ノーリスク・ハイリターンな北欧ウォッチ!

ノーリスク・ハイリターンな北欧ウォッチ!

煌びやかな高級時計も良いですが、手軽に腕元のおしゃれを楽しむならバリュー&スタイリッシュな北欧ブランドの時計に狙いを定めるのも手。つければ即、装いがこなれます!

山崎 サトシ

2015.04.07

腕時計
北欧

コスパ良好で見栄えもグッドな優等生アイテムです

北欧ウォッチの多くは気負わず身に着けられる価格設定。それでいて、デザイン性は頭ひとつ抜けています。アクセサリー感覚でさらりと取り入れてみてはどうでしょうか?

Item1『ヤコブ・イェンセン』の3針ウォッチ

モデル名のストラタとは地層の意。写真を見ると分かるように、ステンレススチール製ケースの下にレザーバンドを配し、さらにそれを裏蓋でサンドイッチ。3層構造となったその斬新なデザインは、まさしく地層を思わせます。ミニマルな文字盤やインデックス&秒針の鮮やかなイエローなど、細部にも洗練が宿る1本です。

Item2『ヌーン』のスクエア型ウォッチ

デンマークブランドから登場。この1本は武骨なスクエアケースに上品なステンレスメッシュベルトを合わせた、抑揚のある風貌が魅力です。そして、革新的な時計表示システムの“カレイドスコープ”にも注目。これは2枚のディスクを回転させることで時刻を表示するという機能で、時が進む度に文字盤の表情が変化します。

Item3『アイスウォッチ』のカラーウォッチ

ポップなデザインを得意とするベルギーブランド、『アイスウォッチ』。このダイバーズ型ウォッチは、ビビッドなカラーが一際目を引きます。しかもケース径48mmというビッグフェイス仕様。インパクト満点なので、きれいめコーデのアイキャッチとして使うのがオススメです。シリコンバンドの優しい着け心地もポイント!

合わせて読みたい:
ペア着けも叶う。アイスウォッチをファッション感覚で楽しむ

Item4『ベーリング』のブラックバンドウォッチ

ステンレススチール素材の極薄ボディと、軽快でライトウェイトなメッシュ式ベルトからなるスマートな出で立ち。クールなブルーカラーが採用されたダイヤルを見てみると、インデックスが3D仕様になっており存在感も十分。しかもソーラー電池を用いており電池交換が不要と、機能面からもしっかりアプローチを掛けています。

Item5『ピクト』のダイヤル回転式ウォッチ

80’Sに一世を風靡した名作を復刻。ダイヤルを回転させることで時刻を伝える、ユニークな構造が特徴です。また、極限までコンパクトに仕上げられた文字盤はまるでモダンアートのよう。絶妙なカラーバランスも見どころで、革バンド+ゴールドケースという王道的コンビに、発色豊かなグリーンの文字盤を組み合わせています。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    タフでしゃれてて頼れるヤツ。服だけじゃなく、腕元にもアウトドアを

    タフでしゃれてて頼れるヤツ。服だけじゃなく、腕元にもアウトドアを

    ご存じの通り、今季はアウトドアものが調子いい。タウンユースにぴったりのシックなダウンジャケットだったり、ゴアテックスを使った機能派のアイテムだったり。寒い冬の…

    増山 直樹

    大切なあの人と。ペアウォッチの人気ブランド20選

    大切なあの人と。ペアウォッチの人気ブランド20選

    数あるペアアイテムのなかでも、よりさり気なく身に着けられるペアウォッチ。実用性も高い人気ウォッチブランドのアイテムを、3つのカテゴリでそれぞれ紹介していこう。

    大中 志摩

    レザーリュックなら、オフの着こなしもシックにキマる

    レザーリュックなら、オフの着こなしもシックにキマる

    手も空いて機能的な反面少し子供っぽさもあるリュックですが、レザー製を選べば大人の日常着ともマッチ。Freeamericanidol世代に似合う上質な革リュックをレコメンドします。

    山崎 サトシ

    もはや当たり前。大人に似合う通勤リュック20

    もはや当たり前。大人に似合う通勤リュック20

    ビジネスマンにとって通勤時のリュックはもはや当たり前。市民権を得たものの、カジュアルやアウトドアで使用するモノとは一線を画す、“通勤仕様”のモノを選びましょう。

    近間 恭子

    それいいね! おしゃれと思われる腕時計20選

    それいいね! おしゃれと思われる腕時計20選

    おしゃれは、自己満足で終わることなく、他人に認められてこそ。“しゃれ者”として認められるには、大いに目立ち、「いいね」と言ってもらえる腕時計こそが必要なのです。

    黒野 一刻

    本場にも負けない。日本発の腕時計ブランド10選

    本場にも負けない。日本発の腕時計ブランド10選

    腕時計の本場といえば、スイス。それは否定できない事実です。しかし、実用性では日本が世界一。その理由と、日本が誇る腕時計ブランドを語り尽くします。

    黒野 一刻

    BACK