革靴を生き返らせるオススメシューケアグッズ

革靴を生き返らせるオススメシューケアグッズ

もとより革靴が備える端正な顔立ちを維持し、長持ちさせるには日々のケアが必須。そこで、革靴のいろはをわきまえたプロフェッショナルたちも使用している名道具をお届け。

菊地 亮

2015.04.10

シューズケア

ブラシのひとふき、クリームのひと塗りで足元に凛々しさと品格が復活する

お気に入りのモノは、長く履きたい。こんな時代だからこそ、メンテナンスの重要度は年々高まっている様子。コツをつかめば、誰でも簡単にできる上に、毎日の手入れが靴の寿命を大きく左右するので、ぜひ挑戦していただきたい。

Item1『エム・モウブレイ』

シューブランドやファクトリーのプロたちも使用するシューケアのトップブランド。代表的なアイテムであるデリケートクリームなどは、イタリアの皮革や靴ブランドの聖地トスカーナにて製造されています。プロユースのアイテムである皮革用石鹸やコバ用クリームなどを製品化するなど、その革新に満ちた試みも称賛の要因に。

Item2『コロニル』

1世紀以上にわたる歴史と伝統に彩られたドイツの老舗。皮革の魅力を存分に引き出すケア用品は品質が高く、スポンジ付きチューブ、エアゾールタイプのパッケージなど、画期的アイテムを生み出すことでも知られる。こちらは、上質な天然木のケースがエレガント。靴クリームも、ブラックのほかオールマイティなクリアも揃う。

Item3『サフィール』

フランス生まれの『サフィール』は、建築資材や家具などのケアアイテムを扱うアベル社発の高級シューケアブランド。その優れた技術力は世界からの信頼も高く、高級ブランド靴のケア商品もOEM生産する実力派。中でもこれは、最高級ラインのノワールシリーズ。埃落としからハイシャイン仕上げまで、カバーできる。

Item4『ダスコ』

シューツリーのトップブランドとして名を馳せるのがこちら。『ジョンロブ』、『チャーチ』など英国の名だたる靴ブランドのシューツリーを担い、高い信頼を獲得している名門で、そのケアは抜群のクオリティ。革靴の聖地、ノーサンプトンにファクトリーを構えるブランドのほとんどはこちらの商材を使っていると言われるほど。

『ブートブラック』

日本を代表するシューケアメーカー、コロンブスと工房を併設する靴店リファーレが共同で展開するブランド。手軽にツヤを出せるハイシャインベースなど、細かなニーズにも対応するラインアップと、限りなく科学薬品を排除した乳化性クリームなど、安心を形にしたアイテムが新鮮。こちらはさらにローションなど充実の装備に。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    何が違う? コンバース オールスターのMADE IN JAPANに熱視線

    何が違う? コンバース オールスターのMADE IN JAPANに熱視線

    時代を超越して愛される『コンバース』のオールスターに仲間入りしたMADE IN JAPANモデル。発売以来支持される、同モデルの魅力をリサーチしました。

    Freeamericanidol編集部

    革靴の紐の結び方。定番のシングルとパラレルを解説

    革靴の紐の結び方。定番のシングルとパラレルを解説

    革靴の靴紐って、何となく結びがち。でも実は結び方によって印象やホールド感が変わります。シングルとパラレルという代表的な結び方2タイプを覚えて、使い分けましょう!

    平 格彦

    男の足元にハマる。人気革靴ブランド、推しの1足

    男の足元にハマる。人気革靴ブランド、推しの1足

    スニーカーもいいですが、秋冬の男の足元には革靴がやっぱりよく似合います。選び方から大人におすすめのブランド、その主要モデルまでをピックアップしました。

    近間 恭子

    温故知新の1足。ナイキのインターナショナリストとは?

    温故知新の1足。ナイキのインターナショナリストとは?

    1980年代に誕生した『ナイキ』のインターナショナリスト。その人気ぶりと背景にある魅力を中心に、同モデルについて掘り下げて紹介します。

    Freeamericanidol編集部

    もはやコーデの一部。ミニショルダーバッグが便利すぎて手放せない!

    もはやコーデの一部。ミニショルダーバッグが便利すぎて手放せない!

    サコッシュ人気の流れで、需要が高まっているミニショルダーバッグ。小ぶりながら収納力に優れた逸品たちは、いまやスタイリングのアクセントとしても重要な立場に。

    Freeamericanidol編集部

    安さと機能を両取り!ワークマンで賢くおしゃれになるならこの10点

    安さと機能を両取り!ワークマンで賢くおしゃれになるならこの10点

    職人の作業着を扱う「ワークマン」ですが、その勢いはカジュアルシーンにも拡大。圧倒的な安さに加え、今っぽいデザインと機能性を兼備した逸品は大人の日常にもマッチ!

    山崎 サトシ

    BACK