スケーターたちの定番! 人気スケシューブランド

スケーターたちの定番! 人気スケシューブランド

スケートボードを楽しむスケーターたちが選ぶのは、スケートの衝撃にも耐えうる機能性と、男らしさのあるスニーカー。スケーターに人気スケシューブランドをおさらい!

AI

2015.04.06

スニーカー

スケーターのシューズボックスに、必ず入っていると言っていい5ブランドをチェック

Brand1『ナイキ』のスケートボードライン『ナイキ エスビー』

『ナイキ エスビー』は、スケーターのニーズに応えるテクノロジーを導入したスケートボードライン。タンを厚くし、フィット感とクッション性が上がったスニーカーを完成させています。『ナイキ』の中でも、デザイン性、話題性も抜群で、その存在感を維持しています。春らしいライトブルーが爽やか。

Brand2人気沸騰の『ニューバランス ニューメリック』

すばらしい履き心地の良さから、大ブレイク中の『ニューバランス』にもスケートボードラインがあります。2013年から開始されたまだ新しいラインですが、通常のニューバランスよりもソールのグリップ力が強化されていたり、耐久性のあるスエードをアッパーに使用していたりと、その機能性の高さで話題に。

Brand3人気沸騰の『ハフ』

シンプルで洗練されたデザインで支持されている『ハフ』はサンフランシスコ発のブランド。ストリートでも急速に浸透している注目ブランドです。シンプルでクラシックなデザインのモデルチョイスは、サイドのHのロゴがポイント。スケートだけでなく、タウンユースにも最適なデザイン性の高い1足。

スケシューを語るのに外すことのできない『バンズ』

泣く子も黙るスケシューブランドのキングといえば『バンズ』で異論はないでしょう。南カルフォルニアで設立された『バンズ』は、これまでいつくもの名作を世界に輩出してきました。中でも高い人気を誇るオールドスクールはシンプルなフォルムがおしゃれ度をアップさせてくれるはず。

リアルスケーターのためのハードコアなシューズ『エメリカ』

オールドスクールな無骨さを感じさせ、アイテム全体に漂うロックテイストから、男っぽさの強い『エメリカ』のスニーカー。コアなスケーターからの評価も高く、グリップ力に優れ、見た目だけでなく機能性も重視した作りになっています。きれいめに履けるモデルも多く、大人の男性にもぴったりのブランド。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    寒い日もノンストレス。おしゃれなスマホ対応手袋で暖かく快適に

    寒い日もノンストレス。おしゃれなスマホ対応手袋で暖かく快適に

    冬の手元に必須のグローブ。最近はつけたままスマートフォンを操作できるモノが増えています。便利で防寒力が高く、かつおしゃれな今季おすすめアイテムをご紹介!

    ai sato

    ダントンといえばウールモッサ。洗練された名作アウターは大人コーデと相性抜群!

    ダントンといえばウールモッサ。洗練された名作アウターは大人コーデと相性抜群!

    シンプルな見た目とスマートなサイズ感、さらには高い保温性を誇る『ダントン』のウールモッサ。今季も要注目の素材ならではの魅力や、同素材のアウターを一挙ご紹介。

    Freeamericanidol編集部

    バンズの代表作。オールドスクールの魅力とコーデ集

    バンズの代表作。オールドスクールの魅力とコーデ集

    ローテクスニーカーとして不動の人気を誇る『バンズ』のオールドスクール。その魅力を、歴史や特徴、定番カラーのコーディネートなどとともに、ご紹介していきます!

    編集ウエダ

    大人の男性におすすめしたい、人気のマフラーブランド13選

    大人の男性におすすめしたい、人気のマフラーブランド13選

    マフラーの人気ブランドを厳選。大人だからこそこだわりたい品質と見栄えを両立する、人気のブランドとおすすめのアイテムを一挙にご紹介します。

    モチヅキ アヤノ

    大人の足元にはまる。ニューバランス574の魅力とは?

    大人の足元にはまる。ニューバランス574の魅力とは?

    『ニューバランス』にはいくつもの人気なモデルがありますが、本記事では574に注目。どこが魅力なのか、その特徴と多角的にチェックします。

    Freeamericanidol編集部

    ナイキエアの注目作。エア ヴェイパーマックスは見た目も機能も最先端

    ナイキエアの注目作。エア ヴェイパーマックスは見た目も機能も最先端

    『ナイキ』が誇るエアマックスを、より進化させたエア ヴェイパーマックス。同ブランドらしい最新テクノロジーを掘り下げつつ、今購入できるラインアップに迫る。

    小林 大甫

    BACK