おすすめを厳選。エコバッグはラフでおしゃれなアイテムだ

おすすめを厳選。エコバッグはラフでおしゃれなアイテムだ

ナチュラル志向の大人を中心に、活用頻度が増えているエコバッグ。日常のコーデにもハマるおすすめアイテムを厳選して紹介したい。

菊地 亮

2018.02.26

バッグ
トートバッグ

おしゃれでコスパの高いエコバッグ

今やあらゆる分野においてエコの目線は重要になっており、ファッションも決して例外ではない。そんな時代において、見栄えだけでなく地球へのやさしさは大人のアイテム選びの指針といえるだろう。その典型がエコバッグ。デザインの自由度やコスパの高さ、そして道具としても無類の使い勝手を披露するアイテムが、我々の日常に欠かせないのだ。

そもそもエコバッグとは? その由来は?

発端は、その名からもわかるように表面化され始めた環境問題にある。1992年、国連環境開発会議が開催され、それを機に世界へ環境問題が広く知れ渡るようになった。日本でエコバッグという言葉が生まれたのもこの年。早くからドイツで普及されていた布製簡易バッグが紹介され、大手スーパーなどの量販店がマイバッグ運動を実施したことで急速に普及していった。

エコバッグのココがいいね!

ファッション性、利便性、社会性と、あらゆる面から見ても、エコバッグはポジティブな要素がふんだんに盛り込まれている。では、具体的に何が魅力的で、我々にとって何がうれしいのか、そのポイントをかいつまんで紹介していこう。

いいね! 1デザインが豊富でセンスフル

たいていのエコバッグはスクエアのトート型でシンプルな作り。それだけに、まるでTシャツのごとくバリエーション豊富なデザインを落とし込んだモノが多い。ショップやブランドのネームロゴ、アート、メッセージ、写真、キャラクターなど、その数は無限。洋服では二の足を踏みそうな斬新なデザインも、エコバッグならなんなく取り入れられるはず。

いいね! 2お手軽でお手頃

エコバッグは、非常に簡易な作りでプライスも財布にやさしいモノばかり。そのため、ちょっとそこまで、なんてときでも気軽に持ち歩くことができ、汚れたとしても気兼ねなくガシガシ洗ってまた使うことができる。しかも、折りたたんでバッグ・イン・バッグとして使うこともできるお手軽感は、ショッピング時に頼もしさを覚えるはずだ。

いいね! 3何より地球にやさしい

前述したように、日本国内に知れ渡ったのは各種スーパーや小売店などで大々的に行った買い物袋運動。当時とは比較にならないほどエコの意識が高まっている今では、リサイクルコットンなどを取り入れたますますエコなアイテムがファッションシーンではおなじみのブランドからもひんぱんにリリースされている。

おしゃれな大人はファッション小物としてエコバッグを活用

持ち前のチープさが気になる大人だっているかもしれない。しかし、自由さやラフさにより、逆に肩ひじ張らない大人としての余裕を打ち出せるのだ。スタイリングにうまく落とし込んだちまたのファッショニスタたちを見れば、それも納得できるはず。

太めのストレートレングスが今っぽいワークボトムスに、ミリタリー気質なスニーカーを合わせた男らしさ満点のスタイリング。それをスタイリッシュに見せる濃紺のTシャツや、タウンユースに使えるキャンバス地のエコバッグがポイントになっている。

シャツとラフなスウェットパンツを合わせた休日カジュアルスタイルともエコバッグは好相性。トータルのスタイリングがシンプルなだけに、大きめのエコバッグがアクセントとして効果を発揮している。

簡素になりがちなショーツスタイルも、各所にポイントを作ることでにわかにおしゃれな雰囲気が漂う。定番の白Tシャツを軸にしながらも、ボトムスには先鋭的デザインの総柄をチョイス。ネイビーでまとめているため悪目立ちせず、バッグのオレンジの差し色を後押ししている。

さまざまなブランドがリリース。男性が注目したい、おすすめエコバッグ20選

ファッションシーンにおいて日増しに高まるエコの機運。それをリードするのがエコバッグで、あの意外なブランドやショップから発表されていることからも、それは容易に想像がつくはず。

トラッドなアイテムを、音楽やアートといった要素を盛り込みながらモード的解釈で提案する『メゾン キツネ』。ファッションシーンの最前線に位置するブランドも“簡易”バッグをラインアップしている。ブランドロゴをあしらったシンプルなただずまいもGOOD。

■DATA
W47×H35×D12cm

ラグジュアリーブランドとして世界的にも知られる『ルイ ヴィトン』にも、実はイージーバッグが存在。こちらは、パリの新名所として知られ、建築家、フランク・ゲーリー氏設計による文化、芸術複合施設、フォンダシオン・ルイ ヴィトンの限定アイテム。

■DATA
W37×H43×D10cm

持ち手部分のブランドロゴが特徴のエコバッグ。シンプルな見た目はもちろん、容量も十分なので持っておいて損はない。

■DATA
W39.6×H34.6×D7.3cm

たっぷり容量のある肩掛けトートバッグ。開口部にはファスナーを装備、外側にはポケットを配し、エコバッグながら機能性を備えている。コンパクトに折りたためるため、荷物が増えそうなシーンにバッグに忍ばせておくと重宝する。

■DATA
W47×H37.5×D15cm

『ビームス』が手掛けたショッパーバッグは、軽量なナイロン素材の1点。折りたたんで中のポケットに収納できるタイプなので持ち運びも便利な仕上がり。

■DATA
W36.5×H41cm

小脇に抱えてもかさばらないサイズでありながら、マチがしっかりとあるため収納力も備えている。アメリカ西海岸をイメージさせるプリントでコーデのアクセントにももってこいな1点。

■DATA
W40.5×H36×D8cm

ショルダータイプのエコバッグは、ジッパー付きなところもうれしいひと品。トレンド感たっぷりの上品なメタリックカラーも魅力的。

■DATA
W42.5×H36.5×D11.5cm

ブランドの象徴であるワンスターとロゴをあしらったシンプルなビジュアルは、スタイリングにさりげなく華を添えてくれる。A4が収納できるサイズ感でサブとしてはもちろん、メインとしても活躍。豊富なカラー展開もうれしいポイント。

■DATA
W36×H35.5×D10.5cm

ワークカジュアルを得意とする『ディッキーズ』からも、軽くて丈夫なエコバッグが登場。A3サイズが大きめサイズで収納力も申し分なし。ポップなデザインに加え、カラフルな8色展開で遊び心がより際立ったひと品だ。

■DATA
W45×H40.5×D16cm

『クリフメイヤー』で人気のプリントTシャツのデザインをあしらった本アイテムも大人の休日カジュアルに取り入れたい1点。丈夫な素材と十分な収納力でガシガシ使えること間違いなし。

■DATA
W43×H37.5×D9.5cm

ミニマルなコレクションがジェンダーレスに大人たちを魅了する同ブランドらしく、こちらのバッグもブランドネームだけを落とし込んだ男女で兼用できるシンプルな作り。ヘビーキャンバス生地で作られているためどんなに使ってもへこたれない点も魅力だ。

■DATA
W46.5×H31.5×D11.5cm

ローファーでおなじみの『ハルタ』が100周年を期に『ティーケー タケオキクチ』とコラボレーションして作ったエコバッグ。キャッチーなプリントとカタカナロゴがポイントで遊び心くすぐる仕上がりに。カラーバリエーションは6色。

■DATA
W44×H39.5×D5cm

独創的なテキスタイルデザインで知られる『マリメッコ』のエコバッグは、女性たちを中心に多くの人々を魅了している。こちらは男女兼用で使えるモノトーン仕立てでモードな雰囲気を醸し出す。

■DATA
W42.5×H43cm

カナダ・バンクーバー発のバッグブランド『ハーシェル』のアイテムは丈夫さや機能性が推しの理由。こちらのクラシックなコンパクトバッグも例外ではなく、アッパーの独自に開発したファブリックは耐久性に優れ、トラベル時のサブバッグとしても十分に機能する。

トートとしても、ショルダーバッグとしても使える2WAY仕様。付属のポケットがそのまま収納袋になるポケッタブルデザインなので、持ち運びにも便利なアイテムだ。大胆な配色がシンプルなファッションにもマッチする。

■DATA
W45×H40.5×D16cm

珍しいデザインで差がつく巾着型エコバッグ。コンパクトなサイジングながら、マチがしっかりとあるので見た目以上の収納力が魅力だ。ドローコードを自由に調整できるため持ち方のさまざまなアレンジが可能。

■DATA
W32.5×H24.5×D17.5cm

『ミスターオリーブ』が手掛けるコンセプトショップ「ウォークインクローゼット」のショッパーをベースに、丈夫な生地を採用して作られたエコバッグ。開口部分が折りたため、中身が見えない作りもうれしいポイント。

■DATA
W44×H36×D5.5cm

耐久性・耐水性に優れた厚手のコットンキャンバスを採用し、長く使っていくほどに現れる経年変化が楽しめるアイテム。約20L入る大容量も見逃せないポイント。

■DATA
W48×H40×D15cm

ストリートカジュアルブランド『ウィゴー』が『チャンピオン』に別注をかけたショルダー付きトート。軽量・耐久性に富んだキャンバス地で、サイズ感もコンパクトで持ちやすいので男女問わず人気のアイテムだ。

■DATA
W31×H30×D8cm

ビッグサイズのトートバッグは、何かと使える大容量のサイズ感と荷物の出し入れがしやすい大きめの開口部がポイント。内側のポケットにコンパクトに折りたためるパッカブルタイプなので、旅行などのサブバッグとしても重宝しそうだ。

■DATA
W78×H37×D25.5cm

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

    BACK