抜け感を楽しむ。スリッポンのメンズコーデとおすすめ

抜け感を楽しむ。スリッポンのメンズコーデとおすすめ

シンプルな見た目からさまざまなスタイルに合わせやすいカジュアルシューズ、スリッポン。男女問わず大人気なスリッポンの特徴やメンズコーデを解説します。

ライターI

2016.08.03

スニーカー
スリッポン

スリッポンって、そもそもどんな靴?

スリッポンとは、ひもや留め具のない着脱が容易なカジュアルシューズのことです。英語の「slip on (スリップ・オン)」に由来し、足を滑り込ませる(スリップさせる)ように履けることからこの名前がつきました。甲部分が深く、安定性があって履きやすくなっています。

スリッポンはひも付きのシューズと何が違うのか

スリッポンはひも付きシューズに比べて、とにかく履きやすい!

スリッポンとひも付きシューズの違いは、なんといっても履きやすさです。スリッポンはひも付きシューズと違って足の甲部分にひもを通す穴や金具がついておらず、サイドにゴムが使用されているので、手を使わなくてもスポッと履くことができます。また、何もついていないシンプルな見た目なので、よりさまざまなスタイルに合わせることが可能です。

合わせて読みたい:
人気スリッポンを厳選。大人におすすめの12ブランド
万能のカジュアル靴。スリッポンのコーデ実例集

どう履きこなす? スリッポンのおしゃれなコーデのポイント5か条

シンプルなきれいめスタイルにカジュアルダウンアイテムとして合わせる

一般的にシューズのひもや留め具は飾りの役割も担っていますが、それがまったくないスリッポンはきれいめコーデに合わせても主張が強くなりすぎず、うまく調和してくれます。適量のカジュアルテイストをプラスしてくれるので、きれいめコーデをカジュアルダウンしたい場合にピッタリ。

足首見せで野暮ったい印象から脱出! 爽やかなカジュアルコーデに

カジュアルコーデの中に爽やかさをプラスしたい場合は、アンクル丈のパンツをはいたりパンツの裾をロールアップさせたりして足首見せをしましょう。野暮ったい印象が一気になくなり、すっきりとした足元になります。とくに春夏にはこんな着こなし方がおススメ。

レザーのスリッポンは大人っぽいコーデに

一般的にカジュアルシューズとして認識されているスリッポンも、素材がレザーになると一気に大人っぽい印象に。きれいめスタイルやワイルドなスタイルとの相性抜群です。写真のようにきれいめコーデにライダースジャケット等のアイテムをプラスして、両方の要素を楽しむのもアリ。

スリッポン×ソックスでちょっと個性的な印象に

ボトムスがハーフパンツやアンクル丈パンツの場合、ソックスを見せて個性的な印象や、スポーツミックス感を出すことができます。スリッポンのカラーとソックスのカラーの組み合わせ次第で、足元のおしゃれに幅が出ること間違いナシ。

ビビッドカラーや柄物のスリッポンを主役にし、足元おしゃれを思いっきり楽しむ

ビビッドカラーや柄物のスリッポンは、このようにシンプルなコーデのアクセントとして取り入れたり、スリッポン自体を主役としてコーデに取り入れたりすることが可能です。多くのスリッポンがさまざまなカラーや柄のバリエーションで展開されているので、何足か買って履き分けるという人も。

おしゃれに履くならこの五大ブランド

スリッポンを展開するブランドの中でも、特に人気が高い5つのブランドのおすすめモデルと、カラーや素材のバリエーションを紹介。自分にピッタリのスリッポンが見つかること間違いナシ。

ブランド1『バンズ』

1966年にアメリカのカリフォルニア州で創業された、世界的有名シューズブランド、『バンズ』。グリップ力と操作性の高いバルカナイズド製法を用い、アクションスポーツプレイヤーから絶大な信頼を得ています。また、どこかレトロでシンプルなデザインが多くの人たちを引きつけています。そんな『バンズ』のスリッポンをご紹介。

合わせて読みたい:
お手本コーデとそのメソッド。バンズのスリッポン、攻略集

『バンズ』スリッポン V98CLA M.BLACK

バンズの中でも不動の人気を誇るSLIP ONのライン。シンプルな見た目と凹凸のあるワッフルソールが特徴です。カジュアルなスタイルからシックなスタイルまで、どんなスタイルでも活躍できそうなオーソドックスなスリッポンです。

『バンズ』スリッポン V98CLA T.WHITE

ソールの足裏部分を除き、全体がホワイトのスリッポン。ブラック同様、どんなスタイルにも合わせることができそうなスタンダードカラーです。足元をすっきりとした印象にしたい場合はコレ。

『バンズ』スリッポン V98CLA NAVY

マリンコーデのような、春夏シーズンのスタイルにとくに取り入れやすそうなネイビーのスリッポン。ソールはホワイトなので爽やかな印象も。ソールに入ったネイビーのラインもポイントです。

ブランド2『コンバース』

1917年にアメリカのマサチューセッツ州で開業した有名シューズカンパニー、『コンバース』。人気アイテム「オールスター」は、スニーカー史上もっとも多く販売され、長年多くの人から愛用された定番中の定番アイテムです。そんなヒットアイテムを生み出し続けるブランド、『コンバース』のスリッポンをご紹介。

『コンバース』オールスタースリップ 3 OX ホワイト

コンバースの大定番である「オールスター」をアレンジした特徴的なスリッポン。くつひもを取り除きながらも、くつひもを通す穴や金具部分をそのまま再現した珍しいタイプです。

『コンバース』オールスタースリップ 3 OX ブラック

キャンバス地のブラックをベースに、トゥ部分やソール、ロゴの部分などにホワイトが使われたスリッポン。すべてブラックで統一されたタイプよりも、明るくカジュアルな印象の一足。

『コンバース』オールスタースリップ 3 OX ブラック×ブラック

ソールやロゴの部分、そしてくつひもを通す金具に至るまで、全体をブラックで統一したスリッポン。クールな印象なので、カジュアルはもちろんきれいめコーデにも違和感なく溶け込みます。

ブランド3『エーエムビー』

「クラシックなディテールとシンプルなデザインを基本に作りや素材自体のクオリティーの良さを表現する」のがコンセプトである『エーエムビー』。2008年の春夏コレクションからスタートした、ハイブリッジインターナショナルのオリジナルシューズブランドです。そんな『エーエムビー』のスリッポンをご紹介。

『エーエムビー』 ×『フィック』別注 スリッポン スエード ベージュ

スタンダードなフォルムにラグジュアリー感のあるスエード素材を使用したスリッポンです。通常のスリッポンほどストリートっぽくもならず、堅い印象にもなりすぎないバランス型。秋冬に大活躍しそうな一足。

『エーエムビー』 ×『フィック』別注 スリッポン スエード ブラウン

ベージュのタイプよりさらに温かみのある、ライトブラウンのスリッポン。チェックシャツやジーンズなどのカジュアルアイテムと相性がよさそう良重すぎない印象のシューズです。

『エーエムビー』レザースリッポン ブラック

こちらはレザー素材のスリッポン。カジュアルで軽快な印象のスリッポンですが、レザー素材なら重厚感があるので、秋冬の着こなしにうってつけです。コーデを締めて、辛口に仕上げます。

ブランド4『ティーエムティー』

1999年にスタートしたアメリカンカジュアルブランド、『ティーエムティー』。カラフルで遊び心のある、1970〜80年代の古き良きアメリカのサブカルチャーテイストが特徴で、素材やディテールの細部にまでこだわったデザインが多くの人々を魅了しています。そんな『ティーエムティー』のおススメスリッポンをご紹介。

『ティーエムティー』×『ナノ・ユニバース』カラースリッポン イエロー

ベーシックなカラーからアクセントカラーまでが展開されている、カラーバリエーションが豊富なモデル。従来のスリッポンよりスリムなので、スリッポンにありがちな「足が大きく見えてバランスが悪い」、といったようなことは心配無用。

『ティーエムティー』×『ナノ・ユニバース』カラースリッポン ライトグレー

ありそうで意外と見つけにくいのがグレーのスリッポン。カジュアルをはじめとする多くのスタイルに取り入れやすい、スタンダードなカラーです。『ティーエムティー』のグレーのスリッポンはカジュアルな印象かつスタイリッシュな印象を持つ、バランスのとれたアイテム。

『ティーエムティー』×『ナノ・ユニバース』カラースリッポン ボルドー

スリッポンには珍しい、ワインカラーが使用されているタイプ。カジュアルなテイストも残しつつもずっしりとした重厚感や落ち着きが漂う大人向けアイテム。きれいめコーデとの相性抜群。

ブランド5『アディダス』

ワールドカップやオリンピックのスポンサーを務める有名スポーツメーカー、『アディダス』。ドイツのバイエルン州に本社があります。最近ではさまざまなファッションブランドとコラボするなど、おしゃれなカジュアルウェアやシューズのブランドとしても人気が高まっています。そんな『アディダス』のスリッポンをご紹介。

『アディダス』ZX フルックス スリッポン ネイビー

従来のものよりデザイン性が高いスリッポン。トリコットとネオプレンを組み合わせたメッシュのアッパーがポイント。伸縮性のあるストラップを採用しているので、くつひもなしでもピッタリフィットする快適な一足。

『アディダス』ZX フルックス スリッポン ホワイト

素材の違いと、それぞれのホワイトの色みの違いを楽しめるスリッポン。コーデにスポーツテイストをプラスしてスポーツミックス感を出したい時に重宝しそうなカジュアルアイテム。

    KEYWORD関連キーワード

    BACK