タイプ別に着こなしをレポート!フライターグのバッグ

タイプ別に着こなしをレポート!フライターグのバッグ

タフさと遊び心を両立したバッグは大人のメンズが求めるところ。そこで指名したいのが『フライターグ』。どの種類のバッグもこの2大要素を満たし洒脱装いへと導きます!

山崎 サトシ

2016.07.08

フライターグ(FREITAG)
バッグ

『フライターグ』とは

『フライターグ』とは、商業ディスプレイを手掛けていた兄マーカス氏、グラフィックデザイナーであった弟ダニエル氏のフライターグ兄弟がプロデュースするバッグブランド。1993年にスイス・チューリッヒで設立されました。創設から徐々に規模を拡大し、昨今では全世界約470ものショップで展開されています。

『フライターグ』とは

JUMBLE STORE 楽天市場店JUMBLE STORE 楽天市場店

お気に入り追加

兄弟が影響を受けたのは、ブランドを設立する前に住んでいたアパートの窓から見える色とりどりのトラック。カラフルな見栄えを生み出していたのは、荷台に使われるトラックの幌(ほろ)でした。その後2人は、不要になったトラックタープを使ってバッグを製作することを決意します。その幌は何とヨーロッパ全土から集めてくるのだとか。

『フライターグ』とは 2枚目の画像

JUMBLE STORE 楽天市場店JUMBLE STORE 楽天市場店

お気に入り追加

トラックタープ以外にも、さまざまなリサイクル素材を活用しています。たとえば縁の部分には自転車のインナーチューブを再活用していますし、ショルダーストラップには不要になったシートベルトを有効利用。バッグ1つにエコなマインドがギュっと詰まっています。

『フライターグ』バッグの魅力とは?

『フライターグ』バッグの魅力とは?

WEARWEAR

お気に入り追加

前述のとおり、過酷な環境下でも積み荷をしっかりと守るトラックタープを使っているため、耐久性・防水性はお墨付きです。しかも年間で440トンも回収してくるというタープは、1枚1枚デザインがすべて異なるため、生産されるバッグはすべてが一点物! 周囲とカブってしまう恐れもないんです。丈夫で個性的、しかもエコフレンドリー。三拍子が見事に揃ったバッグは必携のひと言に尽きます。

前述の通り、過酷な環境下でも積み荷をしっかりと守るトラックタープを使っているため、耐久性・防水性はお墨付きです。しかも年間で440トンも回収してくるというタープは、1枚1枚デザインがすべて異なるため、生産されるバッグはすべてが一点物! 周囲とカブってしまう恐れもないんです。丈夫で個性的、しかもエコフレンドリー。3拍子が見事に揃ったバッグは必携のひと言に尽きます。

男女問わず愛用されているのも『フライターグ』のバッグの魅力

ユニセックスなデザインで、男女両方から高い人気を得ている『フライターグ』。ファッションスナップサイトのWEARでも、自分流に付けこなすおしゃれ巧者が性別問わず散見されました。

コーデ1

男女問わず愛用されているのも『フライターグ』のバッグの魅力

WEARWEAR

お気に入り追加

チェスターコートやハット、ショーツの色みが重い分、『フライターグ』のホワイトクラッチでコーデをうまくトーンアップ。ラフなタープ素材のおかげでヌケ感も生まれています。

コーデ2

男女問わず愛用されているのも『フライターグ』のバッグの魅力 2枚目の画像

WEARWEAR

お気に入り追加

落ち着いたカラーでまとめた大人カジュアルに投入したのは、『フライターグ』のミニバッグ。イエロー×グリーンの刺激的なバイカラーで、スタイルの程良いアイキャッチとなっています。

コーデ3

男女問わず愛用されているのも『フライターグ』のバッグの魅力 3枚目の画像

WEARWEAR

お気に入り追加

ミリタリーJKT×デニムサロペットの着こなしからは男らしさが香り立ちます。やぼったく見えないようにストールや革靴、そして『フライターグ』の鮮烈なバッグで街っぽさも注入しました。

コーデ4

男女問わず愛用されているのも『フライターグ』のバッグの魅力 4枚目の画像

WEARWEAR

お気に入り追加

ネイビーの無地カットソーにワークパンツ、そしてストローハットと、潔くまとめたスタイリング。シンプルだからこそ、大ぶりな『フライターグ』のホワイトトートが際立ちます。

コーデ5

男女問わず愛用されているのも『フライターグ』のバッグの魅力 5枚目の画像

WEARWEAR

お気に入り追加

シャツ&デニムとも『ユニクロ』というあっさりとしたスタイルも、色使いがきいた『フライターグ』のバッグをプラスすれば一気にアカ抜け。洋服が青系基調なのでよりバッグが映えます。

コーデ6

男女問わず愛用されているのも『フライターグ』のバッグの魅力 6枚目の画像

WEARWEAR

お気に入り追加

メンズだけでなくレディースでもビッグトレンドとなっているスポーツカジュアルスタイル。独特な総柄が入ったトートバッグが、流行のスタイリングに個性をプラスしてくれます。

コーデ7

男女問わず愛用されているのも『フライターグ』のバッグの魅力 7枚目の画像

WEARWEAR

お気に入り追加

バリューアイテムをうまく着こなしたこちらの女子も『フライターグ』愛用者! ニットのピンクをトートバッグの柄で拾い、ボリュームあるコーデをすっきりとまとめています。

バッグの種類別。『フライターグ』のバッグスナップ集

多種多様なタイプのバッグをリリースしている『フライターグ』。ここからはメッセンジャー、リュック、トートという定番3カテゴリ別に真似したいスタイルサンプルをお届けします。

バッグの種類別。『フライターグ』のバッグスナップ集

WEARWEAR

お気に入り追加

メッセンジャーバッグの魅力は、安定感! 自転車スタイルには欠かせません。

『フライターグ』の一番人気。メッセンジャーバッグを取り入れたコーデサンプル

まずは『フライターグ』の人気No.1アイテムであるメッセンジャーバッグを取り入れたスタイリングにフォーカス。やはり、コーディネートのアクセントとして使う人が多い模様です。

合わせて読みたい:
マストバイを厳選。メッセンジャーバッグの人気ブランド10選

コーデ1

バッグの種類別。『フライターグ』のバッグスナップ集 2枚目の画像

WEARWEAR

お気に入り追加

ボーダーストールやニットキャップ、そしてトリコロールのメッセンジャーなど、デザイン性豊かな小物使いでおしゃれなムードを演出。程良く主張あるきれいめカジュアルに仕上がっています。

コーデ2

バッグの種類別。『フライターグ』のバッグスナップ集 3枚目の画像

WEARWEAR

お気に入り追加

MA-1が主役でもワイルドすぎないのは、ポップな配色をまとったメッセンジャーのおかげ。バッグだけが浮かないように、インナーやスニーカーでさり気なくレッドを拾っています。

コーデ3

バッグの種類別。『フライターグ』のバッグスナップ集 4枚目の画像

WEARWEAR

お気に入り追加

ホワイトシャツにボーダーショーツを組み合わせた、軽快なライディングスタイル。蝶がプリントされた『フライターグ』のバッグで大胆にアクセントづけしているのがポイントです。

コーデ4

バッグの種類別。『フライターグ』のバッグスナップ集 5枚目の画像

WEARWEAR

お気に入り追加

シックな色合いのウェアを駆使した都会的なアウトドアコーデ。あくまで大人っぽさを根底に置きつつも、『フライターグ』でビビッドカラーを1点投入しリズミカルなコーデを実現しています。

コーデ5

バッグの種類別。『フライターグ』のバッグスナップ集 6枚目の画像

WEARWEAR

お気に入り追加

『エディフィス』のバスクシャツにデニムショーツを合わせたマリン風コーデ。ウェアが上下ともプレーンなデザインなので、ビビッドなメッセンジャーでメリハリを作りました。

安定人気を誇る、『フライターグ』のリュックを取り入れたコーデサンプル

続いてのキーワードはリュック。ファッショニスタに人気だったのは、今シーズンの二大旬色でもあるホワイトとレッド。合わせやすいグレー系リュックの支持率も根強いようです。

バッグの種類別。『フライターグ』のバッグスナップ集 7枚目の画像

WEARWEAR

お気に入り追加

『フライターグ』のリュックは大容量のものが多く、またコーディネートのアクセントになるデザインも揃っています。

コーデ1

バッグの種類別。『フライターグ』のバッグスナップ集 8枚目の画像

WEARWEAR

お気に入り追加

白Tシャツ&ネイビークロップドという潔いスタイリング。ただ、そのままでは淡白過ぎるので、色&風合いともに存在感ある『フライターグ』の1品をスパイス的に使っています。

コーデ2

バッグの種類別。『フライターグ』のバッグスナップ集 9枚目の画像

WEARWEAR

お気に入り追加

オールブラックの着こなしでホワイトカラーの『フライターグ』を際立たせたコーディネート。ビッグサイズのバックパックがインパクトを放っています。ファッショナブルかつアクティブに!

コーデ3

バッグの種類別。『フライターグ』のバッグスナップ集 10枚目の画像

WEARWEAR

お気に入り追加

レザージャケットにエンジニアブーツ、極めつけにティアドロップのサングラス。これぞラギッドといった具合ですが、クリーンな白リュックをオンすればハードさが適度に和らぎこなれて見えます。

コーデ4

バッグの種類別。『フライターグ』のバッグスナップ集 11枚目の画像

WEARWEAR

お気に入り追加

ブルーを基調として、夏らしさたっぷりのスタイルをメイク! 足元のスニーカーと『フライターグ』のリュックでホワイトを差すことによって、清潔感も見事にゲットしています。

コーデ5

バッグの種類別。『フライターグ』のバッグスナップ集 12枚目の画像

WEARWEAR

お気に入り追加

ロールトップ式のリュックは柄入りですが、グレーベースなので悪目立ちする恐れは皆無。だから、デザインの効いたペイズリーショーツと組み合わせてもしっくりと馴染むというワケ。

汎用性は文句ナシ!『フライターグ』トートバッグを取り入れたコーデサンプル

『フライターグ』のトートバッグはシルエットがシンプルなものが多く、優れた汎用性を誇っています。そのためか、さまざまなファッションスタイルの人が偏愛しているようです。

バッグの種類別。『フライターグ』のバッグスナップ集 13枚目の画像

WEARWEAR

お気に入り追加

トートはデザインがシンプルな分、色やデザインで遊ぶのもあり! カラフルなデザインを選んでコーディネートの差し色にしてみては。

コーデ1

バッグの種類別。『フライターグ』のバッグスナップ集 14枚目の画像

WEARWEAR

お気に入り追加

シンプルな着こなしに『フライターグ』のトートが際立っています。色鮮やかなブルーが目を引くこと間違いなし。ニット帽は、ブルーと対照的な色をチョイスしてメリハリをつけています。

コーデ2

バッグの種類別。『フライターグ』のバッグスナップ集 15枚目の画像

WEARWEAR

お気に入り追加

カモフラージュジャケット×薄青デニム=鉄板アメカジ。着こなしがラフ寄りなので、トートはクリーンさを加えられるホワイトを抜てき。足元のローファーも大人っぽさをアシストします。

コーデ3

バッグの種類別。『フライターグ』のバッグスナップ集 16枚目の画像

WEARWEAR

お気に入り追加

トップスは『ナイキ』、デニムは『ジョンブル』、足元には『ニューバランス』。定番ブランドを重用した奇をてらわない大人カジュアルですが、配色のユニークなトートで新鮮味もほのかに注入。

コーデ4

バッグの種類別。『フライターグ』のバッグスナップ集 17枚目の画像

WEARWEAR

お気に入り追加

ニットキャップからサイドゴアブーツまで、徹底してダークトーンでリンク。そうすることで、明るいカラーをまとった『フライターグ』がハズしアイテムとして生きてきます。

コーデ5

バッグの種類別。『フライターグ』のバッグスナップ集 18枚目の画像

WEARWEAR

お気に入り追加

一見、大人には難しそうな配色のトート。しかし、足元のスニーカーと呼応させれば、ご覧のとおり自然に溶け込んでくれます。スポーティな『アディダスオリジナルス』のリブパンツとの相性も良好です。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    Gジャンはこう着こなす! おしゃれな男のコーデ術【秋冬編】

    Gジャンはこう着こなす! おしゃれな男のコーデ術【秋冬編】

    秋は主役として、冬はインナーとして。季節をまたぎ活躍するジージャンは、夏が終わる前に押さえておきたいマストハブ。選択時のポイント&秋冬のコーデ術を解説します。

    山崎 サトシ

    アウトドアブランドのパンツを街ではく3つのポイント

    アウトドアブランドのパンツを街ではく3つのポイント

    アウトドアのボトムスはアクティブ性能が信条だ。しかし、街ではくとなればちょっとした場違い感が出かねない。そんな懸念点をクリアしたアイテムと着こなしを紹介しよう。

    菊地 亮

    カーディガンのコーデサンプル10選。支持される4型の着こなし解説

    カーディガンのコーデサンプル10選。支持される4型の着こなし解説

    季節の変わり目、とくに肌寒い時期に重宝するのがカーディガン。ベーシックなデザインから旬顔まで、タイプ別にカーディガン着こなし術を解説します。

    平 格彦

    黒リュックのおすすめ20選。カジュアルからきれいめまでピックアップ!

    黒リュックのおすすめ20選。カジュアルからきれいめまでピックアップ!

    リュックの色に迷ったら、黒をセレクトするのが正解。カジュアル、きれいめ、3WAYという3つのテーマからおすすめしたい黒リュックを厳選しました!

    Freeamericanidol編集部

    季節の変わり目に活躍する6つのライトアウターとその着こなし方

    季節の変わり目に活躍する6つのライトアウターとその着こなし方

    季節の変わり目に気をつけたいのが寒暖の差。そこで、サラッと羽織れて荷物にもなりにくいライトアウターこそ渡りに船。さらに旬もアピールできたら大いに助かるはず。

    菊地 亮

    BACK