おしゃれファッションブランドのiPhone6ケース10選

おしゃれファッションブランドのiPhone6ケース10選

無機質なデジタル小物こそ、おしゃれなケースでアレンジするのができる男の嗜み。手持ちのiPhone6にセンスと品を添える、ファッションブランドのケースをご紹介します。

編集イトウ

2015.04.12

雑貨
モバイルケース

たかがケース。されどケース。毎日使うモノこそお金をかけたい!

右を見ても左を見てもiPhone6。皆さんの環境もそんな感じじゃありませんか? 持っている人が多い→ケースの種類も多い→個性が出しにくいということで、周りと差のつくファッションブランドのおしゃれなiPhone6ケースを選んでみました。

Item1毎シーズン発表するケースは男女問わず大人気! 『ジャックスペード』

女性から圧倒的な支持を集める『ケイトスペード』の男性向けラインである『ジャックスペード』。本ブランドが毎回シーズン発表するiPhoneケースは男女問わず人気が高く、紹介するこの商品もバイカラーがシンプルながらハイセンス。

Item2パリ発のブランドらしい上品なデザイン。『メゾンキツネ』

ラグジュアリーながらカジュアルなイメージも持ち合わせる、絶妙なバランス感がファンの多い『メゾンキツネ』。ブランドで定番的に展開されている“Parisien”のロゴを配したiPhoneケースは、シンプルながらインパクトのあるデザイン。

Item3ファッショナブルなレオパードパターンはここならでは。『ケンゾー』

ファッションシーンの先端をいく『ケンゾー』のiPhoneケースは、ファッショニスタの定番品。『ケンゾー』オリジナルのレオパード柄を全面に配して、ブランド名を刻印したエキゾチックなデザインは、ここならでは。

Item4日本未発表のiPhoneケースで差をつけたい『トリーバーチ』

ファッション感の高い女性から支持を集める『トリーバーチ』のiPhone6ケースは、日本ではまだ発売していないレアモノ。高品質レザーにブランドのアイコンを鎮座するケースは、シンプルなデザインなので男性が使用してもまったく問題ありません。

Item5ラグジュアリーな雰囲気漂う。『マイケル コース』

アメリカ・ニューヨークらしい洗練された中にラグジュアリー感が漂う『マイケル コース』のケース。世界中のセレブを虜にするそのデザインをそのまま採用したiPhone6ケースは、付け変えるだけでゴージャスな雰囲気に。

Item6世界的アーティストの名前と生まれ年をデザイン。『レスアーティスト』

2012年にパリでスタートした新進気鋭のブランド『レスアーティスト』。アメフトのユニフォームからインスピレーションを受けたコレクションを展開し、ケースにはアーティスト名と生まれた年を大胆にデザインされています。

Item7トレンドのカモフラ柄を前面にオン! 『コロナ』

さまざまなジャンルを掘り下げて、それを現代的に解釈したデザインが人気の日本ブランド『コロナ』。ブランドでたびたび使用されるこのカモフラージュ柄は、ベトナム戦時下で生まれた米軍のダックハンターカモフラージュ柄です。

Item8いまの“東京”を象徴するデザイン。『ミスタージェントルマン』

2012年の春夏シーズンにデビューした『ミスタージェントルマン』。ベーシックでいて少しだけひねりのあるデザインがいまの“東京”をイメージさせるここのケースは、シンプルでセンスある意匠なので飽きずに使用できます。

Item9シルバーアクセじゃなくて芝生!? 『ジャムホームメイド』

都心にありながら緑あふれる代々木公園の芝をイメージして職人が植毛したデザインが人気の『シバフ』と日本を代表するシルバーアクセサリーブランドの『ジャムホームメイド』がコラボ。ブランド名を芝生で大胆にデザインされた、インパクトあるケース。

Item10レザーのパッチワークデザインがインパクト大! 『グラム』

『グラム』と『ジャムホームメイド』が手を組んだ力作ケースがコチラ。『グラム』を代表するは虫類革と牛革のパッチワークを、対角線より左手にあしらった2つ折りタイプ。『ジャムホームメイド』の象徴的なパーツであるリングパーツを配されているので、チェーンを使用することも可能です。

スマートフォンは財布以上に人前に出ることが多いですし、自身も見る時間も長いものだと思います。お気に入りのケースを見つけて、気分よく使いましょう!

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

    BACK