パンツが主役。大人のリラックスコーデは品良く

パンツが主役。大人のリラックスコーデは品良く

暑くてツライ夏でも、大人は品のいいパンツスタイルが求められるシチュエーションがあるもの。そこで上品かつ夏でもリラックスできるパンツコーデを紹介していきます。

桐田 政隆

2016.08.05

ボトムス
夏の着こなし・コーデ

パンツを主役に“リラックス”と“上品”を攻略するには……?

夏はショーツをはきたくなるもの。でも、ちょっと失礼かもという場面はよくあります。そこでパンツをはいて品の良さをキープしつつ、リラックス感を備えるにはどうしたらいいのか? その攻略方法を見ていきます。

攻略術1イージーパンツを選ぶ

まずオススメなのがベルトなしではけるイージーパンツを選ぶこと。ベルトがないというだけで、パンツをはく際も着心地もだいぶリラックスできます。また最近はイージーパンツが大豊作。シルエットがキレイで、一見イージーパンツとわからないものが多いのがポイントです。

スラックスのようなドレッシーな生地や仕立てでも、ストリングやゴムリブ付きのモデルが豊富。ベルトなしではけてリラックス感もあります。

攻略術2上品なものを選ぶ

上品に着こなすならなるべく品の良いデザインや素材のものを選んでおきましょう。たとえばスラックス仕立てのものは生地感やシルエットも上品。またトロピカルウールなど、清涼感のある夏向けの素材を使っているものも多く意外と選びやすいと思います。つまり品のいいイージーパンツを買うのがひとつの攻略法です。

クラシカルな雰囲気が漂う、2タックのスラックスタイプのモデル。素材はストレッチコットンなので、リラックス感も兼ね備えています。

攻略術3『グラミチ』のNNパンツを買う

より手っ取り早く攻略するならば、『グラミチ』のニューナローパンツことNNパンツに頼るのが得策。最初から腰回りに調節しやすいベルトが付いていて、股下は180度に開脚できるクライミングパンツの仕様。ただ今どきの美脚テーパードシルエットで、素材は動きやすいストレッチ混です。また生地のバリエーションや別注モデルも豊富なので、人とかぶりにくく選びやすさもあります。

シルエットは細身ですが、ストレッチ混なのでリラックス感のあるはき心地を楽しめます。またベーシックな美脚シルエットで、トップスや靴との合わせやすさも便利です。

“リラックス”と“上品”を両立する今夏の旬パンツ&コーデサンプル集

旬パンツ1『グラミチ』NNパンツ

前述のとおり、『グラミチ』ならではのクライミングディテールとモダンな美脚シルエットを兼ね備えたモデル。オリジナルはフルレングスのグラミチパンツですが、先が細いテーパードにしたナローパンツ。さらに腰回りをすっきりさせたのが、このNNパンツです。普通にジャストサイズを買えば、上品&リラックスを備えた一本を手にできます。

『グラミチ』人気再燃のきっかけとなったナローパンツ。これに続き、NNパンツも昨年発売するなり大ヒットを記録しています。また機能性も豊富でシルエットもキレイでいながら、1万円ちょっとで買える、コストパフォーマンスの良さも魅力です。

こちらは品のあるクリース入りの『エディフィス』別注モデル。また上品な細身シルエットに、程よく光沢のあるネイビーカラーでクールビズにも使えそうな一本です。

Tシャツに合わせても上品な雰囲気で着られます。また軽快なアンクルカットなので、はくだけで今どきの雰囲気に。白スニーカーにも相性がいいですね。

旬パンツ2『メイプル』トムキャットパンツ

大ヒット中の『メイプル』のトムキャットパンツ。ストレッチナイロンによるスラックス仕立ての高い縫製技術を要するパンツで、品の良さがありながらリラックス感もたっぷりです。こちらもアンクルカットのレングスではくだけで軽快な印象になり、ジャストサイズを選ぶのがオススメです。

ナイロンとポリエステルの混合素材で作られたイージーパンツは、上品な見た目が特徴。クロップド丈のため、涼しげに見えるのもポイントです。スニーカーから革靴まで、はくシューズを選ばないのもうれしいところ。

季節感のある爽やかなストローハットと、リバティー柄のシャツとのコーディネート。また革靴だと重くなりそうですが、アンクルカットなのでそうした心配もありません。

こちらはミリタリーライクなオリーブカラーを着用しています。ただTシャツ、スニーカーもすっきりとシンプルなセレクトなので、品の良さもあります。

旬パンツ3ウールイージー

その名のとおり、ウール素材で作られたイージーパンツのウールイージー。昨年秋冬から本格的なトレンドにもなっています。またウールといっても暑苦しくありません。前にも述べたとおり春夏では細い糸を使ったトロピカルウールや、ポリエステルをブレンドしたものが中心となっていて、はき心地も爽やかです。シルエットはいろいろあるので、サイズ感は好みや着こなしに合わせて選べます。

『エール』

たとえば清涼感と高級感を兼ね備えるトロピカルウール100%のイージーパンツ。『エール』は和洋折衷を提案するブランドで、ストリングには和のリラックス感が感じられる麻紐を使っています。ワイドなシルエットとダブル仕上げで、しっかり存在感もある一本です。

こちらの方は『モンキータイム』のウールイージーを着用。上品な素材感に、ゆとりのある2タックの腰回りで見た目の印象的にもリラックスさを感じさせます。

逆にこちらの方は腰回りのボリュームを抑えて、全体的にすっきりとした一本を着用。爽やかなブルーのシャンブレーシャツ、ストローハットとも相性がいいです。

旬パンツ4リネンイージー

リネン素材を使ったイージーパンツです。爽やかで上品な光沢を備えるリネンは、夏の上品&リラックス感を求めるパンツにもピッタリ。またほかの素材より軽快さも優れるので、リラックス感はピカイチだと思います。ただカジュアルなタイプも多いので、選ぶ際は上品な一本を探してみましょう。

『エストネーション』

こちらの『エストネーション』はリネンにレーヨンとストレッチ素材を使い、伸縮性にもすぐれた一本。また適度にゆったりとしたシルエット、アーシーなカラーリングでリラックス感たっぷりです。ただ脚を通すとしっかりキレイに見せてくれます。

やはりリネンはウールなどと比べるとよりリラックス感があるので、品の良さを求めるならトップスでフォローしたほうがいいかも。たとえばクルーではなくシャープなVネックなど。

『アダム エ ロペ』のリネンイージーを着用。製品染めしているそうで、より深みのある表情も魅力です。ワイドシルエットですが、すっきりロールアップして軽快な印象に。

旬パンツ5パジャマパンツ

上品&リラックスがトレンドのキーワードになり、近年ラインアップも増えているパンツ。ゆったりとしたシルエットとサラリとした肌触りの薄手の生地、また上品な光沢があるブロード生地のタイプが多いです。これも上品&リラックスなパンツにはピッタリですし、ファッションとして登場しているものは寝間着感がないので取り入れやすいと思います。

『エディフィス』

たとえば『エディフィス』の細番手のストライプシャツ地を使った、タック入りのイージーパンツ。ゆったりとしたワイドシルエットですが、タック入りでドレッシーな仕上がり。また素材もドレスシャツに使われているものだそうで、しっかり品の良さも備えています。

パジャマ作りからスタートした『フィンガリン』のパンツを着用。上品な生地感とブラックウォッチ柄でパジャマっぽさを感じさせません。ゴムリブ付きでリラックス感も◎。

薄手の6オンスで綿麻素材による岡山産デニムを使った、珍しいパジャマパンツ。サイドには側賞的なデザインも施されていて、ドレッシーな雰囲気も加わっています。

    KEYWORD関連キーワード

    BACK