先取りロンドンコレクション!来年欲しいアレこれ

先取りロンドンコレクション!来年欲しいアレこれ

2017年春夏の新作が発表されたロンドンコレクションメンズ。思わず欲しくなるアイテムも豊富にラインアップ。誰よりも早く最新アイテムをチェックしてみましょう。

高嶋 一行

2016.07.02

着こなし・コーデ

シンプルが一番! 素直に欲しいを今からチェック

大人っぽく落ち着きあるファッションを目指すなら、シンプルなアイテムが欲しくなるはず。そこで新作コレクションの中でもシンプルなデザインを手がけるブランドをご紹介します。

『ジョンスメドレー』建築をテーマに知的なコレクションを展開!

『ジョンスメドレー』建築をテーマに知的なコレクションを展開!

日本でも銀座の直営店が人気の『ジョンスメドレー』も、ロンドンで新作コレクションをプレゼンテーションしています。ハイゲージニットを使った柔らかく上質なニットウェアは、世界的にも高い支持を集めるアイテムばかり。建築をテーマにしたデザインが男性ウケしそうです。

『ジョンスメドレー』建築をテーマに知的なコレクションを展開! 2枚目の画像

建築を語るうえで欠かせないものこそ建物です。その建物に当たる光や影をニットの柄として取り入れたデザインのコンセプトアイテム。ネイビーをベースに、ブラックやオレンジの色合いの表現は、糸はもちろん織り方も変えてテクスチャーの変化を演出しています。

『ジョンスメドレー』建築をテーマに知的なコレクションを展開! 3枚目の画像

春夏でも肌寒い日があるイギリスでは、夏でもウール素材が重宝されます。そこで登場したニット素材のブルゾンは、やさしいライトな色合いで軽やかさを演出したサマー仕様のカラーリングとなっています。春夏にて上品に着こなしたいアイテムです。

『ジョンスメドレー』建築をテーマに知的なコレクションを展開! 4枚目の画像

ニットなら表現が自由自在の幾何学模様のアイテムも登場。ヘリンボーン柄のようなジグザク感ある柄は、オレンジとネイビーカラーでメリハリある配色が特徴的です。シンプルでも1枚で存在感があるデザインとして、サラっとコーデが可能です。

『セベラル』映画に出てきそうな日常のシンプルウェアを提案!

『セベラル』映画に出てきそうな日常のシンプルウェアを提案!

毎シーズン、スタイリッシュに着こなせるシンプルウェアを発表するイギリスブランドの『セベラル』。プレゼンテーションを昔の映画に出てくるようなカフェをイメージした会場に作り上げています。会場のロケーションとミニマルなウェアデザインがしっかりとマッチしたコレクションです。

『セベラル』映画に出てきそうな日常のシンプルウェアを提案! 2枚目の画像

イギリスらしいコートといえばトレンチコートが代表的です。シャツと合わせたカジュアルなコーディネートとライトカーキなカラーがおしゃれ。デザイナーはトレンチコートが人気のブランドの『アクアスキュータム』でデザインを行っており、得意分野でもあります。

『セベラル』映画に出てきそうな日常のシンプルウェアを提案! 3枚目の画像

ブルー寄りのグレーカラーのスプリングコートに合わせたのは、イエローのパンツスタイル。どちらも色のトーンを合わせて統一感を出しています。さらにストライプのシャツも同系色となるオレンジやクリームカラーを選択。カフェの雰囲気にピッタリです。

『セベラル』映画に出てきそうな日常のシンプルウェアを提案! 4枚目の画像

デザインはシンプルでどこか懐かしいような雰囲気ですが、こちらのフードジャケットは防水性をしっかりと取り入れた素材で作られています。触るとゴムのような高い撥水性を期待できるこだわりのテキスタイルを採用しています。

メンズでもプリントファブリック! 鮮やかな夏ならこのアイテム

サマーシーズンなら開放感あるスタイルや、明るいカラーのプリントデザインも取り入れやすい季節です。ロンドンブランドも夏を意識したプリントデザインが登場しています。

『ケイティ アーリー』見た目マイナス5度の清涼感プリントで夏気分!

『ケイティ アーリー』見た目マイナス5度の清涼感プリントで夏気分!

アバンギャルドなテキスタイルデザインなどで人気の高いブランド『ケイティ アーリー』は、ランウェイ会場を漁業に使う浮きや網でディスプレイしてコレクションをスタート。シャワーサンダルをベースに夏っぽくスタイリングされたモデルは、得意のプリントファブリックに身を包んでいました。

『ケイティ アーリー』見た目マイナス5度の清涼感プリントで夏気分! 2枚目の画像

明るく甘い色合いのピンクカラーをベースに、ブルーの魚がプリントされたデザインがインパクトあるコレクション。今回のメインモチーフとなった魚がぎっしりと描かれています。ヨーロッパの港町に近いリゾート地で着こなしたい夏っぽさがすてきです。

『ソンジオ』アーティスティックな柄で会場を魅了したコレクションとは?

『ソンジオ』アーティスティックな柄で会場を魅了したコレクションとは?

パリでコレクションの発表を行う韓国ブランド『ソンジオ』が、今シーズンはロンドンへ場所を移して登場。モードなジャケットスタイルをデザインするブランドが、夏らしい色合いと柄のパターンで、高いクリエイション力を発揮しています。

『ソンジオ』アーティスティックな柄で会場を魅了したコレクションとは? 2枚目の画像

タイトなシルエットのセットアップに取り入れられたのは、明るく鮮やかなブルーカラーをベースにした生地。そこにホワイトやブラックの流線的なプリントがデザインされています。まさに春夏に最適なライトなイメージと、芸術的な雰囲気が漂うモダンジャケットです。

『クリストファー レイバーン』近代的デザインブランド見せる魅力的はこれ!

『クリストファー レイバーン』近代的デザインブランド見せる魅力的はこれ!

日本はもちろん、世界的にも注目を集めるロンドンコレクションブランドのひとつ『クリストファー レイバーン』が行った新作コレクション。エシカルファッションの取り組みに力を入れているブランドの最新アイテムに注目してみましょう。

『クリストファー レイバーン』近代的デザインブランド見せる魅力的はこれ! 2枚目の画像

ストリートな着こなしで、タウンユースにもピッタリなアイテムが揃うコレクション。ブランドのイニシャルを取ったデザインのプリントTシャツも登場しました。大きくインパクトある配置とカラーで、夏の存在感が高まりそうです。

でもやっぱりストリートスタイルが好き! 大人なら上質感が重要

テーラー技術を得意とするブランドだけではなく、デザイナーブランドとしてオリジナリティーある上質感をコレクションに落とし込んだブランドにも注目。ストリートで着られるアイテムが豊富です。

『ケイスリーヘイフォード』テーラリングにエキゾチック感をプラス!

『ケイスリーヘイフォード』テーラリングにエキゾチック感をプラス!

元々はテーラー出身のデザイナーが手がけるラグジュアリーなブランドが『ケイスリーヘイフォード』。コレクションではメンズとレディース両方のアイテムを同時に発表しました。レディースだけでなく、メンズも大きく装飾的な異国感が感じられるアクセサリーをスタイリングしています。

『ケイスリーヘイフォード』テーラリングにエキゾチック感をプラス! 2枚目の画像

バンダナなどに取り入れられる柄としてお馴染みの、ペイズリー柄を採用したコレクションセットアップ。大きく丸みを帯びたペイズリーがシャイニーな生地の色合いと合わさり、ゴージャス感を出しています。インナーのニットによるラフな着こなしが印象的。

『ケイスリーヘイフォード』テーラリングにエキゾチック感をプラス! 3枚目の画像

股上が深くリラックスしてはけるスラックスタイプのパンツに合わせたのは、ラグラン仕様のシャツ。スタンドカラーとなっており、ベースボールシャツやラグランTシャツのようにコーディネート可能なアイテムです。異素材の組み合わせもおしゃれ。

『ルーダルトン』夏のストリート感をトレンドとともに提案!

『ルーダルトン』夏のストリート感をトレンドとともに提案!

去年の夏から賛成派と反対派に分かれたスタイリング方法であるサンダルとソックスの組み合わせ。今回のキャットウォークですべてのモデルに取り入れた『ルーダルトン』は夏っぽい開放感をディテールやカラーリングで表現しています。

『ルーダルトン』夏のストリート感をトレンドとともに提案! 2枚目の画像

ブルゾンには、まぶしいカラーリングが魅力的なイエローを採用し、ショートパンツはシースルー生地がサマースタイルな雰囲気を出しています。さらに刺しゅうでデザインされたエレガント感も大人なメンズファッションに役立つはずです。

『ルーダルトン』夏のストリート感をトレンドとともに提案! 3枚目の画像

パリッとした質感が風通しの良さを期待できるシャツはオーバーシルエットの脱力感あるコレクションです。ロゴプリントのTシャツと合わせれば、お手軽に休暇スタイルが完成します。ナチュラルな配色も魅力的です。

『リアムホッジ』ロゴデザインなどキャッチーなアイテムが人気!

『リアムホッジ』ロゴデザインなどキャッチーなアイテムが人気!

ロンドンコレクションメンズの中で、ストリートスタイルならチェックしたいブランドが『リアムホッジ』です。胸元に取り付けるエンブレムや動物をモチーフにしたロゴなど、アイキャッチとなるデザインに今期も注目です。

『リアムホッジ』ロゴデザインなどキャッチーなアイテムが人気! 2枚目の画像

MA-1スタイルのアイテムも、『リアムホッジ』がデザインすれば、ルーズでふっくらした仕上がりに。ユニークなシルエットが特徴的です。さらにバックスタイルにはアクセントとなる大きくデザインされたエンブレムが取り付けられています。

トレンドに関係なく着こなしたい! 自然体ハンサムブランド

トレンドを意識することも大切ですが、トレンドに左右されることなく長く愛用できるアイテムも同じくらい魅力的です。そんな年齢を重ねてもナチュラルに取り入れられるデザインにフォーカスしてみましょう。

『プライベートホワイトV.C.』夏の休暇を男前にアレンジするアイテムとは?

『プライベートホワイトV.C.』夏の休暇を男前にアレンジするアイテムとは?

高級ブランドが集まる地区のショップにて行われたプレゼンテーションは、会場に空港の搭乗ゲートが現れました。モデル全員が航空券を持っておしゃれにスタイリング。夏の休暇にピッタリのトレンドに左右されない普遍的な着こなしが提案されています。

『プライベートホワイトV.C.』夏の休暇を男前にアレンジするアイテムとは? 2枚目の画像

チノ素材のパンツやショーツにレザーシューズを組み合わせ、落ち着きあるアースカラーでまとめたアイテムはどれもベーシックなデザインで、年代を超えて着用し続けることが可能。長く愛用したいものばかりです。たくさん入るトートバッグも魅力的。

『プライベートホワイトV.C.』夏の休暇を男前にアレンジするアイテムとは? 3枚目の画像

ボタンダウンのシャツにニットウェアを合わせたクラシックなスタイリング。そこに合わせたネイビーのネクタイが大人のクールさをプラスしています。ハットも取り入れれば、イギリスっぽいバカンスファッションの完成です。

『イートウツ』丁寧な仕上げにデザイン力をプラスしたナチュラルブランド

『イートウツ』丁寧な仕上げにデザイン力をプラスしたナチュラルブランド

セヴィルロー出身のデザイナーが手がける、仕立ての良さを生かしたブランドとして注目度の高い『イートウツ』。今回のコレクションでは、ブルーカラーを巧みに取り入れたデザインです。ベーシックなアイテムにスパイスとして「青」を取り入れています。

『イートウツ』丁寧な仕上げにデザイン力をプラスしたナチュラルブランド 2枚目の画像

スラックスパンツに、ブルーのシャツ、デニムのスプリングコートで登場したベーシックなスタイル。スプリングコートはラグランスリーブ仕様となっており、ジャケットをインナーに合わせても肩の崩れを気にしない合理的なデザインです。

『イートウツ』丁寧な仕上げにデザイン力をプラスしたナチュラルブランド 3枚目の画像

夏場のリラックス感がしっかりとにじみ出てるコレクションです。デニムショーツに合わせたざっくりと編まれたサマーニットが思わず欲しくなる一枚。ブルーで統一されたボーダー柄に、デザイナーズブランドらしさを感じる飽きのこないスタイルです。

『オリバースペンサー』ダンディーな大人の余裕が感じられるラフさ加減!

『オリバースペンサー』ダンディーな大人の余裕が感じられるラフさ加減!

日本でもお馴染みのアートや建築などからインスピレーションを取り入れる『オリバースペンサー』は世界的にも人気のブランドです。今回のコレクションも、ブランドが多用するアースカラーを中心に着心地の良さそうなアイテムが展開されています。

『オリバースペンサー』ダンディーな大人の余裕が感じられるラフさ加減! 2枚目の画像

ナチュラルな雰囲気を受けるカラーの組み合わせで作られたセットアップは、ショーツでリラックスしたスタイリングが可能。程良くテーラリング感があり、ラフに着こなせるアイテムが『オリバースペンサー』らしさを出しています。

日本でもお馴染み! ヴィンテージ感プンプンのコレクションアイテム

メンズファッションでのデザインのヒントはヴィンテージアイテムから取り入れていることが多いですが、これはイギリスブランドも同じです。ヴィンテージに魅せられたデザインにワクワクすることでしょう。

『ナイジェルケーボン』本格派! 砂漠で活躍する軍隊がデザインソース

『ナイジェルケーボン』本格派! 砂漠で活躍する軍隊がデザインソース

ヴィンテージアイテムのコレクターとしても知られるデザイナーは写真中央のお方。個人的に所有するビンテージアイテムの数は4000点を超えるといわれている正真正銘のヴィンテージマニアとしてメディアでもよく取り上げられています。

『ナイジェルケーボン』本格派! 砂漠で活躍する軍隊がデザインソース 2枚目の画像

砂漠で活躍する通称「デザート・ラッツ」と呼ばれた砂漠でのイギリス軍が、デザインのテーマとなっている春夏コレクション。暑くて過酷な砂漠地帯で着用されていた当時の生地などを参考にデザインされています。サラッとした肌触りのセットアップが特徴的です。

『ナイジェルケーボン』本格派! 砂漠で活躍する軍隊がデザインソース 3枚目の画像

『ナイジェルケーボン』らしさといえば、ヴィンテージデザインを取り入れた、当時の素材の風合いを大切にすること。そのため、デザインされたアイテムは洗い加工が施されたり、生地を忠実に再現したりと触った時の感触で質の違いがわかります。

『ナイジェルケーボン』本格派! 砂漠で活躍する軍隊がデザインソース 4枚目の画像

『ナイジェルケーボン』が手がけるスポーティデザインは、軍隊のスポーツジムをイメージした「THE ARMY GYM」と呼ばれるライン。ここでもビンテージのスウェットアイテムなどがデザインヒントとなっています。

『ベルスタッフ』ライダースの老舗ブランドが作る変わらないスタイル

『ベルスタッフ』ライダースの老舗ブランドが作る変わらないスタイル

ライダースジャケットやフライトジャケットを作り続けるブランドとして、スタイリッシュなジャケットを世に送り続けているブランドが『ベルスタッフ』。ヴィンテージショップに並んでいてもおかしくない昔と変わらない上質感が人気です。

『ベルスタッフ』ライダースの老舗ブランドが作る変わらないスタイル 2枚目の画像

ピタっとしたライダースジャケットだけでなく、ナイロン系素材を使ったアウターなども『ベルスタッフ』が得意とするアイテムです。大人カジュアルなスタイリングにピッタリのビンテージ感ある雰囲気が魅力的です。

『ベルスタッフ』ライダースの老舗ブランドが作る変わらないスタイル 3枚目の画像

ブラックのレザーをベースに、今シーズンはイエローやレッドなどの差し色が効いたデザインが目立った『ベルスタッフ』のコレクション。映画に出てくる演出の砂やホコリっぽさもクールなイメージに変えてしまうデザインです。

『ベルスタッフ』ライダースの老舗ブランドが作る変わらないスタイル 4枚目の画像

こちらはホワイトカラーのレザーにネイビーとレッドのアーガイル柄を採用した新作コレクション。肩のキルティングなど、ライダースジャケットとしての必要最低限なディテールを残しつつ、スタイリッシュなシンプルデザインに仕上げています。

アートとトラッドがミックスされたロンドン! 取り入れたいのはどんなスタイル?

アートとトラッドがミックスされたロンドン! 取り入れたいのはどんなスタイル?

テーラリングを得意とするブランドが数多く参加する特徴のあるロンドンコレクションメンズですが、もちろんアーティスティックなデザイン重視のブランドも揃う、見どころ満載の新作発表イベントです。イギリスらしいシンプルなアイテムを長く愛用することも、デザイナーズブランドの新しさを追い求めることも可能。多彩なブランドが集まるロンドンコレクションメンズで自分の注目したいブランドを探してみましょう。今から半年後、ショップに並ぶ新作で欲しいものが見つかるはずです。


ロンドンコレクションに関する記事はこちらからもご一読ください。
最新ロンドンコレクション!英国スタイルの新作速報

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    傑作ビジネスバッグ20選。大人顔の人気ブランドをセレクト

    傑作ビジネスバッグ20選。大人顔の人気ブランドをセレクト

    ビジネスマンの相棒であるビジネスバッグは、毎日使うからこそデザインや収納力、ブランドなど細かい点までこだわりたいもの。選ぶ際の基本や人気の逸品をお届けします。

    Freeamericanidol編集部

    アウトドアブランドのパンツを街ではく3つのポイント

    アウトドアブランドのパンツを街ではく3つのポイント

    アウトドアのボトムスはアクティブ性能が信条だ。しかし、街ではくとなればちょっとした場違い感が出かねない。そんな懸念点をクリアしたアイテムと着こなしを紹介しよう。

    菊地 亮

    大人の必需品。オックスフォードシャツの着こなし方と注目ブランド

    大人の必需品。オックスフォードシャツの着こなし方と注目ブランド

    オーセンティックなアイテムこそ奥が深いのがメンズファッション。男の定番服であるオックスフォードシャツも、その特徴と選び方を知っておけばより品良く着こなせます。

    平 格彦

    季節の変わり目に活躍する6つのライトアウターとその着こなし方

    季節の変わり目に活躍する6つのライトアウターとその着こなし方

    季節の変わり目に気をつけたいのが寒暖の差。そこで、サラッと羽織れて荷物にもなりにくいライトアウターこそ渡りに船。さらに旬もアピールできたら大いに助かるはず。

    菊地 亮

    ジムの服装って何が正解? アイテム選びのポイントとおすすめ15選

    ジムの服装って何が正解? アイテム選びのポイントとおすすめ15選

    健康志向が高まり、ライフスタイルの一部としてジムに通う人が増えています。それに伴い、ジム用のウェアもどんどんおしゃれに。今どきのジムスタイル事情をお届けします。

    近間 恭子

    BACK