イージーパンツのおすすめと大人のコーディネート集

イージーパンツのおすすめと大人のコーディネート集

はき心地がよく快適なイージーパンツは部屋着としてはくだけではもったいない。リゾートスタイルやアウトドアスタイルにハマるこの夏必須のアイテムです。

Freeamericanidol編集部

2018.05.21

ボトムス
イージーパンツ

イージーパンツとは

イージーパンツとは、ウエストの部分がゴムやひもになっていて、締め付け感が少なくゆったりと着用できるパンツです。素材はコットンなどやわらかい素材を使用していることが多いのではき心地最高。また、ウエスト部分はゴムやひもになっているのでベルトを通す必要性がなく楽ちんです。スウェットパンツほど、ラフになりすぎず、ちょっとした外出やタウンユースはもちろんリゾートファッションにも気軽に取り入れられる使い勝手も魅力。

イージーパンツの特徴

まずはイージーパンツの特徴について説明します。キーワードは楽なはき心地、色や柄の種類の豊富さ、レングスのバリエの多さ!

特徴1ウエスト部分がゴム又はひも

先程ご紹介したとおり、イージーパンツは、ウエスト部分がゴムやひもになっているので締めつけ感が少なく、ゆったりとした着用感が魅力です。

また、素材もやわらかめのものが多いので、家でのリラックスコーデにもおすすめなボトムスになります。また、バーベキューなどアウトドアコーデにも合うので、使い勝手抜群です。

特徴2色や柄が豊富

イージーパンツの種類は、ブラックやグレー、ネイビーなどベーシックなカラーにくわえ、カモフラ柄やレッド、ブルーなどのビビッドカラーなど、色柄ともに豊富です。

単調でシンプルになりがちなボトムスですが、イージーパンツなら、色や柄の種類が豊富なので、挑戦しやすいですよ。

特徴3レングスのバリエも豊富

ショートパンツ、アンクル丈、七分丈パンツとレングスの長さが豊富に揃っているイージーパンツ。また今季らしいワイドなシルエットのタイプも多くリリースされています。

レングスもシルエットもバリエーションが豊富に揃っているので、自分のスタイリングにマッチするレングスを選んで。できることなら、きちんと試着してから購入することをおすすめします。

イージーパンツの歴史

もともと、イージーパンツは、若者向けのリゾートファッションでした。ウエストがゴムになっており、締めつけがなくルーズな着用感が人気を博し、中高年の間で人気のボトムスとなりました。そのリラックスできる着用感はルームウェアとしても最適で、日常的に親しまれるように。

近年イージーパンツはさまざまなカジュアルシーンで取り入れられるようになりました。その火付け役になったのは、『ユニクロ』の暖パンでしょう。それ以降、イージーパンツはトレンドを取り入れながら進化しています。リブ裾、ストレート、テーパードなどと種類も豊富でおしゃれなデザインも増えました。

現在、ワークスタイルはもちろん、リゾートスタイル、アメカジなど、さまざまなシーンで取り入れられているイージーパンツ。コーディネートの方法は無限大です。シルエットもデザインも幅広く揃っているので、コーディネート次第ではどんなシーンでも取り入れられます。

イージーパンツの着こなし方 3つのヒント

ラフな印象のイージーパンツですが、着こなし次第でおしゃれに決まります。ここでは、着こなしのヒントを紹介します。

ヒント1シーンに合わせてカラーや柄を選ぶ

イージーパンツは、カジュアルな印象が強いですが、色やデザインで印象がガラリと変わります。まずはシーンを考え、デザインを選んでみましょう。タイトなシルエットでシックな柄のイージーパンツなら、スマートな着こなしにチェンジできます。

タイトなシルエットのシックなチェック柄ならまったくラフな印象なし。ネイビーのニットを合わせた落ち着きのある着こなしは、おしゃれな雰囲気に決まっています。

ヒント2トップスはきれいめに

カジュアルなイージーパンツなので、普段使いする際はトップスをきれいめにするのが◎。実はジャケットと相性抜群です。トップスにかっちりしたものをセレクトすれば、スタイリッシュにも着こなせますよ。

ジャケット×イージーパンツの着こなしならこんなにもスタイリッシュに決まります。その際、パンツは細身を選ぶのがおすすめ。また革靴を合わせて、足元をかっちり締めたのもポイントです。

ヒント3シルエットを重視してスタイリング

イージーパンツといえばスウェットのようなラフなものを想像しがちですが、スラックスのようなものからテーパードパンツのようなものまで、デザインが豊富です。シルエットを重視し、トップスとのバランスを考えて着こなすのがポイント。

ゆったりしたスラックスイージーパンツに、ロングアウターを羽織ったルーズな着こなしもやぼったく見えないのは、パンツのシルエットのおかげ。裾にかけてテーパードがかかっているためバランスよくまとまっています。

イージーパンツの選び方

選び方1コーディネート後の丈をイメージする

コーディネートの仕上がりを決めるといっても過言ではないのが、丈感。タイトなトップスでまとめたのにルーズなイージーパンツではもったいない。アンクル丈のものや七分丈のものなどで、すっきりとまとめることでより軽快に仕上がります。

くるぶしが見えるアンクル丈は今季らしい一本です。スリッポンを合わせて軽快に着こなすのがおすすめです。コーディネート全体もすっきりした印象に。

選び方2ダボつかせるならしっかりと

微妙な丈感が、一番ダサく見えてしまうイージーパンツ。ダボつかせて着用するならきっちりダボつかせたほうがカジュアルに見えます。ラフにカジュアルに着こなす予定なのに若干丈が短い。というのはとっても残念です。お手持ちのコーディネートにぴったりの長さをチョイスすることが大切です。

ルーズにだぼっとはきたいなら、スニーカーにかかるくらいの着丈が◎。裾にボリュームが出て、バランスがとりやすくなります。男らしい印象に。

選び方3個性を出すなら太めのラインで強調

トレンドに挑戦したいならワイドシルエットがおすすめ。ざっくりとしたトップスにワイドなイージーパンツを組み合わせることで、トレンド感のある着こなしに。

ワイドシルエットが今季らしさ満点。着丈はくるぶしが見えるアンクル丈をチョイスするとバランスよく着こなせますよ。足元の抜け感がポイントです。

イージーパンツ おすすめ10選

では、さっそく今季おすすめのイージーパンツを紹介します。デザインやシルエット等種類が豊富なので、自分に好みのアイテムが見つかるはず!

アイテム1『レイジブルー』

今トレンドのワイドシルエットがきれいなイージーパンツ。着丈がアンクル丈のものは、春夏は使い勝手がよさそうです。接触冷感というひんやりとした肌触りの機能で夏場を快適に過ごせるように工夫されているのもうれしいです。

アイテム2『ビューティー&ユース ユナイテッドアローズ』

こちらはシルエットがきれいなイージーテーパードパンツ。テーパードパンツは細身のシルエットが大人らしい印象を与えてくれます。軽量で動きやすいのにきれいなシルエットがスタイリッシュさをプラス。トップスを選ばず着用できそうなイージーパンツです。

アイテム3『ステュディオス』

快適なはき心地と洗練された表情を加えた『ステュディオス』のイージーパンツ。きれいなテーパードシルエットと光沢のある素材感が上品な印象です。スタイリッシュな着こなしにおすすめ。

アイテム4『シップスジェットブルー』

リネン素材のリラックス感あふれるきれいめパンツ。リネン特有の光沢感が上品な雰囲気を醸し出しています。ヒップにゆとりを持たせたテーパードシルエットでゆるくなりすぎず、それでいてはき心地のいいパンツです。

アイテム5『アーバンリサーチサニーレーベル』

トロピカルウール生地にセンタープレスが映える、きちんと感のある1本。きれいめコーデと好相性で、まるでスラックスのような感覚ではきこなせるのが魅力です。ウエストは紐なしのゴム仕様なので、タックインスタイルも楽しめるでしょう。

アイテム6『ジャーナルスタンダード』

『ジャーナルスタンダード』のイージーパンツは、リラックス感のあるはき心地と、カジュアルすぎない上品な面持ちを兼ね備えているところが魅力。暑い季節でもべたつきにくい太番手のリネンキャンバス素材です。

アイテム7『マッキントッシュ フィロソフィー』

ベイカーパンツのディテールを取り入れたイージーパンツは、トレンドのミリタリーを意識したアイテム。高密度のコットンリネンウェザークロスを使用しているので、男らしい着こなしとの相性は抜群です。ハリ感のあるしなやかな光沢が上品な印象もプラス。

アイテム8『ナノ・ユニバース』

こちらはオールシーズン着用できそうなTR素材のイージーパンツ。カジュアルにも、きれいめスタイルにもおすすめできる一本です。スニーカーコーディネートでスポーツミックスにもおすすめですが、ローファーなどで大人カジュアルに仕上げても◎。

アイテム9『グローバルワーク』

デニムのナチュラルな風合いが特徴的な『グローバルワーク』の1本。優れた通気性を誇るコットンリネンが、汗ばむ季節も快適な着心地を約束してくれるでしょう。ポリウレタン混紡でストレッチ性も申し分なし。白シャツなどと合わせたクリーンな着こなしがおすすめです。

アイテム10『コーエン』

ビンテージライクなイージーショーツ。着古したような絶妙なカラーリングのサマーコーデュロイがレトロムード満載です。Tシャツやアロハシャツと合わせてとことんサーフスタイルを楽しむのがおすすめ。もちろん、デイリーカジュアルな着こなしとも好相性です。

    KEYWORD関連キーワード

    BACK