ブレイク寸前!ワイドパンツでつくる最旬コーデ術

ブレイク寸前!ワイドパンツでつくる最旬コーデ術

レディースの印象が強いワイドパンツがメンズトレンドとして注目されています。独特な形をはきこなせばコーデは一気に鮮度アップ! 実例を中心に着こなし術を解説します。

平 格彦

2016.07.26

ボトムス
ワイドパンツ
夏の着こなし・コーデ

ワイドパンツの定義。形や特徴をチェック

文字どおり、ワイドパンツは幅広なパンツの総称。昨年、レディースの間では裾に向かってシルエットが広がるスカート風のガウチョパンツが流行しましたが、メンズにおいては裾に向かって絞られたテーパードの形が主流となっています。ただしワイドなシルエットを強調するなら、あまりテーパードが効いていない裾が広めのタイプを選ぶべきです。

ワイドパンツの魅力は、はくだけに新鮮に映る独特なシルエット

ルーズなシルエットが特徴のワイドパンツは、見てすぐわかる形状が特徴的。はきこなすことができれば、おのずと旬度がアップします。また、リラックス感が演出できるのも大きな魅力。コーディネートに取り入れることで、今っぽい無造作感が簡単にアピールできます。

ワイドパンツをおしゃれに着こなす4つのヒント

はきこなすことができれば新鮮味が広がるワイドパンツですが、肝心のはきこなし方がわからないという人も多いはずです。そこでさっそく、着こなすためのポイントを4つ伝授します。自分に合うテクニックを駆使して、ワイドパンツを取り入れてみてください!

ヒント1ワイドパンツの初心者さんはAラインのシルエットを意識して

まだまだワイドパンツをはくのに抵抗があるという人は、Aラインを意識するのがおすすめです。具体的には、トップスは細身のシルエットを選び、ボトムスにワイドパンツを選ぶだけ。その結果、全身が“A”の形状に似た形になり、ワイドパンツの特徴が引き立ちます。実例を紹介します!

ワードローブにすでにあるジャストサイズのTシャツを着用しつつ、そこにワイドパンツを合わせるのが基本形。パンツの新鮮なフォルムが際立っています。トップスが細身なので、必要以上にだらしない印象にもなりません。

やや細身のシャツをセレクトし、大人な品の良さを確保。そこにワイドなデニム製のクライミングパンツを合わせ、こなれたスタイリングにまとめています。ホワイト×サックスブルーのカラーリングが爽やか。

Aラインを強調するなら、明るいワイドパンツ×ダークなトップスという組み合わせが最適。膨張色である白いパンツに、収縮色であるネイビー基調のトップスを合わせるという具合です。ボーダー柄が爽快感を強調!!

ヒント2“こなれ感”を演出するならIラインのシルエットがおすすめ

ワイドパンツにくわえ、ビッグシルエットのTシャツも今季のトレンド。トップスもボトムスもルーズな変形の“Iシルエット”は通常だらしない印象になってしまいますが、それが旬な今ならOKです。新鮮でこなれた着こなし例を紹介!

ビッグシルエットの白いTシャツとワイドなイージーパンツが主役のスタイリング。上下ともにルーズな“Iシルエット”が新鮮で、こなれ感や今シーズンらしさがかおっています。白を多用して爽快に見せているのもポイント。

ルーズなオープンカラーシャツを用いた大人なサマースタイル。ワイドなチノトラウザーを合わせることで、男っぽさとリラックス感を同時に付加しています。上下ともに開放感があるアイテムなので、足元の革靴で引き締めて大人らしく。

手っ取り早くワイドな“Iライン”を築くため、セットアップを活用するという手もあります。ジャケットなどのアウターが細身の場合でも、フロントを全開にすれば上下にルーズ感が演出できます。

ヒント3ワイドパンツをはきこなすなら丈の長さに注意

パンツのシルエットがワイドになればなるほど、面積が拡大。あまりに大きいと野暮ったい印象になるため、注意が必要です。ただし、短めの丈を選べば解決。パンツの面積は小さくなり、足首回りの抜け感で軽快感も演出できます。実際の着こなしとともに説明します!

かなりワイドな印象が強いガウチョパンツは、短めのレングスで軽快に見せるのが正解。そのうえでダークトーンを選べば落ち着いたムードが広がり、大人な着こなしに仕上がります。もちろん、ワイドパンツ独特の新鮮味も十分。

テーパードシルエットのワイドパンツは、裾の遊びが少ない分、丈が少し長めでも大人な雰囲気。足首が十分に見える八分丈のパンツがベストなバランスです。足元に軽やかさがあるため、ボーダーTシャツを合わせれば爽快感が全開!

そこまで丈が短くないワイドパンツだったとしても、裾を折り返せばOK。ロールアップするのが難しいほど幅広な裾の場合は、素肌が見えるサンダルを合わせると抜け感を増強できます。パンツ単体ではなく、着こなしが重要だという具体例です。

ヒント4アースカラーのワイドパンツが使えます

今シーズン注目されているアースカラーは、こなれたムードが自然とにじみ出るのが魅力。面積の大きいワイドパンツで取り入れることで、その特色を存分に活用することができます。コーディネートの実例とともに見ていきましょう!

ワイドなクロップドパンツは明るめのベージュが軽快。トラッドな品格やこなれ感もあわせ持ち、さまざまなコーディネートに用いることができます。カラーブロックが印象的なTシャツを合わせれば、モダンな着こなしが完成!

かなりワイドなシルエットのイージーパンツはカラバリが豊富。オリーブ系のカーキを選んだ結果、ミリタリー調の男っぽさと無造作感が漂っています。新鮮な形状なので、トップスがシンプルなTシャツでもおしゃれ。

トップスはカーキで、ワイドパンツはベージュ。つまり、上下ともにアースカラーを用いたスタイリングです。野暮ったくなりそうですが、パンツのシルエットがルーズなので新鮮。アースカラーが放つこなれ感でオシャレな印象です。

季節別に考える。ワイドパンツのおしゃれな着こなし方

リラックス感の強いワイドパンツは春夏シーズンに最適なアイテムだと思われがちですが、それを超越した新鮮味を備えているため、秋冬も活用すべき。季節という視点から、着こなしのポイントを解説します。

▼春夏は、明るいトーンのワイドパンツで爽快なイメージ作りを

元々リラックスしたムードのワイドパンツですが、明るいトーンを選ぶことでその特徴が引き立ちます。ワイドパンツは面積も広いため、明るい色がもつ爽快感も主張可能。そんな好例をピックアップしました。

明るいトーンの最上級はホワイト。白いワイドパンツはクリーンなリラックス感が強く、どんなコーディネートも爽やかにアレンジすることができます。ブルーのトップスを合わせればさらに爽快!

スモーキーで明るめなブルーのワイドパンツをセレクト。パンツもさることながら、ボーダー柄のカットソーを合わせることで爽やかなイメージを強調しています。足首がのぞく丈感も絶妙。

パンツがそこまで明るくなくても、ダークでなければOK。さらにトップスを明るめにすれば、爽快なイメージは築けます。この着こなしは、アースカラーでこなれ感を演出。小物で個性も加えています。

▼秋冬は、ダークトーンのワイドパンツでシックにまとめる

ワイドパンツの最大の特徴は、目を引く新鮮なシルエット。面積が大きいのも特徴なので、どんな色を選ぶかで印象が大きく変化します。秋冬は寒々しい印象にならないよう、ダークトーンを選ぶのがおすすめ。シックで大人っぽくはきこなした具体例を紹介します!

色落ちの少ないワイドなアンクル丈デニムをセレクト。ダークなインディゴブルーには落ち着きが感じられ、ミリタリーシャツを合わせた着こなしを大人っぽく見せています。適度に脱力したカジュアルスタイルがオシャレ。

パンツだけでなく、人気が継続しそうなロング丈のコートもルーズなシルエット。だらしない着こなしになりがちですが、ワイドパンツがダークネイビーなのでシックな雰囲気に仕上がっています。アウターとのコントラストがパンツの特色を強調!

ボリュームあるダウンはワイドパンツと相性が悪そうですが、薄手やコンパクトなタイプを選べばモダンなバランスに。この実例でも、薄手のダウンとダークなワイドパンツが、こなれ感と新鮮味のある大人な装いに仕上げています。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

    BACK