スマホケースはおしゃれなファッションブランドの逸品を!

スマホケースはおしゃれなファッションブランドの逸品を!

毎日使うスマホだからこそ、お気に入りのケースでより愛着を持って持ち歩きたいもの。テイストを2つに分けて、人気ファッションブランドからおすすめを厳選しました。

ai sato

2018.05.10

雑貨
モバイルケース

千差万別のスマホケースから、自分に似合うアイテムを選ぶポイント 

千差万別のスマホケースから、自分に似合うアイテムを選ぶポイント 

スマホケースには、大きく分けて手帳型とケース型があります。スマホの操作性を優先するならコンパクトなケース型。ICカードなどを併せて収納したいのであれば手帳型を選びたいところ。それぞれメリットがあるので、自身のライフスタイルに合わせて選ぶべきでしょう。デザインは自分の好みであることが一番のポイントですが、シンプルで上質な素材であったり、ちょっとした遊び心があったりと、大人ならではの余裕を感じさせるモノがおすすめです。今回は、高級感あるレザーとデザイン性に富んだカジュアルなモノの2ジャンルのiPhoneケースを紹介していきます

高級感あふれる、シックなレザーのスマホケース

大人ならではの上質でリッチな雰囲気を漂わせたいなら、レザー素材のケースが正解。皮革ならではの落ち着いた表情や使うほどに味が出る質感など、飽きずに長く愛用できるのが醍醐味です。シンプルなデザインが多いので、レザーの色や加工でさりげなく個性を出すのもありでしょう。

レザー1『アンサーテイン』×『ポーター』×『B印 ヨシダ』別注 iPhone6 PLUS ケース

ナチュラルなシボ感を楽しめるベジタブルタンニンなめしのレザーは、使い込むほどに風合いが深まり自分だけの経年変化が味わえます。付属のストラップチェーンは、ウォレットチェーンのようにベルトやループに通して使える優れもの。中にはICカードも入るポケットが付いており、シンプルながら機能性も抜群!

レザー2『ポーター』×『B印 ヨシダ』iPhone6 PLUS ケース

樹脂ケースにエナメルレザーを貼り合わせたケースは、そのリッチなツヤ感が魅力。さりげなく箔押しであしらったロゴも、クールなアクセントとして効果的です。背面にはICカードが入るポケット付きで、無駄のないスマートなフォルムでありながらこれひとつで外出もOKな利便性を有しています。

レザー3『コーエン』イタリアンレザーiPhone Xケース

上質なイタリアンレザーをシンプルな手帳タイプのデザインに仕上げたブランドオリジナルのケースは、コントラストの効いた白ステッチが軽快なアクセント。内側には2か所のカードスリット付きで、さらにブランド名とジャパンメイドの刻印が施されています。素材の選定や丁寧な作りに、ブランドのこだわりを感じさせるアイテムです。

レザー4『ヴィアネル ニューヨーク』iPhone 7/8 PLUS ケース

NY発のラグジュアリーレザーブランドによる、モダンなデザインが光るiPhoneケース。上質なレザーをパッチワークしたかのような背面のデザインは、スタイリッシュなだけでなくそのままカードホルダーにもなっており、デザインと機能性の両立を実現しています。

レザー5『ポロ ラルフローレン』iPhone6 PLUSケース

プラスチックに耐水性のあるレザーをかぶせたハードシェル仕様で、しっかりとiPhoneをプロテクト。すっきりとシンプルなデザインに、ブランドアイコンの刻印がさりげないワンポイントになっています。休日カジュアルから通勤スタイルまで、シーンを問わず馴染みやすいのも魅力です。

レザー6『ポール・スミス』SMITHY DOODLE RABBIT iPhone CASE

デザイナーのポール・スミス氏自身がイラストを描く、ドローイングシリーズの逸品。ゴールドのエンボス加工で表現した可愛らしいラビット柄ですが、スムースレザーの色みもあってメンズにも似合う表情になっています。なかのカードスリットには、お馴染みのブライトストライプをオン。

大人の遊び心が光る個性派カジュアルタイプ

カジュアルなデザインのスマホケースを選ぶなら、シンプルだけどトレンドカラーを使っていたり、気の利いたなワンポイントがあったり……と、少し遊びのあるタイプに注目を。比較的手頃な価格のモノが多いので、気分に合わせて変えるのも楽しいですね。

カジュアル1『ホワイトマウンテニアリング』iPhoneX ケース

落ち着いたトーンのシックなチェック柄をスマホケースにも取り入れたデザインが秀逸! インパクトのある大きめのチェック柄でも、淡い色みでまとめているので、大人が持っても違和感はありません。背面下部にさりげなく入ったブランドロゴがアクセントになっています。

カジュアル2『ペンドルトン』ネイティブ柄スマホケース

ブランケットやネルシャツでお馴染みの『ぺンドルトン』。ブランドを代表するネイティブ柄を全面に使った手帳型ケースは、遠目にも目立つ個性的な逸品です。派手な印象のネイティブ柄も、こんなシックな配色なら大人が持つのにぴったり。マグネットボタン式で開閉がスムーズなうえに、中には2か所のカード入れが付いているのも高ポイントです。

カジュアル3『ディースクエアード2』iPhoneカバー

同ブランドのデザイナーが飼っている愛犬、チロをモチーフにしたインパクトのあるデザインが特徴。シリコン素材の立体的なチロの耳にはピアスの穴が開いており、ストラップなどを通すことも可能です。チロの力強いまなざしと、鮮やかな首輪がアクセントです。

カジュアル4『メゾンキツネ』iPhone ケース スピードボート

シャープに入ったブランドロゴとスピードボートが、キリッと辛口な表情を漂わせるiPhoneケース。黒ベースで潔くシンプルなカバータイプなら、こんなポップなイラスト入りでも子供っぽさは皆無です。フランスブランドらしいエスプリの効いたデザインは、持ち主のセンスを代弁してくれることでしょう。

カジュアル5『ディーゼル』iPhoneケース

デニムラバーなら、『ディーゼル』お得意のデニム素材を使ったタイプはいかがでしょう。ヴィンテージ感のある風合いや斜めに入ったブランドロゴの切り替えなど、人気の定番ジーンズと同じあしらいがこなれた雰囲気たっぷり! 内側と背面にはカードポケット付きで、機能性も抜群です。

カジュアル6『バンズ』iPhoneケース

『バンズ』のスニーカーの特徴であるワッフル状のソールをイメージしたiPhoneケースは、その独特のルックスがユニークな印象。見た目の遊び心はもちろん、スニーカー同様にグリップが効くのでホールドしやすく、使いやすいというメリットも。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    何が違う? コンバース オールスターのMADE IN JAPANに熱視線

    何が違う? コンバース オールスターのMADE IN JAPANに熱視線

    時代を超越して愛される『コンバース』のオールスターに仲間入りしたMADE IN JAPANモデル。発売以来支持される、同モデルの魅力をリサーチしました。

    Freeamericanidol編集部

    どのブランドから選ぶ? 傑作ビジネスバッグ20選

    どのブランドから選ぶ? 傑作ビジネスバッグ20選

    ビジネスマンの相棒であるビジネスバッグは、毎日使うからこそデザインや収納力、ブランドなど細かい点までこだわりたいもの。選ぶ際の基本や人気の逸品をお届けします。

    Freeamericanidol編集部

    フェリージの財布が大人に刺さる理由と、その魅力を大解剖

    フェリージの財布が大人に刺さる理由と、その魅力を大解剖

    『フェリージ』と聞くとレザーナイロンコンビのバッグが有名。ですが、上質な皮革を使用した小物も充実しているんです。今回は、特に人気が高い財布にフォーカスします。

    近間 恭子

    もはや当たり前。大人に似合う通勤リュック25

    もはや当たり前。大人に似合う通勤リュック25

    ビジネスマンにとって通勤時のリュックはもはや当たり前。市民権を得たものの、カジュアルやアウトドアで使用するモノとは一線を画す、“通勤仕様”のモノを選びましょう。

    近間 恭子

    もはやコーデの一部。ミニショルダーバッグが便利すぎて手放せない!

    もはやコーデの一部。ミニショルダーバッグが便利すぎて手放せない!

    サコッシュ人気の流れで、需要が高まっているミニショルダーバッグ。小ぶりながら収納力に優れた逸品たちは、いまやスタイリングのアクセントとしても重要な立場に。

    Freeamericanidol編集部

    黒キャップは大人コーデと好相性。何を、どう被るのがおしゃれ?

    黒キャップは大人コーデと好相性。何を、どう被るのがおしゃれ?

    キャップは春夏の定番小物。特に、大人コーデと好相性のいいブラックのキャップは重宝します。コーデ実例やおすすめ品を参考に、黒キャップをおしゃれに取り入れましょう。

    ai sato

    BACK