男の定番色。カーキのアイテムとメンズコーデを紹介

男の定番色。カーキのアイテムとメンズコーデを紹介

カーキは、ハードな男らしさとナチュラルなやさしい雰囲気を併せ持つ。1年中使えるカーキの魅力と可能性を、デイリーコーデを使ってわかりやすく紹介する。

Tomomi.N

2016.07.31

ミリタリーファッション
着こなし・コーデ

カーキって、どんな色?

カーキって、どんな色?

落ち着きがあり、年齢問わずコーデに使えるカーキは安定感抜群の色み。しかし、カーキの定義を知らない人も多いのでは? カーキの語源をさかのぼると“土埃”というペルシャ語にたどり着く。近年もアースカラーと称されるのは、“土埃”という語源からきている。

カーキがファッションとして取り入れられるようになったのはいつから?

カーキがファッションとして取り入れられるようになったのはいつから?

カーキは世界中の軍服に使われることが多く、現代では色を見るだけでアーミー部隊を連想してしまうほど人々の意識に刷り込まれている。カーキ服はイギリスの植民地であるインドに駐留していたイギリス軍の制服を、現地の土色に染め、その色のことを現地語でカーキと呼んだことがはじまり。

カーキを使ったメンズコーデを一挙公開

カーキのアイテムと相性の良いアイテムを組み合わせたコーデを紹介する。等身大の着こなしで挑戦しやすい着こなしを紹介する。

カーキのトップスを取り入れたメンズコーデ

カジュアルになりがちなカーキトップスは、素材感やディテール、シルエットにこだわって抜け感のある着こなしに。

モッズコート(カーキ)×デニムパンツ

モッズコート(カーキ)×デニムパンツ

ZOZOTOWNZOZOTOWN

モードなデザインと緑が強めのカーキが日常着に華やぎを加える、オーバーサイズの今季らしいモッズコートを中心に使ったコーデ。デニムとスニーカーを合わせることで、ラフな雰囲気を残しつつ、しっかりとおしゃれにまとめるのが気分。

『アレキサンダーリーチャン』

『アレキサンダーリーチャン』

ZOZOTOWNZOZOTOWN

2004年にデビューしたアレキサンダーリーチャン自身のブランド。元プロスケーターという変わった肩書きを持っている彼らしい独特のストリート系のデザインが好評。快適な着心地とデザイン性の高さで根強いファンを持っている。

『リーバイス』

『リーバイス』

ZOZOTOWNZOZOTOWN

クラシカルな細身のシルエットが特徴的な『リーバイス』らしいデニム。トレンドコーデにはもちろん、オーセンティックなスタイルまで自信を持って任せられる一本だ。

MA-1(カーキ)×スラックス

MA-1(カーキ)×スラックス

ZOZOTOWNZOZOTOWN

コンパクトなサイズ感でミリタリーの印象に変化を加える旬のMA-1と、大人っぽいスラックスでバランス良く着こなす。大胆なアレンジやデザインはなくても、フォルムの美しさと素材感でランクアップでき、誰でもデイリーユースに取り入れやすいシンプルなデザインが魅力。

合わせて読みたい:
男らしさ満点。ミリタリージャケットを種類別に解説!

『コーエン』

『コーエン』

ZOZOTOWNZOZOTOWN

アーバンカジュアルにマッチするようにすっきりとデザインされたMA-1。細身のシルエットでスマートかつ大人っぽい印象をプラスする。カット素材のクタッとした質感で肌馴染みが良いところもGOOD。

『ジャーナルスタンダード』

『ジャーナルスタンダード』

ZOZOTOWNZOZOTOWN

スタンダードなアイテムだが、裏毛風の生地の肌触りが気持ちの良いストレッチデニムパンツ。リアルなダメージ加工が、“こなれ感”をもたらしてくれる一本。

ミリタリージャケット(カーキ)×黒スリムパンツ(スキニー)

ミリタリージャケット(カーキ)×黒スリムパンツ(スキニー)

ZOZOTOWNZOZOTOWN

羽織るだけで男らしく武骨な印象のミリタリージャケットを、ブラックスキニーの華奢なシルエットでモードかつストリートにまとめた着こなし。トップスとボトムスのサイズ感でスタイリングにサムシングNEWを見つけられそう。

『ビームス』

『ビームス』

ZOZOTOWNZOZOTOWN

ゆるめのシルエットで落ち着きのあるミリタリーアイテムは、気の抜けたレイヤードがカッコイイ。スポーティな軽量素材で、実用性の高さにさりげないこだわりを感じる一枚。

『ナノ・ユニバース』

『ナノ・ユニバース』

ZOZOTOWNZOZOTOWN

シンプルでモードからカジュアルまで幅広く活用できるブラックスキニーパンツは、持っておいて損はない。ハリのあるミリタリー生地を使って、今季らしいテーパードの洗練されたシルエットが良い。

サファリシャツ(カーキ)×白パンツ

サファリシャツ(カーキ)×白パンツ

WEARWEAR

ラフで男らしい着こなしが確実に作れるサファリシャツは、季節を問わずに使えるおしゃれマストアイテム。上品な白パンツを合わせることで、カジュアルながら気品漂うスタイリングに注目が集まりそう。もし、何を買おうか迷っているのなら、いち早く推薦したいアイテム達だ。

合わせて読みたい:
ミリタリーシャツは程良く品良く着こなすのが今っぽい

カーキシャツならボトムスで悩まない! 万能カラーのコーデサンプル集

『コーエン』

『コーエン』

ZOZOTOWNZOZOTOWN

立体的なデザインとハリ感のある武骨な生地感が、コーデに男らしさを加えるサファリシャツ。1枚で着ても、Tシャツにライトアウターとして羽織ってもサマになる便利な一枚だ。

『ベースコントロール』

『ベースコントロール』

ZOZOTOWNZOZOTOWN

細身ながら程良いフィット感が魅力のテーパードパンツ。ストリートカジュアルからスマートで大人っぽいコーディネートまで幅広く活用できるから、ワードローブには必ず持っていたい一本。

カーキ色のパンツを取り入れたメンズコーデ

定番のカーキトップスを今季らしく使って、普段着をさりげなくアップデイト。Tシャツ、アウターなどのカラーを上手に組み合わせれば、ちょっと雰囲気がいつもと違うと思われる。なんてことないコーディネートにしゃれっ気を加えるカーキコーデに注目。

カーゴパンツ(カーキ)×デニムジャケット

カーゴパンツ(カーキ)×デニムジャケット

ZOZOTOWNZOZOTOWN

今季らしいデニムジャケットにアースカラーを合わせることで、程良い抜け感ときれいめな印象に。どこかリラックスした雰囲気が人気のコーディネート。とくにカーキのカーゴパンツはマストハブ。注目したいアイテムのひとつだから、シルエットやトーンで自身に合ったものを選んでほしい。

『エディフィス』

『エディフィス』

ZOZOTOWNZOZOTOWN

米軍M-65カーゴをベースにしたデザインに、トレンド感を加えている『エディフィス』の本格ミリタリーパンツ。こなれたフィット感におしゃれ感が漂う一本。

『ザ・ダファー・オブ・セントジョージ』

『ザ・ダファー・オブ・セントジョージ』

ZOZOTOWNZOZOTOWN

発色の良いインディゴとヴィンテージ感のあるデザインが大人っぽいコットンシャツ。カジュアルなステッチや細部にこだわりを感じるデザインで、同一化しがちなシャツがさりげなく個性を放つ。

ベイカーパンツ(カーキ)×テーラードジャケット

ベイカーパンツ(カーキ)×テーラードジャケット

WEARWEAR

カジュアルなベイカーパンツは大人の着こなしにけんえんされがち。しかし、きちんと感のあるテーラードジャケットと、抜け感たっぷりのベイカーパンツのアンバランスさで緩急たっぷりのおしゃれなスタイリングが目を引く。ベーシックアイテムで作れるから、真似してみたい着こなしだ。

『ジャーナルスタンダード』

『ジャーナルスタンダード』

ZOZOTOWNZOZOTOWN

色褪せたベイカーパンツは購入直後から”こなれ感”を演出できるすぐれもの。ワイドすぎず、タイトすぎずのサイズ感も、今の気分とマッチする。ジャケットスタイルをカジュアルダウンする際には活用したい。

『ジャーナルスタンダード』

『ジャーナルスタンダード』

ZOZOTOWNZOZOTOWN

デザインの良が細部に宿る、すっきりとしたテーラードジャケット。サラッとしなやかな生地が品良く、着てみると空気のように軽いのが特徴だ。細身のシルエットだからオフィスカジュアルにもアレンジ可能。

クライミングパンツ(カーキ)×白シャツ

クライミングパンツ(カーキ)×白シャツ

WEARWEAR

軽快なクライミングパンツと清涼感たっぷりで大人っぽい白シャツのコントラストが、カジュアルながらスマートな印象に。シャツの中にTシャツを合わせたり、足元のスニーカーに目を引くカラーを加えたりアレンジ自在。今すぐに真似できる、等身大のおしゃれコーデだ。

『ナノ・ユニバース』

『ナノ・ユニバース』

ZOZOTOWNZOZOTOWN

『ナノ・ユニバース』オリジナルのカモフラ柄がポイントのクライミングパンツ。ストレッチ入りでウエスト部分も微調節が可能。快適なはき心地も魅力のひとつ。シンプルなトップスだけでサマになるのもうれしい。

『ナノ・ユニバース』

『ナノ・ユニバース』

ZOZOTOWNZOZOTOWN

シンプルでモードからカジュアルまで幅広く活用できるホワイトシャツは、持っておいて損はない。リネン素材で着心地よく、すっきりとしたシルエットも◎。

ショートパンツ(カーキ)×白Tシャツ

ショートパンツ(カーキ)×白Tシャツ

WEARWEAR

通気性の良い爽やかなはき心地が人気のショートパンツを、カジュアルながら大人っぽく仕上げるのがカーキ色。プレーンかつシンプルな白シャツを合わせてさりげなくおしゃれに見せられる。この着こなしをヒントに、さまざまなコーデアレンジをイメージできそうだ。

『ビームスライツ』

『ビームスライツ』

ZOZOTOWNZOZOTOWN

古着のような風合いが武骨な男らしさを演出するから、手持ちの普段着に馴染みやすいショートパンツ。すっきりとしたシルエットが大人っぽく、洗練された印象を与える。

『ビームスライツ』

『ビームスライツ』

ZOZOTOWNZOZOTOWN

シンプルでクリーンな印象なVネックTシャツ。ネックまわりに施された刺しゅうが、程良くアクセントになっているのがポイント。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    Gジャンはこう着こなす! おしゃれな男のコーデ術【秋冬編】

    Gジャンはこう着こなす! おしゃれな男のコーデ術【秋冬編】

    秋は主役として、冬はインナーとして。季節をまたぎ活躍するジージャンは、夏が終わる前に押さえておきたいマストハブ。選択時のポイント&秋冬のコーデ術を解説します。

    山崎 サトシ

    アウトドアブランドのパンツを街ではく3つのポイント

    アウトドアブランドのパンツを街ではく3つのポイント

    アウトドアのボトムスはアクティブ性能が信条だ。しかし、街ではくとなればちょっとした場違い感が出かねない。そんな懸念点をクリアしたアイテムと着こなしを紹介しよう。

    菊地 亮

    大人の必需品。オックスフォードシャツの着こなし方と注目ブランド

    大人の必需品。オックスフォードシャツの着こなし方と注目ブランド

    オーセンティックなアイテムこそ奥が深いのがメンズファッション。男の定番服であるオックスフォードシャツも、その特徴と選び方を知っておけばより品良く着こなせます。

    平 格彦

    季節の変わり目に活躍する6つのライトアウターとその着こなし方

    季節の変わり目に活躍する6つのライトアウターとその着こなし方

    季節の変わり目に気をつけたいのが寒暖の差。そこで、サラッと羽織れて荷物にもなりにくいライトアウターこそ渡りに船。さらに旬もアピールできたら大いに助かるはず。

    菊地 亮

    ユニクロのスウェットが見逃せない。狙い目アイテムと着こなしサンプル

    ユニクロのスウェットが見逃せない。狙い目アイテムと着こなしサンプル

    ワードローブに欠かせないスウェットアイテム。なかでも『ユニクロ』のそれは、シンプルなデザインとコスパの良さで人気です。おしゃれな着こなし術を、実例とともに紹介!

    平 格彦

    BACK