ノーリスク・ハイリターンな北欧ウォッチ!

ノーリスク・ハイリターンな北欧ウォッチ!

煌びやかな高級時計も良いですが、手軽に腕元のスタイリッシュにならバリュー&スタイリッシュな北欧ブランドの時計に狙いを定めるのも手。つければ即、装いがこなれます!

山崎 サトシ

2015.04.07

腕時計
北欧

コスパ良好で見栄えもグッドな優等生アイテムです

北欧ウォッチの多くは気負わず身に着けられる価格設定。それでいて、デザイン性は頭ひとつ抜けています。アクセサリー感覚でさらりと取り入れてみてはどうでしょうか?

Item1『ヤコブ・イェンセン』の3針ウォッチ

モデル名のストラタとは地層の意。写真を見ると分かるように、ステンレススチール製ケースの下にレザーバンドを配し、さらにそれを裏蓋でサンドイッチ。3層構造となったその斬新なデザインは、まさしく地層を思わせます。ミニマルな文字盤やインデックス&秒針の鮮やかなイエローなど、細部にも洗練が宿る1本です。

Item2『ヌーン』のスクエア型ウォッチ

デンマークブランドから登場。この1本は武骨なスクエアケースに上品なステンレスメッシュベルトを合わせた、抑揚のある風貌が魅力です。そして、革新的な時計表示システムの“カレイドスコープ”にも注目。これは2枚のディスクを回転させることで時刻を表示するという機能で、時が進む度に文字盤の表情が変化します。

Item3『アイスウォッチ』のカラーウォッチ

ポップなデザインを得意とするベルギーブランド、『アイスウォッチ』。このダイバーズ型ウォッチは、ビビッドなカラーが一際目を引きます。しかもケース径48mmというビッグフェイス仕様。インパクト満点なので、きれいめコーデのアイキャッチとして使うのがオススメです。シリコンバンドの優しい着け心地もポイント!

合わせて読みたい:
ペア着けも叶う。アイスウォッチをファッション感覚で楽しむ

Item4『ベーリング』のブラックバンドウォッチ

ステンレススチール素材の極薄ボディと、軽快でライトウェイトなメッシュ式ベルトからなるスマートな出で立ち。クールなブルーカラーが採用されたダイヤルを見てみると、インデックスが3D仕様になっており存在感も十分。しかもソーラー電池を用いており電池交換が不要と、機能面からもしっかりアプローチを掛けています。

Item5『ピクト』のダイヤル回転式ウォッチ

80’Sに一世を風靡した名作を復刻。ダイヤルを回転させることで時刻を伝える、ユニークな構造が特徴です。また、極限までコンパクトに仕上げられた文字盤はまるでモダンアートのよう。絶妙なカラーバランスも見どころで、革バンド+ゴールドケースという王道的コンビに、発色豊かなグリーンの文字盤を組み合わせています。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    チープとは名ばかり。高見え必至のチープカシオセレクション

    チープとは名ばかり。高見え必至のチープカシオセレクション

    バリューで高性能、加えて豊富かつ気取らないデザインによりここ数年で一気にシェアを伸ばしたチープカシオ。そのラインアップより編集部おすすめの10本を厳選します。

    Freeamericanidol編集部

    本場にも負けない。日本発の腕時計ブランド12選

    本場にも負けない。日本発の腕時計ブランド12選

    腕時計の本場がスイスというのは、否定できない事実。しかし、実用性においては日本が世界一といっても過言ではありません。その理由と、日本のブランドを語り尽くします。

    Freeamericanidol編集部

    スペックに惹かれる男心。ダイバーズウォッチの選び方と人気モデル

    スペックに惹かれる男心。ダイバーズウォッチの選び方と人気モデル

    機能美にあふれ力強く、背景のあるダイバーズウォッチ。いつの世も、スペックにこだわる男を虜にしてきた。数ある名作の中から、我々が選ぶべきモデルを解説しよう。

    編集ムタガミ

    それいいね! おしゃれに見られる腕時計20選

    それいいね! おしゃれに見られる腕時計20選

    おしゃれは自己満足で終わることなく、他人に認められてこそ。“洒落者”として認められるには腕元でおおいに目立ち、「いいね」と言ってもらえる腕時計こそが必要です。

    黒野 一刻

    ボーナスで手に入れたい、憧れの名作腕時計30選

    ボーナスで手に入れたい、憧れの名作腕時計30選

    今年こそ、ボーナスで腕時計を。そう考える大人にプッシュしたい間違いない逸品を、大ボリュームで厳選。3つのカテゴリから、自分のスタイルに見合う1本を探してほしい。

    編集ムタガミ

    グランドセイコー20傑。男が持つべき名作を厳選

    グランドセイコー20傑。男が持つべき名作を厳選

    国産時計の雄『セイコー』が1960年に生み出したハイエンドコレクションが『グランドセイコー』です。スイス時計を超越する高精度のジャパンブランドに迫ります。

    黒野 一刻

    BACK