岐に渡たることからも、このヘアスタイルの人気の高さがうかがえます。

デザイン別にチェック。大人メンズのアップバングのショートヘア15選

アップバングといっても、髪の長さや前髪の上げ方などデザインはさまざま。そこで代表的なスタイルを厳選してピック。この中から次にトライすべき髪型を見つけてみてください。

ヘアデザイン1ツーブロック

アップバングの王道といっても過言ではないツーブロックとの合わせ技。サイド〜バックをしっかりと刈り上げることで、清潔感にくわえて清涼感のアップにもひと役買ってくれます。

ハチ下まで刈り上げたツーブロックとアップバングを組み合わせスタイル。トップからフロントはクセを生かすことで、よりナチュラルな雰囲気を呼び込みます。男らしいテイストのスタイルを、あくまでソフトな仕立てでデザインするのが今のスタンダードです。

高い位置まで刈り上げたツーブロックは、ハチに角を残すことでスクエアなフォルムに設計。直線的なラインをパーマによる毛先の動きであえて崩すことでモダンな雰囲気を演出。刈り上げのハードさと動きのやわらかさを巧みに融合させた好サンプルといえます。

ツーブロックをソフトにすることで、よりトライしやすくデザインした好例。しっかりと分け目をつけた8:2のサイドパートを組み合わせることでクラシカルな雰囲気が引き出されます。ダークトーンの髪色をセレクトすると、より品格のある仕上がりに。

ビジネスのシーンであれば、刈り上げは低めがベター。さらにサイドはリバース方向に流して刈り上げをなじませて、あくまでナチュラルに仕上げることがお約束。カラーはもちろん黒髪をセレクト。誠実さにくわえ、親しみやすい雰囲気をアピールしましょう。

男らしいファッションが好きな人にトライしてほしいスタイル。サイドをガッツリと刈り上げ、トップをオールバック気味に流した野性味あふれるテイストがポイントです。下ろすとナチュラルな表情が楽しめるので、2wayの魅力を味わうことができます。

ヘアデザイン2ソフトモヒカン

ハードなイメージが強いソフトモヒカン。ここ数年、旬のファッションやスーツと好相性なスタイルが急増しています。より挑戦しやすく進化した新しいソフモヒに注目です。

シャープな束感を中央に集めた直球なデザインは、満点の男らしさ。サイドとバックはていねいにグラデーションで刈り上げて、端正なシルエットを構築。トップは長短をしっかりつけることで躍動感あふれる動きに配慮。毛先をふんだんに動かすことができます。

モヒカンラインをやや斜めに寝かせたデザインでハードさをセーブ。束感+ウェットな質感で、今っぽさも十分。デイリーはもちろん、ビジネスの場でも十分に対応可能。正統派を押さえながらも遊びは忘れない、まさに大人のヘアスタイルです。

パーマの力を借りれば、より雰囲気のある仕上がりに。ランダムに行き交うトップの束感によって、ややワイルドな空気感を呼び込むことに成功。やわらかい動きと大人な雰囲気の演出を考慮し、サイドとバックの刈り上げは低めに設定したのがポイントです。

ハチ上までしっかりと刈り上げたシャープなシルエットが潔い。トップの毛束は、中央に寄せると同時に反り返るような動きに仕上がることで、力強いイメージを強調しています。アクティブさが際立つスタイルは、黒髪で印象を引き締めるのがベストな選択です。

サイドとバックはすっきりさせつつ、グラデーションでトップまでつなぎ端正なフォルムをメイク。ワイドに設定したモヒカンラインは、細い毛束を散らすことで軽快さを引き出しています。さわやかさ満点のスタイルで、好感度アップ間違いなしです。

ヘアデザイン3ショートパーマ

メンズヘアにおいて、パーマによる毛先の動きは今や標準装備。アップバングにおいても同様で、ハードな印象を今っぽいテイストにシフトする重要なアプローチとなっています。

セクシーさがにじみ出る強めのパーマがこのスタイルの生命線。くしゃっとした質感を持ち上げるようにアップすることでリーゼント風の仕上がりに。たっぷりの動きと刈り上げによる質感のコントラストが、大人ならではの遊び心を感じさせます。

高い位置まで刈り上げつつ、トップ〜フロントは長さを維持。パーマでゆるやかな動きを与えることで、アップバングとツーブロックのコンビでもソフトなニュアンスを演出できます。ちょっとラフなくらいに仕上げれば、リラックス感のある好印象なスタイルに。

ビジネスの場においても、アップバングとパーマの合わせ技は有効です。七三ヘアとミックスさせた力強いヘアは、パーマの動きのおかげでソフトな質感に。精かんさや親しみやすさ、頼りがいのある印象など、社会人がほしい要素を全部のせることができます。

パーマの動きは前髪のアップをアシストする役割も。パーマの動きを生かし、ラフに前髪を流すことでさりげなく根元が立ち上がったアップバングに。ツヤ感を加えることにより、パーマの動きが強調され、同時にアップバングのデザイン性も引き立ちます。

パーマの動きによるワイルド感が魅力。黒髪とツヤ感、そしてアップバングのトリプルコラボで躍動感を際立たせ、さらに男らしい雰囲気を呼び込みます。ウェーブの立体感と自由に遊ばせた毛先の動きによって、黒髪特有のやぼったさの解消は保証済みです。

    KEYWORD関連キーワード

    BACK