大人らしいキャップのおしゃれなかぶり方と選び方

大人らしいキャップのおしゃれなかぶり方と選び方

キャップはシーズンを問わずおしゃれに活用できる優れモノ。そこで、大人ならではのかぶり方や選び方、そしてコーデへの取り入れ方を徹底的に紹介します。

Freeamericanidol編集部

2018.03.16

帽子
キャップ

“キャップ=子供のアイテム”じゃない! 大人の取り入れ方

キャップは、着こなしに抜群の存在感を発揮してくれるおしゃれ小物。ただし、存在感のあるアイテムだからこそ、かぶり方によっては子供っぽくなりすぎたり、いかつくやんちゃな雰囲気になりすぎたりというデメリットも……。そこで今回は、大人におすすめのかぶり方や選び方、コーデについて解説します。

■合わせて読みたい:
大人顔を厳選。メンズキャップの人気ブランド15選

■合わせて読みたい:
ベースボールキャップは大人に似合う! おしゃれなかぶり方とおすすめ10選

知らなきゃ損。印象が変わるキャップのかぶり方

存在感抜群のキャップは、かぶり方ひとつで印象が変わります。自分のイメージや雰囲気にマッチするかぶり方をマスターするための、2つのポイントを見ていきましょう。

ポイント1浅くかぶる? 深くかぶる?

浅くかぶるか深くかぶるかは、それぞれの頭の形や印象によって変わるので、どちらもあり。ただし、大人っぽく男前に見せるためのポイントはきっちりと押さえておきましょう。

浅めにかぶるとトレンド感のあるこなれた雰囲気に

浅めにかぶることで、トレンド感のあるおしゃれな雰囲気がアップ。大人が浅めにかぶる時は、コンパクトなサイズ感で、無造作なヘアスタイルをちょい見せするのがおすすめです。トレンド感を出しつつ、大人のこなれ感が演出できますよ。

深くかぶると男前な武骨さときちんと感が出せる

深くかぶることで、きちんと感のある大人カジュアルな雰囲気を出すことができます。選ぶキャップのシルエットや、髪型によって武骨な男前感を出すことも可能。大人メンズはサイドをすっきりと見せることで、シャープな雰囲気をプラスすることだってできちゃうのです。

うしろかぶりはあり? なし?

子供っぽくやんちゃな雰囲気になりがちなうしろかぶり。大人におすすめしたいのは、シルエットがコンパクトなキャップを選ぶこと。つばの長さを短めにして、クラウン部分がコンパクトなシルエットのものを選ぶことで、程よく幼さの残るスタイルにすることが可能です。

ポイント2前髪とのバランスは?

キャップの印象を左右する重要なポイントである前髪。前髪の残し方でもかなり印象が変わるので、自分の雰囲気にあった大人の前髪のスタイリング方法をマスターしましょう。

前髪を上げるときれいめさわやかスタイルに

前髪を上げることで顔回りがすっきりして、清潔感のある印象になりますよ。頭を入れるクラウン部分がやや深めの時や、丸みより角ばったシルエットの時におすすめの前髪スタイリングです。きちんと感もアップするので大人メンズに一番おすすめしたい前髪スタイルかもしれません。

前髪をおろすと小顔×幼さの残るスタイルに

前髪をおろすことで顔の出る分量が少なくなるので小顔効果を狙えます。前髪を眉上などの短めにスタイリングするとやや幼さの残るスタイルになるので気をつけましょう。浅めのシルエットのキャップと無造作ヘアを合わせると大人のこなれ感を出すことができますよ。

前髪を流すとエッジの効いたおしゃれスタイルに

前髪をきっちりめに流すことでエッジの効いたおしゃれな雰囲気を出すことができますよ。大人メンズが浅めにかぶる×ナナメバングを合わせることで、トレンド感のあるスタイルが完成します。サイドをすっきりさせることで、大人のきちんと感をプラスできますよ。

大人らしさは、どう演出する? キャップの選び方

子供っぽく見えず、大人らしいキャップのスタイリングをかなえるためには、キャップの選び方が超重要。そこで、大人の男性にふさわしいキャップの選び方を解説します。

ポイント1サイズ感は頭の形がきれいに出るものを!

大人のキャップコーデには、程よい清潔感が欲しいところ。女子モテも意識するなら、やはり清潔感はマストといえるでしょう。バックにゴムが入っていたり、頭を入れる部分であるクラウン部分に丸みがあるものを選ぶと、頭の形がきれいに出て、ゴツい印象をなくすことができますよ。

ポイント2つばの長さは長すぎないものを

キャップの印象を大きく左右するつばの部分。大人のキャップはあまり長すぎないものがおすすめです。短めか中くらいの長さのものを選択したほうが、程よいきちんと感が出せますよ。クラウン部分とのバランス感も重要なので、店員さんなどにバランスを見てもらうのもおすすめかもしれません。

ポイント3色やデザインはシンプルでゴツすぎないものを

キャップのビギナーさんなら、まずはシンプルな色や形のものをおすすめします。ロゴが大きく、クラウン部分が深いものだとゴツい印象を与えてしまいインパクトが強くなってしまいます。あまり主張しすぎないコーデになじんでくれそうなものを選びましょう。

ポイント4差をつけるなら素材にこだわる

大人のキャップ選びで重視したいのは、やはり素材です。素材感がキャップの印象を左右すると言っても過言ではありません。ビギナーさんにおすすめしたいのは、シンプルなカラーのスウェット素材のキャップです。オールシーズンいけるスウェット素材は、使いやすさも◎。トレンドのリラックスコーデにも相性ばっちりの素材です。

キャップを取り入れる大人コーデ、5つのヒント

それでは実際にキャップを使った大人のキャップコーデをご紹介していきたいと思います。大人のキャップ使いのヒントになる着こなしがたくさんあるのでぜひチェックを!

■合わせて読みたい:
ベースボールキャップは大人に似合う! おしゃれなかぶり方とおすすめ10選

ヒント1大人メンズはアースカラー使いでこなれ感をプラス

アースカラーをうまく使うことで、大人のこなれ感いっぱいのカジュアルスタイル。あせたような色みを使うことでビンテージ感がプラスされて、武骨なかっこよさを出せますよ。ホワイトカラーをうまく差し色に入れることで、きちんと感もプラスされたバランス感のあるコーデに。

ヒント2リラックスコーデにキャップをプラスすることで、タウンユース感をプラス!

まだまだ流行しそうな予感のスウェットパンツを使ったリラックスカジュアルコーデ。気を抜くと家にいる感が出てしまいがちなスウェットパンツにモノトーンやダークトーンのカラーのキャップを合わせることで、こなれた雰囲気に。トップスとキャップの色を合わせれば統一されたバランス感もばっちりです。

ヒント3かぶらずに小物として使っても◎

バッグにひっかけたり、パンツのベルトループにつけたりしても、存在感のあるこなれた雰囲気をプラスすることができますよ。日差しが強い時にサッとかぶれるのも便利で良いですよね。小物として使う時は、レッドやグリーンなどあえてポップな色をもってきても楽しいかもしれません!

ヒント4鉄板のスポーツブランドキャップはビギナーさんにおすすめ

どのブランドを買うか迷った時は、『ナイキ』・『チャンピオン』・『アディダス』などの鉄板といえるスポーツブランドを選択するのもおすすめです。Tシャツにジーンズなどのシンプルなコーデにスポーツブランドのキャップとスニーカーを合わせれば、存在感を発揮してくれること間違いなしです。

ヒント5組み合わせに迷ったら黒×白で武骨な男前感を出そう

色の組み合わせに迷ったら、黒で統一しておいて、白を差し色に使うと程よい抜け感とさわやかさが出せるのでおすすめです。着丈が長めの白いTシャツやカットソーは重ね着に使えて便利なので1枚持っておくと重宝するでしょう。浅めにかぶったキャップと黒でリンクさせた眼鏡が、こなれた雰囲気をさらに高めてくれるはず。

大人なキャップの着こなし・コーデサンプル集

それでは最後に、キャップ使いの達人たちの男前な着こなしコーデをご紹介します! 大人メンズも参考にできるテクニックいっぱいなので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

▼”野球帽”じゃない! キャップを使った春夏のメンズコーデ

軽装で過ごす春夏は、キャップで程良くアクセントを取り入れたいもの。とはいえ、ただかぶるだけではおしゃれに見えません。春夏コーデにキャップを取り入れる方法を、着こなしのサンプルから探りましょう。

Tシャツにダンガリーシャツをオンしたシンプルな大人のカジュアルスタイル。全体的にジャストサイズなシルエットにすることで、シンプルながらも洗練された雰囲気がプラスされています。足元はホワイトを組み合わせてさわやかな春コーデの完成です。

マウンテンパーカー×キャップ使いがさわやかなアウトドアスタイル。黒縁メガネ×黒キャップは、ハードな雰囲気になりすぎず、きちんと感とカジュアル感の両方が出せるので、おすすめのコーデです。パンツはくしゅっとロールアップすることでこなれ感もアップします。

トップスやパンツ、シューズをネイビーで統一。キャップのみ白をセレクトし、色みのメリハリを利かせています。キャップとシューレースやソールの色みがリンクしているため、統一感もカバー。ラフな着こなしながらも、配色のテクニックが光るコーディネートです。

セットアップ風のスウェット使いがかっこいい大人カジュアルコーデスタイル。少し気を抜くと家スタイルになってしまいがちなスウェットコーデもシャツをインしたりブラックを効果的に使用したりすることで、タウンユースにもぴったりな大人のリラックススタイルに仕上がっています。

今年の夏もまだまだ活躍しそうな予感のサンダル×ソックスのスポーティースタイルコーデにも相性◎なアイテムのキャップ。スポーツブランドのキャップを合わせるのも良いですがシンプルなデザインのキャップを合わせることで、ナチュラルなカジュアル感が出せますよ。

▼”なじませ”にも”ハズし”にも◎。キャップを取り入れた秋冬コーデ

重ね着をする機会が増える秋冬も、キャップは重宝します。カジュアルなファッションはもちろん、大人らしいきれいめコーデの”ハズし”として取り入れるのも◎。さっそく、好サンプルを見ていきましょう!

シンプルになりがちなデニムスタイルも、2トーンカラーのニットとスリムな印象のキャップをプラスすることで、存在感のあるおしゃれコーデに。キャップはコンパクトなサイジングにして、無造作に髪を出すことで、ナチュラルでやんちゃな雰囲気を出すことができますよ。

カーキ×ブラックの組み合わせがぴりりと効いたスタイル。全体の色なじみを良くするため、キャップとインナーには中間色を持ってくることも忘れずに。キャップから出たサイドの無造作ヘアや浅めにかぶりおでこを出すなど、キャップの使い方も技ありの女子モテコーデです。

ダウンベスト×キャップの組み合わせが大人かっこいいアメカジ風コーデ。ブラックやネイビーを程よいバランスで配置することで、着ぶくれして重く見えがちな冬スタイルも引き締まったイメージに。冬アウター×キャップのコーデは、ベストを選択すると軽く仕上がりますよ。

ジャケットを使ってきれいめにまとめられたコーデに、キャップのはずしテクが光るスタイル。カラーをモノトーンに抑えることでかっこよさもプラスされています。キャップは浅めにかぶりナナメバングにすることで、カジュアルになりすぎず絶妙なバランスに仕上げています。

小物使いが技ありの大人のカジュアルスタイル。キャップのうしろかぶりは、キャップのサイジングをコンパクトにまとめつつモノトーンカラーを選ぶことで、程良くやんちゃなスタイルが完成しています。バックパックとカラーを合わせているのも統一感が出て良いですよね。

    KEYWORD関連キーワード

    BACK