何がおすすめ?エッティンガーの財布パーフェクトガイド

何がおすすめ?エッティンガーの財布パーフェクトガイド

英国王室御用達ブランドとして知られ、ビジネスマンたちからも高い評価を得ている『エッティンガー』。その魅力とおすすめモデル13選を紹介する。

大中 志摩

2018.06.25

エッティンガー(ETTINGER)
財布・ケース
財布

『エッティンガー』とは?

『エッティンガー』は1934年、ロンドンにてジェラルド・エッティンガー氏によって設立されたレザーブランド。

使用している素材は、牛革の比較をナチュラルタンニンでなめしたブライドルレザーのなかでも厳選された最高品質の革だけ。熟練した職人7人の手作業で製作され、上品かつ優雅な雰囲気と高い完成度でロイヤルワラントにも認定されている。

『エッティンガー』の歴史

ハンドメイドのオリジナルアイテムは創業当時から評価が高く、世界的に有名な名だたるストアから財布や名刺入れなどのオーダーを受注。長年培ってきた真摯なモノづくりが認められ、1996年にプリンス・オブ・ウエールズよりロイヤルワラントの栄誉を授与。2007年には王室カラーであるロイヤルパープルの使用が許可され、ロイヤルコレクションがデビューした。日本には1999年に本格的に登場し、今なお多くの人に愛されている。

『エッティンガー』の魅力とは

『エッティンガー』が愛され続ける理由は、ロイヤルワラントの有無の話だけではない。時代を経ても色あせない極限まで削ぎ落とされたデザインであったり、味のある経年変化とそれを支える品質の高さも重要なファクターだ。

魅力1スーツのシルエットを崩さない薄いボディ

一般的なブライドルレザーはたっぷりとロウを含み、厚く硬いのが特徴。そのためブライドルレザーを使った財布は厚みがあり、スーツの胸ポケットに収納しようとするとシルエットを崩してしまう恐れがある。

しかし『エッティンガー』では、極限まで革を薄く削ぐことでスーツのシルエットを崩さない財布を作り上げた。また、薄いだけでなく耐久性を兼ね備えているというのも魅力的なポイントだ。

魅力2ドレッシーなたたずまいと美しい経年変化

美しくもシンプルで、上品なたたずまいも同ブランドが大人に支持される要因の1つつ。洗練された仕上がりは、他ブランドにはない高級感と存在感を放っている。

また、ツートンカラーが特徴的な財布の内側には馬具の鎧の裏に用いるパネルハイドというしなやかな革を使用。使い込むことで外側は光沢が増し、内側は味わいのある渋い色合いへ変化すると表情の遷移が楽しめる。

魅力3クオリティの高さは英国王室のお墨付き

ロイヤルワラントが授与されているということもあり、品質やデザイン性などクオリティの高さは英国王室のお墨付き。また、ロイヤルワラントは質の低下など問題がおこると剥奪されることもあるため、質の高さをキープし続けなければならない。その事実からもまた、『エッティンガー』のアイテムがどれほど優れているかがうかがえるうえに、ブランドとしての信頼性にもつながっている。

今狙うべき、『エッティンガー』の財布13選

英国王室にも認められ、品質やデザインなどすべてにおいて申し分のない『エッティンガー』のアイテム。数あるレザーアイテムのなかでもここではとくに人気の高い財布に注目し、紹介していく。

▼はじめに、『エッティンガー』の代表格をチェック

名作揃いの『エッティンガー』のなかでも、大人の男性にふさわしい代表格をピックアップ。いずれのアイテムも使い勝手が良く、モノの価値を知る大人からの支持も厚い。

アイテム1二つ折りロングウォレット

スーツ姿にもはまるスリムな定番のロングウォレット。スマートな所作を演出してくれるシンプルなシルエットに、札入れと8か所のカードポケットを搭載している。財布を開いた時に見える内側のイエローと、艶のある外側のブラックとのコントラストが美しい。

札入れと8か所のカードポケットのほか、領収書などの整理に便利な3か所のフリーポケットも搭載されている。素材が柔らかいのでカード類や紙幣、領収書などの出し入れもスムーズ。

アイテム2二つ折りウォレット(コインポケット付)

内側にコインポケットを搭載した二つ折りタイプ。3か所のカードポケットにくわえ、2つに仕切られた札入れも完備している。スリムかつコンパクトなサイズ感なのでパンツのポケットにも入れて持ち運ぶことが可能だ。むだのないデザインで、ふと取り出すときにも大人の風格を醸し出してくれる。

全体的に薄いレザーを使用しているので、コインポケット付きでもボディが非常にスリム。コインポケットにはマチがしっかりと確保されているので、見た目以上に収納力は高い。

アイテム3二つ折りウォレット(コインポケットなし)

コインポケット付きの二つ折りウォレットと比べて、より薄さを求める男性にはこちらがおすすめ。紙幣の収納が2層ある仕様は同様だが、コインポケットがないぶんカード類の収納力に長けているのが特徴だ。

コインポケットがないため、一切のむだを省いた状態が上品な印象を演出する。その薄さから、大人らしいスマートなムードも高められるだろう。カードの収納は6層に分かれている。

▼まだまだ知りたい。『エッティンガー』のおすすめ財布

代表格のアイテムは人とかぶるかもしれない……。そんな不安を抱えているならば、少しアクセントに富んだアイテムも吟味したいところ。『エッティンガー』の品質はそのままに、ディテールで差をつけた財布を紹介する。

アイテム4ラージビルホールドウォレット

外側に独立したコインポケットを搭載。ブランドロゴが刻印されたボタン式の二つ折り部分には札入れにくわえ、10か所のカードポケットが備えられている。充実の収納にくわえてストラップがが膨らみを抑え、スマートな見た目をキープ。小銭の出し入れが多い、日本人にピッタリなモデルだ。

アイテム5マネークリップ

薄くスマートなデザインが特徴である『エッティンガー』の財布だが、本作はより薄い仕上がりとなっている。札入れのほか4枚分のカードポケットに領収書など収納するポケットも搭載。サブの財布としても最適だ。

アイテム6“ロイヤルコレクション”ラウンドジップウォレット

ロイヤルパープル使いとシルバーのロゴ箔押しが印象的なラウンドジップウォレット。引き手にもロイヤルパープルが採用されており、さりげないアクセントに。上品な仕上がりでスーツ姿にも映える。

アイテム76カード&コインパス 二つ折り 財布

小銭入れ付きの二つ折り財布で、カードを多く持ち歩きたいという人におすすめなのがこちらのモデル。一見普通の二つ折り財布のようなデザインだが、カードポケットのパネルが二つ折りになっており計6枚のカードを収納することができる。サブポケットは3か所備えているので収納力は抜群。

アイテム8ラウンドジップコインケース

ラウンドジップタイプのコインケース。引き手とボディ内側には鮮やかなロイヤルパープルを採用している。ジップを開けたときに、静かな艶のあるブラックのボディとのコントラストが美しい。他モデル同様、素材にはブライドルレザーを使用。

アイテム9“ロイヤルコレクション”コインケース

ロイヤルコレクションのフラップ式のコインケース。閉じた時のたたずまいが非常に上品な仕上がりで、開くと内側のロイヤルパープルが主張してくれる。手触りが非常に柔らかく、経年変化にも期待が持てる。

アイテム10"1934"ファーストコレクション 二つ折り財布

19世紀末にヨーロッパを中心に広がった建築様式"アールヌーボー"。それをモチーフにしたのがこちらのシリーズ。ポケットのデザインにその曲線を取り入れているのが特徴だ。また内側の赤みがかったブラウンが、高級感を漂わせつつも味わいある雰囲気を演出している。

アイテム11"1934"ファーストコレクション ロングウォレット

こちらも限定の"1934"コレクションより選んだ、小銭入れ付きのロングウォレット。『エッティンガー』本来の薄さをキープしつつジップ式のポケットを搭載した技ありのデザインに注目だ。スマートな見た目と実用性を兼ね備えた、大人にふさわしい逸品。

アイテム12“ブライドルレザーコレクション” ミニウォレット

こちらは、『エッティンガー』の定番ラインである「ブライドルレザーコレクション」。馬の鞍の背中部分に使われるパネルハイドを採用しており、しなやかでありながら厚くて堅く、耐久性に優れているのが特徴だ。シンプルで飽きのこない定番アイテムとして、使い込めば使い込むほどに愛着のわく一品。

アイテム13”ビオラカラー限定コレクション” ジップウォレット

北ヨーロッパを原産とするスミレ科の1年草であるビオラをイメージした、濃い赤ワインの美しい色が支持を集める「ビオラカラーコレクション」の1つ。内側のビオラシャドーハイドとシルバーのロゴの配色が上品で、大人の品格を上げてくれるアイテムだ。外側にはブラックのブライドルレザーを使用して落ち着きを持たせ、内側に大きく配されたコインポケットはマチ付きで使いやすい。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

    BACK