センスよく着飾る。ファッション小物で夏を楽しもう

センスよく着飾る。ファッション小物で夏を楽しもう

暑さが増していくこれからの季節は、軽快かつ涼しげな装いを壊さずにおしゃれに見せるためのキーとなるのが小物使い。夏のおしゃれを盛りあげる旬小物の活用法を紹介。

大中 志摩

2016.08.07

夏の着こなし・コーデ

“夏気分”をもり立てる小物たち。選び方のキーワード

単調になりがちな夏の着こなしは小物をうまく取り入れて動きのあるコーデを楽しみたいところ。今回は、夏気分を盛り上げてくれる旬小物の選ぶべきキーワードを伝授していく。

キーワード1寂しくなりがちな腕元をカバー。ブレスレットは“重ねづけ”が気分

Tシャツなど半袖のトップスがメインとなってくる夏の腕元はどうしても寂しくなりがち。そんな問題をカバーしてくれるのがブレスレット。シンプルに単体づけも悪くはないが、より個性を演出するためにも重ねづけに挑戦してみては。ビーズ系やコード系、ターコイズなどをベースに組み合わせれば夏気分も格段にアップする。

ボーダーTシャツにスキニーパンツのミニマルな着こなし。これだけでも夏っぽさは感じられるが、マルチカラーのビーズブレスでさりげない差し色をプラス。ネイティブなバングルと組み合わせることで大人っぽい腕元に仕上げた。

キーワード2ビーズとはちょっと違った雰囲気を楽しみたいという人はストーンネックレス

ナチュラルな雰囲気と手軽にアクセントをプラスできることから夏スタイルの小物として高い人気を誇るビーズネックレス。しかし、その人気の高さから周りとかぶってしまうことも。そこでおすすめしたいのがストーンネックレス。ストーン独特の素材感やビーズとはひと味違った表情が楽しめる。カラーも豊富に展開されており、汎用性の高さも魅力的だ。

白Tにカモ柄のショーツを合わせたカジュアルなスタイルはイエローのニット帽で抜け感を。首元にはストーンとビーズのネックレスを重ねづけし、個性的な雰囲気を演出。アンクレットやブレスレットなど要所に小物を配置して軽快感を加速させている。

キーワード3夏の定番。ショーツに合わせる“アンクレット”も重宝する

軽快なショーツスタイルに合わせたいのはアンクレット。さらっと身につけることで足元に彩りを与えてくれるだけでなく、シューズとのコーディネートも楽しめる。スニーカーはもちろん、サンダルやデッキシューズにも相性抜群だ。ビビッドな色ものであれば手軽にアクセントや季節感を演出することができる。

Tシャツとショーツというシンプルなアイテムを組み合わせたラフな着こなし。シンプルながらもネイビーとホワイトで統一し、爽やかさをアピール。アンクレットはビビッドなレッドをチョイスしてアクセントをくわえている。

季節感を楽しむファッション小物。街のしゃれ者たちに見るコーデサンプル集

旬小物1サマーニット帽

サマーニット帽とはリネンやコットンを使用した夏仕様のニット帽のこと。さらっとした質感の素材を仕様しているため夏場でも暑苦しさを感じさせずに幅広いコーディネートに用いることができる。ベージュやネイビーといった落ち着いたカラーリングを選べば上品さを演出しつつもリラックス感のあるマイルドなスタイルへと導いてくれるはずだ。

『アヴィレックス』サマーニットワッチキャップ

『アヴィレックス』のサマーニットワッチキャップであれば、折り返し部分にブランドワッペンを配したシンプルな作りなので汎用性が高く、深みのあるネイビーがシックな雰囲気を演出してくれる。コットンとリネンの混紡素材なので涼しくかぶり心地も良い。

ニット帽から足元までネイビーで統一。トーナルなカラーリングだが、シャツ前たてのイエローのラインや、パンツのドット柄など遊びの効いたセレクトが光る。ショートパンツの軽快感もGOOD。

ボーダーTを主役にまとめた爽やかなコーディネート。ニット帽は薄めのネイビーをチョイスすることで暑苦しさを払拭できる。足元はスポサンで抜け感とトレンド感を加えた。

旬なバンドカラーのチェックシャツには白のパンツとビーチサンダルを合わせてより季節感のある着こなしに昇華。シルバーのアクセは大ぶりのもので男らしさをプラスしつつ、グレーのニット帽で着こなしをマイルドに。

こちらもグレーのニット帽を合わせた着こなしだが、プレーンな白シャツと黒のショーツでシックなモノトーンスタイルに。白アイテムの量を多くすることで夏らしい爽やかな雰囲気にまとめた。

旬小物2サングラス

夏の強い日差しから目を守ってくれるだけでなく、スタイルのアクセントとしても活躍してくれるので持っておくと非常に便利。マストで持っておきたいのはシーズンやスタイルを問わずに使える黒や茶系のベーシックなカラーのもの。最近はクリアフレームのサングラスやメガネに注目が集まっているのでサングラスのバリエーションを増やしたいという人はチェックしてみて。

『オリバーピープルズ』サングラス

クラシカルなデザインで人気の高い『オリバーピープルズ』のクリアカラーのサングラスならば軽快な印象を与えつつもしっかりと品の良さを演出してくれる。クリアのフレームに合わせたブルーレンズが今っぽい雰囲気に。レンズはしっかりと紫外線をカットしてくれる。

マリンスタイルをベースにベストやストールをプラスしてカジュアルな中にも品の良さをプラス。サングラスもクリアフレームなら重い印象を与えずに取り入れることができる。

カジュアル感の強いショートパンツのスタイルもシャツをタックインすることで大人っぽく着こなすことが可能。ネイビーをベースにシューズとはベルトは黒で引き締め役に。全体をシンプルにまとめた分、ミラーレンズのサングラスが際立っている。

モノトーンでスタイリッシュにまとめつつ、足元には総柄のスリッポンを合わせて個性を表現。クリアフレームのサングラスで抜け感のある印象に。シンプルな組み合わせだがポイントごとに遊びを取り入れているのでアカ抜けたスタイルに仕上がった。

カジュアルな着こなしに黒のサングラスを取り入れるとクールな印象で大人っぽさを加速してくれる。さらに、全体をブルーと白でまとめて爽やかさもしっかりアピール。腕時計も黒でまとまりを出した。

旬小物3ストローハット

季節感もアピールできるストローハットは今シーズンも活躍必至。ナチュラルなカラーであれば爽やかさや軽さを、シックな黒のアイテムであればアカ抜けたスタイリッシュなスタイルを演出してくれる。また、ブリムの狭いモデルであればカジュアルな印象になるので初心者でも合わせやすい。

『オーバーライド』オーバーライド フェドラ ハット ケンマ

人気帽子専門店『オーバーライド』の定番ストローハットは、サイズ、バランス、色、仕様にこだわって作られており、絶大な支持を集めているアイテムだ。クセのないデザインはそのままにブリムの長さを現代的にアップデート。また、比較的リーズナブルな価格ながらも国産というのもうれしいポイントだ。

色がぬけきった爽やかなウエスタンシャツにベージュのチノショーツというシンプルな着こなしもハットを加えることでしゃれ感のあるスタイルに。ブレスやボウタイのさりげない味つけもポイントだ。

トップスには旬なバンドカラーシャツを着用。細身のショーツですっきりとまとめ、パンツと色みを揃えたハットで統一感のあるスタイルに。アースカラーを引き立てるためにも足元は黒のスポーツサンダルで締めている。

ブリムの狭いハットならカジュアルな印象に。『コモリ』のシャツを主役に大人のショーツスタイルを構築。足元はブラウンのスニーカーで重さを出すことで個性的ある着こなしに仕上げた。

モノトーンスタイルに黒のハットを合わせてアカ抜けたこなれ感を表現。黒のアイテムが多いので重くならないように細身のパンツを合わせてロールアップした。スポサンとソックスの組み合わせも同色でスタイリッシュに。

旬小物4キャンバストートバッグ

最近のトレンドとしてバックパックの人気が高いが、軽快感のある夏スタイルを演出したいのであればキャンバスのトートバッグがおすすめだ。独特の風合いは重さを感じさせず、バックパックのように背中が蒸れる心配もない。軽快感も残しつつ、大人っぽさも演出したいという人にはレザーと組み合わせたモデルをおすすめしたい。

『トビウオ』スタッフボウルS

『トビウオ』のトートバッグには創業80年をこえる岡山県倉敷市の老舗帆布工場で作られているキャンバスを使用。ベーシックかつシンプルなデザインで上品な装いに。生地にはウォッシュ加工をしているので独特のアタリが楽しめる。また、荷物の出し入れも非常にスムーズ。

ボーダーTにダメージデニムでシンプルに仕上げ、マリンを意識したカラーでまとめることでより爽快な着こなしに。軽快な印象を損なわないようにキャンバスのトートバッグを使用。

カーキのシャツにダメージデニム、足元にはサンダルを。色は濃い目をセレクトしてより武骨な印象に仕上げた。シャツはフロントを全開にしてカジュアルに演出。キャンバストートで程よい抜け感をプラス。

半袖のスウェットシャツにリブパンツを合わせて旬なアスレジャースタイルを構築。グレーを混ぜたモノトーンでまとめ、アクセントとしてブラウンのキャップとカモ柄のキャンバストートを合わせた。

シンプルな着こなしながらもデニムシャツをたすき掛けしてこなれた印象に。カーキのパンツで程よくミリタリー感を取り入れつつ、イラストが施されたキャンバストートで遊んでいる。

旬小物5カジュアルウォッチ

シンプルな着こなしも腕時計を取り入れるだけで大人っぽい雰囲気に手軽に格上げできる。しかし、メタル系の腕時計では重さが気になるので、ここではカジュアルモデルを推奨。レザーベルトなら上品に、ナイロンやシリコンなどのベルトであれば軽快な印象に。落ち着いた色のほうが取り入れやすいが、ベーシックな色のウェアが多いのであれば思い切ってイエローなどのカラーで遊ぶのもあり。

『タイメックス』ウイークエンダー

ミリタリーウォッチとしてもおなじみの『タイメックス』の腕時計。シンプルなアナログフェイスがクラシックな雰囲気を醸す。落ち着きのあるアイコニックなベルトは着こなしのアクセントにもぴったり。カジュアルなコーディネートからトラッドなスタイルまで幅広くこなす。

カーキのポケTとカモ柄のショートパンツ、カーキのシューズでミリタリーテイストに仕上げたリラックススタイル。ネックレスと腕時計でシンプルにアクセントをくわえて大人っぽくまとめた。

ポロシャツとブラックスキニーでスタイリッシュに仕上げながらもデニムシャツを腰に巻いてカジュアル顔に。あえてハイカットスニーカーを合わせて着こなしアクセントをプラス。腕時計はスニーカーと色を合わせて統一感を出した。

デニムショーツにTシャツというシンプルな着こなしもブルーベースでまとめることでこなれ感のあるスタイルに昇華させた。ブラックの腕時計でシックさを加味しつつ、カモ柄のバケットハットや『ナイキ』のエアリフトで遊びを表現。

ダークトーンでまとめたシックな着こなし。ダークトーンでまとめているのでソックスのホワイトがアクセントとして映える。ミニマルなアイテムをうまく組み合わせたアーバンな着こなしだ。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

    BACK