予算別に厳選!旅行で使いたいおすすめボストンバッグ

予算別に厳選!旅行で使いたいおすすめボストンバッグ

いまメンズバッグシーンで、ジワジワと勢力を増しているボストンバッグ。旅行だけでなくタウンユースに使えるモデルも多く、注目しておいて損はありません。

桐田 政隆

2016.07.07

バッグ
ボストンバッグ

ボストンバッグとは

旅行用の手提げ鞄として知られているボストンバッグ。日本では大正時代に上陸した、ボストン大学の通学鞄にちなんでいるというのが通説だそうです。マチ幅ある底が長方形で、1泊2日などの小旅行用の鞄として知られていますが、現代ではタウンユースする人も見受けられます。30代以降ならマジソンバッグが懐かしい一品ではないでしょうか?

ボストンバッグのサイズの目安は

用途にもよりますが1泊2日〜2泊3日ほどの荷物が収められて、片手でも普通に持てるサイズというのが一般的でしょうか。また、よりタウンユースに特化した横幅が短いものや、ショルダーストラップを付属したモデルなどもあります。

メンズに人気のボストンバッグ、おすすめブランド&アイテムを厳選

それではメンズ向け、おすすめのボストンバッグを厳選してみたので、ご覧ください。どれも定番的人気を誇る、買って間違いなしのボストンです。

ブランド1『グルカ』

1975年創業の米国・コネチカット州のレザーグッズメーカー。レザーとツイルのコンビネーション素材によるタフな鞄が有名で、根強い人気を誇ります。またそれぞれの鞄にナンバーと名前が付けられている点も、モノ好きの心をくすぐります。

KILBURN RS NO.252

こちらは『シップス』のコーポレートカラーであるネイビーで統一された別注モデル。『グルカ』のコンビ鞄といえばブラウンレザー×ベージュツイルですが、オールネイビーはよりモダンな雰囲気が感じられます。本作はトロリーとしても使えて、旅行用に最適です。

■サイズ 約幅60cm×高さ32cm×マチ29cm
4〜5泊程度の旅行向き

ブランド2『ポーター』

ご存じ、日本が誇る吉田カバンのブランド。日本の職人による高度な作りをベースに、ファブリックのチョイスから豊富な機能性&収納も抜かりなく、これまでさまざまな人気シリーズやモデルを世に送り出してきました。

タンカー ボストンバッグ

3wayからウエストバッグなどさまざまな名作を生んできた、タンカーシリーズのボストンバッグ。ちなみに2005年の発売ですが、同シリーズでは一番新しいモデルにあたるそうです。タウンユースに便利なサイズ感、両サイドのフラップポケットも特徴です。

■サイズ 約幅36cm×高さ26cm×マチ15cm
A4サイズが収納可能

ブランド3『トゥミ』

ビジネスマン御用達、米国の鞄ブランド。ビジネスブリーフからトラベルバッグまで、幅広い人気モデルを揃え、タフなバリスティックナイロンを使ったアイテムが代表的。都会的な機能性とデザイン性を兼ね備える点も人気の秘訣です。

スモール・ソフト・トラベル・サチェル

『トゥミ』を代表するアルファ2シリーズのボストン。ショルダーストラップ付きでダッフルバッグ的に使うこともでき、1泊2日の旅行などにも重宝。各パーツをブラックでまとめたシックな色使いも大人にピッタリ。

■サイズ 約幅45.5cm×高さ32cm×マチ21.5cm
1〜2泊程度の旅行向き

ブランド4『フェリージ』

1973年創業のイタリアブランド。鞄と財布を中心に、ベルトといった革小物も人気です。鞄では滑らかで光沢のあるナイロンとレザー使いの、コンビネーション素材が代名詞。シックな色使いから鮮やかなものまで、豊富なカラバリも揃います。

ラゲージP4/DS

長方形型のボストンモデル。シンプルな1室構造で折りたたむこともでき、旅行向けに作られています。レザーケースには間口を留める錠と鍵が付属。またこの美しいダークブルーも『フェリージ』ならでは。バカンスにもピッタリではないでしょうか?

■サイズ 約幅41cm×高さ25cm×マチ22cm
1 〜2泊程度の旅行向き

ブランド5『フルラ』

1927年にイタリア・ボローニャで創業した老舗ブランド。近郊の高品質なレザーアイテムを駆使したアイテムで知られ、世界的な人気を誇ります。近年はメンズラインも充実しており、日本でも注目度が高まっています。

メンズ モジュラーバッグ

メンズシーンで『フルラ』の名を一躍広めたモジュラーバッグ。この本体以外にも横面のパーツ、長さが異なるハンドルが付属し、ファスナーでつなぎ合わせてボストン、ブリーフ、トートの3つに形を変えることが可能という革新的な作りで話題を集めています。

■サイズ 最大約幅40cm×高さ×33cm×マチ21cm
1〜2泊程度の旅行向き

予算別にお届け! 今選びたい、お手ごろ人気のメンズボストンバッグ

ボストンバッグは鞄ブランドだけでなく、徐々に注目度が高まっている裏打ちか、ファッションブランドからも注目作が登場しています。さらにここからは予算別に買いの一品を取り上げていきます。

▽1万円以下で発見! 人気のメンズボストンバッグ

『イーグルクリーク』NMWフラッシュポイントダッフル Sサイズ

日本ではまだあまり知られていませんが、世界的には機能的なトラベルバッグで有名なブランド。こちらのダッフルバッグは撥水性のあるBi-Techファブリックを使い、ロック機能付きのジッパーも搭載。未使用時は付属の収納袋にコンパクトに収められます。これで1万以下はお手ごろ。

■サイズ 約幅44.5cm×高さ27.5cm×マチ56cm
1〜2泊程度の旅行向き

『ハーシェルサプライ』Strand

コストパフォーマンスに優れ、デザインもスタイリッシュ。またモデルも幅広く揃う『ハーシェルサプライ』にもボストンはあります。こちらはほかのモデルと同様に、シンプルな顔付きながらおしゃれなストライプの裏地付きで遊び心もあり。またさまざまなシーンで活躍できそうです。

■サイズ 約幅52.5cm×高さ40.5cm×マチ13.8cm
A4収納可能。通学や通勤向き

『ハーレー』DALEY DUFFLE

サーフショーツなどでも人気の『ハーレー』のバッグ。底面が防水仕様になっていて、海やアクティブなシーンでも使いやすそうです。またタウンユースに適したサイズ感で、デイリーユースにも便利です。取り外し可能なショルダーストラップも付属しています。

■サイズ 約幅40cm×高さ30.5cm×マチ18cm
1〜2泊程度の旅行向き

▽3万円以下で発見! 人気のメンズボストンバッグ

『ブラーボ』BUSHMASTER

アメリカで話題の鞄ブランド。機能性だけでなく、モダンなカルチャーからインスパイアされたモデルで人気です。肩掛けも余裕なハンドルサイズ、取り外し可能なショルダーストラップも付属。サイドにはスケボーを挟める仕様になっていて、スケボー以外の携帯にも便利です。

■サイズ 約幅56cm×高さ35cm×マチ30cm
67.6L大容量。スケボーを挟みこめます。

『グレゴリー』ダッフルバッグ XS

ダッフルバッグをタウンユース向けにサイズアレンジしたモデル。またハンドルを長めにしていて、トート感覚で持つことができます。格子状のスペクトラナイロンはタフで引き裂きに強く、『グレゴリー』を代表する人気ファブリックです。

■サイズ 約幅39.5cm×高さ26cm×マチ16cm
20L収納。ジムなどにおすすめ

『ジョー ポーター』ボストンバッグ カモ

『ジョー ポーター』は『ポーター』とスヌーピーのコラボレーションライン。荷物運び係のポーターに扮したスヌーピーがアイコンになっています。いま人気のカモフラ柄で、コーディネートのアクセントにもなりそう。作りは『ポーター』そのものなので、クオリティはバッチリです。

■サイズ 約幅34.5cm×高さ15cm×マチ16cm
おでかけのときに

▽3万円以上で発見! 人気のメンズボストンバッグ

『A.P.C.(アー・ペー・セー)』SAC XAVIER 16P

シャープな長方形型で、ブラックで統一したボディー、シルバーのファスナーと、『A.P.C.(アー・ペー・セー)』らしいスタイリッシュなボストン。メイン素材には撥水性も優れたコーティングコットンキャンバス、ハンドルは強度のあるレザーを使い分けています。ショルダーストラップも付属。

■サイズ 約幅49.5cm×高さ25cm×マチ20cm
1〜2泊程度の旅行向き

『UNCERTAIN×PORTER×B印 YOSHIDA』別注ボストンバッグ

俳優・大森南朋がプロデュースした別注ボストンバッグ。オールブラックのコットンキャンバス×シュリンクレザーハンドル、レザーの引き手のアクセントも加わった武骨な表情が魅力です。使い込むほどに味わいが増す作りも、男心に刺さります。

■サイズ 約幅58cm×高さ30cm×マチ32cm
4〜5泊程度の旅行向き

『シセイ』ボストンバッグ

フィレンツェの鞄メーカーなどを経たデザイナー・大平智生氏による鞄ブランド。ヨーロッパで人気に火が付き、逆輸入ブランド的な形で日本でも人気となっています。新作のボストンバッグでは上品で美しい艶のあるバッファローレザーを使用。丈夫で型崩れしにくい点もボストンバッグでのメリットになっています。

■サイズ 約幅51cm×高さ28cm×マチ18cm
1〜2泊程度旅行向き

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    グラミチのショーツで今季マストハブな10点とシルエットの違いを解説

    グラミチのショーツで今季マストハブな10点とシルエットの違いを解説

    今ではすっかり春夏の定番と化した『グラミチ』のショーツ。その魅力やシルエットの違いについて詳しく紹介するとともに、おすすめのモデルもお届けします。

    山崎 サトシ

    どのブランドから選ぶ? 傑作ビジネスバッグ20選

    どのブランドから選ぶ? 傑作ビジネスバッグ20選

    ビジネスマンの相棒であるビジネスバッグは、毎日使うからこそデザインや収納力、ブランドなど細かい点までこだわりたいもの。選ぶ際の基本や人気の逸品をお届けします。

    Freeamericanidol編集部

    タフな1枚。グッドオンのTシャツが“10年着られる”秘密とは?

    タフな1枚。グッドオンのTシャツが“10年着られる”秘密とは?

    デイリーユースできるTシャツは、着用頻度が高いからこそタフなモノが好都合。そこで、毎日のように着用して洗ってもヘタれない『グッドオン』のTシャツを紹介します。

    那珂川廣太

    ヘインズのパックTシャツ5選。素材とサイズの違いを徹底解説

    ヘインズのパックTシャツ5選。素材とサイズの違いを徹底解説

    変わらぬ汎用性とコスパの高さから長年の愛用者も多いであろう『ヘインズ』のパックT。日常に寄り添う定番アイテムの、知っておきたいバリエーションを網羅します。

    山崎 サトシ

    ジーンズをおしゃれに着こなすための5大法則とコーデサンプル

    ジーンズをおしゃれに着こなすための5大法則とコーデサンプル

    タイムレスな日常着であるジーンズ。だからこそコーデ次第では周りに埋もれてしまうことも。今どき感を演出するための法則を押さえ、一歩先の装いを目指しましょう。

    山崎 サトシ

    トレンドのサコッシュ。人気18ブランドをレコメンド!

    トレンドのサコッシュ。人気18ブランドをレコメンド!

    一過性のものではないサコッシュ人気。どんな風に使用すればいいのかも合わせて、好みのテイスト毎におすすめブランドをレコメンドしていきます。

    編集ナス

    BACK