テーパードパンツ完全ガイド。選び方から着こなしまで

テーパードパンツ完全ガイド。選び方から着こなしまで

今っぽい着こなしを即座にかなえてくれるボトムスといえば、テーパードパンツ。おすすめの逸品からコーデテクニックまで網羅してお届けするので、要チェックです。

山崎 サトシ

2017.06.27

ボトムス
春の着こなし・コーデ

今さら聞けない……。そんな方のために改めて。テーパードパンツとは

テーパード=先が次第に細くなっていくこと。つまりテーパードパンツとは裾に向かって先細るパンツを指します。膝→裾にかけて徐々に細くなるシルエットとなっている一方、腰&もも周りにはある程度ゆとりを持たせているモデルが多いです。テーパードは昨今最も人気の高いパンツのシルエットでもあります。

スキニーパンツとは違うの?

テーパードパンツとよく混同されがちなのがスキニーパンツ。スキニーは主に極細シルエットのパンツを指すので、膝〜裾にかけての絞りを特徴とするテーパードパンツとは違います。なお、スキニーシルエットとテーパード仕様を組み合わせた“スキニーテーパード”というパンツも存在するので、少しややこしいですね。

テーパード=膝下の絞り、スキニー=細身のシルエットと覚えておくと良いでしょう。ちなみに、写真で着用しているのはストレートシルエットのスキニーパンツ。パッと見ではややわかりにくいですが、一般的なテーパードモデルと比べ、腰周りがタイトめです。

テーパードパンツの効果とは

裾に向かってシャープに絞られていくテーパードパンツは、脚を細く長く見せてくれるのが一番の美点といえるでしょう。脚を通すだけで絶大な美脚効果を得ることができるので、さらりとはくだけでも十分サマになるというワケ。また、膝から裾のシャープさを際立てるためにウエストに余裕を作っているモデルが多く、がっちり体型の人でも比較的抵抗なくトライできます。

シルエットが変わるだけでこんなに変わる!

同じようなTシャツ×ジーンズのコーディネートでも、シルエットがレギュラーストレートかテーパードかで、ここまで見栄えが変わってきます。ストレートジーンズは男らしさが印象として残り、テーパードジーンズ着用の写真はすっきりと見えますよね。

ストリートライクな雰囲気がストレートシルエットの持ち味。ゆったりとしたトップスとの相性も抜群です。

都会的かつ大人らしいシルエットは、テーパードシルエットの強み。テーラードジャケットを羽織ってもおしゃれにキマります。

パンツの種類いろいろ。自分に似合う1本とその着こなし

ひと言にテーパードパンツといっても、ジーンズやチノなどその種類は実にさまざま。自分のスタイルに合ったモデルをチョイスしたいところです。そこでここでは、目指すスタイリング別で好相性なテーパードパンツをご紹介。

スタイリング1ジャケパンコーデを今っぽく見せたいなら、テーパードチノ

大人コーデにおける基本の「き」ともいえるジャケパンスタイル。なんとなく“ありきたり”な雰囲気になってしまいがちですが、スマートなシルエットを備えるテーパードチノであれば、いつもよりもこなれたムードに昇華することができます。

パッチポケットのテーラードジャケットや中に着たカットソーで、リラックス感あるジャケパンコーデをメイク。ただし、緩く見えすぎないようにパンツにはすらりとした細身のテーパードチノを抜てきしています。

コットンのテーラードをオンしたカジュアル度の高いジャケパンコーデ。インナーのギンガムチェックシャツでさらに抜け感を高めつつ、きゅっと絞ったテーパードパンツや革靴、さらにはベストとタイドアップでピリッと引き締めました。

ジャケットにオックスフォードシャツ、パンツにはチノパンというストイックコーデも、テーパードモデルを取り入れるだけで今ドキ顔に変化。スリッポンの素足ばきで涼感をアップしているのもポイントです。

アンクルカットのテーパードパンツやVネックカットソーといった肌の見えるアイテムで、着こなしを軽やかに見せることが可能。パンツとシューズをブラックで呼応させて、一体感も隙なく入手しました。

ジャケットやニット、小物類までをすべてモノトーンでリンク。一点ベージュカラーとなったテーパードチノが好アクセントです。上下ともジャストなサイズ感でまとめることで、センス良く見せているのも◎。

抜群の伸縮性を誇るストレッチツイルを使用しているので、スリムテーパード型ながらもノンストレス。さらにナノガード加工により汚れや水にも強いというハイスペックな1本です。ハリのあるクリーンなルックスで使い勝手抜群。

軽さのあるアンクルカットのテーパードモデルは、真夏のスタイルにぴったり。縦横に伸縮する2WAYストレッチ素材することにより、ハイレベルな伸縮性も確保。また、ベルトいらずのイージーパンツ仕様なのもうれしいポイント。

税抜き3600円というコストパフォーマンス良好な逸品。プライスに見合わない美しいシルエットもうれしく、テーパードビギナーにもおすすめです。カラーバリエーション豊かにラインアップされるので、セット買いもあり。

スタイリング2テーパードジーンズなら野暮ったさゼロのアメカジが完成!

アメカジスタイルに欠かせないジーンズですが、選ぶシルエットによってはコーデが野暮ったく見えてしまう恐れも。しかし、シャープなレッグラインのテーパードジーンズならばそんな心配はありません。お決まりのアメカジコーデも、グッとスタイリッシュに見えます!

サックスカラーのリネンシャツに、あせたブルージーンズを合わせて涼しげに装った夏アメカジ。上下薄色同士の組み合わせは本来ラフになりがちですが、すっきりしたテーパードジーンズならば、大人っぽく仕上がるんです。

ヴィンテージライクな半袖スウェット×ダメージジーンズでちょい男らしくスタイリング。それでいてどことなくモダンな印象を与えるのは、スリムなサイズバランスの賜物。革靴で品を足すテクもニクいですね。

アメカジアイテムの王道たるチェックシャツにベストマッチするのは、やっぱりジーンズ。アンクル丈&テーパードフォルムの旬なタイプならしゃれ感も加わって一石二鳥です。足元はサンダルを選択して夏らしく!

ウォッシュの強めに入ったテーパードジーンズを、シャツカーディガンやレザーシューズで程よく上品に着こなしました。カラーリングの効いたトートバッグがシンプルな大人カジュアルのアイキャッチとなっています。

ストレートジーンズでワイルドにキメるデニム・オン・デニムは文句なしでカッコ良いもの。ですが、トレンド感あるテーパードジーンズを使って、こんなふうにアカ抜けた感じに仕上げるのもひとつの手。都会的シーンにもなじみます。

セルビッチデニムにシェービングやブリーチなど、複数の加工を組み合わせてリアルなユーズド感を生み出したこちら。シルケット加工の滑らかな風合いと光沢感が美しく、シルエットも端正なのでぜひきれいめコーデに合わせてみて。

ブラックのテーパードデニムは、アメカジはもちろんモードな着こなしにも応用可能な万能選手。すっきりとした細身シルエットながら、ストレッチ混なのではき心地も快適です。エイジングを楽しめるリジットデニムを使用。

メイド・イン・ジャパンにこだわった1本は、絞りすぎないナチュラルなテーパードシルエットだから幅広いトップスと合わせられます。上質なマテリアルを使って仕立てているので、エイジングの表情も抜群! 

スタイリング3マリン&リゾートな着こなしには、すがすがしい白テーパードパンツを

この夏、ファッションシーンを席巻する勢いを見せているマリンスタイル&リゾートスタイル。清涼感を持ち味としている両スタイルと好相性を見せてくれるのは、爽快な面持ちのホワイトテーパード。クリーンかつ季節感ある着こなしがかないます。

アロハ柄シャツでリゾート感を色濃く打ち出したスタイリング。クリーンな白テーパードデニムが、着こなしのリラクシングな雰囲気に拍車をかけます。ただし、足元はレザーローファーで適度に落ち着かせました。

ネイビーのバスクシャツとホワイトパンツで作ったマリンスタイル。テーパードパンツは7分丈のモデルをピックアップし、軽快さをより増幅しました。革靴をもってくることで大人っぽい印象もしっかりとキープ!

リネン素材のテーパードストライプパンツで、見た目と快適性を両立したリゾートスタイルに。パンツとカットソー、どちらもロールアップしてレイドバックした印象を加速しています。Tシャツ、ニット、サンダルのネイビーぞろえもお見事!

夏らしさ満開なブルー×ホワイトのカラーコンビ。ストローハット投入により、リゾートテイストを一段と向上させています。大人の品も演出するために、パンツはスラックス風の上品なテーパードパンツを選びました。

バスクシャツ、テーパードパンツともに細身のモデルを選び、すらっとしたマリンコーデを形成。ベースボールキャップで流行のスポーツテイストも巧みに注入しています。今夏はこんなテイストミックスコーデも挑戦してみたいですね。

ヴィンテージの織機を使って、ゆっくり力強く織り上げたホワイトデニム。生地だけでなく、リベットやトップボタンに至るまでホワイトカラーにこだわり抜きました。細すぎないスタンダードなテーパードデニムなので、はきやすさはピカイチ!

薄手のシャンブレーツイル素材で仕立てたモデル。センタークリース入りのテーパードパンツなので、ドレスパンツのようなルックスです。レザーシューズからスニーカーまで合うので、1本持っているとかなりお役立ち!

夏らしさ重視で着こなしたいなら、涼しげな7分丈のテーパードパンツを選ぶのも良手。こちらは特殊なニット風デニムを使用し、デニムのようなルックスとニットのような肌触りを実現。ポリウレタン混紡で動きやすさも格別です。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

    BACK