メンズの新定番。リブパンツはスニーカーと合わせる!

メンズの新定番。リブパンツはスニーカーと合わせる!

裾をリブで絞ったリブパンツは、足元を見せてくれるのでスニーカーとの相性は抜群。上品でありつつもスポーティーさも演出できる、2つのアイテムの着こなしを紹介します。

TRYOUT

2016.06.22

ボトムス
スウェットパンツ
スニーカー
夏の着こなし・コーデ

リブパンツとスニーカーの着こなしの魅力

昨年から人気のリブパンツは、裾回りがすっきりとしたシルエットが魅力。スニーカーとの相性がよく、リブパンツ×スニーカーの組み合わせは今季イチ推しです。

魅力1コーデ全体がスポーティーな印象

リブパンツは、そもそもジョギングランナーが動きやすいように、と作られたもの。そんな出自からスポーティーな印象があり、近年流行のスニーカーとの相性はばっちりです。シンプルなコーデでもメリハリを持たせつつ、初夏らしい爽やかさも感じさせてくれます。

シンプルな着こなしでも、パンツのシルエットが今年らしいのでおしゃれ感満載。リブパンツ×ローカットスニーカーで軽快に着こなせば、爽やかなスポーティーコーデの完成です!

魅力2スニーカーを引き立たせるスタイリング

裾を絞ったリブパンツは、足元に生地がたまることがありません。そのため、スニーカーのシルエットをきれいに見せることができます。スニーカーをコーディネートの主役にしたい着こなしに、リブパンツはもってこいなんです。

リブパンツとスニーカーを組み合わせたグッドサンプルがこちら。パンツの裾が絞られている分、スニーカーのボリューム感や色みが、より際立っています。

魅力3シルエットや柄で上品な印象にもなる

リラックス感があり、カジュアルな印象のリブパンツ。細身のシルエットを選ぶことで、きれいめな印象を演出することができます。また、ストライプやウィンドペン柄をチョイスすれば、エレガントな雰囲気を持たせることもできます。それをあえてスニーカーでハズすのが、今っぽくておしゃれです。

ウィンドペン柄のリブパンツはエレガントでスタイリッシュ。柄が違うだけでガラッと雰囲気が変わるんです。シンプルなスニーカーを合わせれば小ギレイな雰囲気にも仕上がります。

ポイントを指南! リブパンツとスニーカーの着こなし方

リラックス感と品の良さを兼ね備えたリブパンツ。着こなし次第でアクティブにもエレガントにもなる、その使い勝手の良さの秘訣を紹介します。

ポイント1素材感と裾回りのシルエットが決め手です

ジャージーやウールなど、素材はさまざまですが、リブパンツはストレッチ性があるために動きやすく、はき心地がいいのです。また、テーパードで、裾回りがすっきりしているので、洗練された印象を与えてくれます。

リブパンツは、裾に向かって細くなるテーパードシルエットがポイント。それだけでコーディネートが洗練されて今年らしく見違えます。タイトなものを選べば、スタイリッシュにも決まりますよ。

ポイント2清潔感があるスタンダードなタイプが最適

足のラインがきれいに見えるシンプルなリブパンツには、スタンダードなスニーカーがぴったり。足元に白を持ってきて清涼感を演出するのもいいですし、リブパンツと同系統のカラーで合わせると、足が長く見える効果も期待できます。また、スニーカーのシルエット全体を見せるために、ハイカットを選択するのも◎。

着回しやすさを重視するなら、シンプルできれいなシルエットを選ぶのがおすすめ。シックなダークネイビーならカジュアルに転ぶことなく、大人っぽく着こなせます。

ポイント3バランスのよさはコーデ全体の量感が決め手

リブパンツの特徴でもあるゆったりとしたはき心地を生かしつつ、スニーカーのスポーティーさを保つには、全体の量感が欠かせません。カジュアルに仕上げたいときはリラックス感のあるトップス。逆にスポーツ寄りにしたいなら少し細身のシルエットを心がけ、足元に重心を置いてみるといいでしょう。

ゆったりしたはき心地のカジュアルなリブパンツだからこそ、全体のバランスが肝心。上下ルーズでは野暮ったくなるので、メリハリをつけてバランスを調整すること。

ライターが厳選。おすすめのリブパンツとスニーカーの組み合わせ

近年ブームが続くスニーカーと昨年より人気を集めるリブパンツの組み合わせは今や王道。旬なこの2つのアイテムの組み合わせをコーデにうまく取り入れると、感度の高い着こなしを楽しめるはずです。

組み合わせ1アウトドア×スポーツのアクティブなコンビネーション

リブパンツとスニーカーの共通点の1つはスポーティーさ。アウトドアブランドのリブパンツと定番ランニングシューズを組み合わせれば、コーデがいつもよりアクティブな印象に変化します。

『グラミチ』

アウトドアブランドの『グラミチ』のリブパンツは若干細めのシルエット。生地にクールマックスを使用しているので涼しくて軽い、夏場にはもってこいのはき心地です。ライトな見た目がスポーツ感を与えてくれます。

『ニューバランス』

『ニューバランス』のランニングシューズは、程よくボリューム感があり、リブパンツとの相性が抜群。お互いのよさを引き出し合ってくれるでしょう。足元に色みをさして、アクセントにするのもいいですね。

組み合わせ2シンプルにまとめて上品さUP

シンプルかつ上品なイメージに仕上げるには『アディダス』のスタンスミスと、『マージン』のリブパンツの組み合わせがおすすめ。カジュアルな要素を減らしつつ、デザインにドレスの要素を少し取り入れていることがポイントになります。

『マージン』

リラックス感がありカジュアルな印象のリブパンツでも、プリーツが入ることにより上品に。カジュアルなウェアはもちろん、ジャケットやシャツなどのきれいめなアイテムにも合わせられる優れものです。

『アディダス』スタンスミス

こちらも定番となったスニーカー『アディダス』スタンスミス。コート系のシューズはほかのスニーカーよりカジュアルさが少ないので、スラックスやジャケットなど品のあるパンツとの相性が良いのです。

組み合わせ3異素材ミックスで抜け感のあるコーデ

スウェットやコットンなどの柔らかい素材のリブパンツに、あえてシューズにレザーを取り入れてみる。大人の上品さを手に入れながらも、同系色で統一感を出すとこなれ感がUPします。

『ファクトタム』

テーパードがかかったリブパンツはリラックス感を残しつつ、シルエットがきれいに見えるのが特徴。コットンを使用した生地がやわらかく、革アイテムとの異素材ミックスでワンランク上のコーデを構築するのにぴったりのアイテムです。

『コンバース』ジャックパーセル レザー

カジュアルシーンで近年人気を集めているジャックパーセル。レザー仕様をチョイスすることで上品さがプラスされます。リブパンツからスラックスまでさまざまなパンツと相性がいいので、1足持っているだけで着回しのバリエーションが豊富になります。

好サンプルに学ぶ。リブパンツとスニーカーの着こなし

スニーカー×リブパンツのシンプルな組み合わせは、トップスやカラートーンを変えると印象もぐっと変わります。丈感や量感も含め、おしゃれ上級者のコーデを参考にしてみては。

『アディダス』のライン入りジャージリブパンツと、『コンバース』のオールスターという定番同士の着こなしです。リブパンツならではのすっきりとしたシルエットが、スニーカーの印象とマッチしています。また、ダークトーンで構成した着こなしのなかに、インナーの白Tシャツがアクセントとなっている点も参考になりますね。

スウェット素材のリブパンツとベルクロスニーカーを合わせてリラックス感を出しつつ、トップスはミリタリー系でコーデを引き締めています。ピッチの太いボーダーで、夏っぽい爽やかさをプラスしているあたりもお上手。

Tシャツ×パーカーのラフな着こなしを爽やかな白スニーカーとリブパンツを合わせることでワンランク上のシンプルコーデに仕上げました。丈感でもリラックス感を演出するのは上級者の技。

男らしい武骨なミリタリー系のシャツは第1ボタンまでしめることで品よく仕上げています。そこにやわらかな印象のリブパンツで、ラフな印象も加味していますね。足元に白をまとめ、色みのメリハリを表現することでやぼったさを解消しているあたりも見習いたいポイント。

デニム生地のリブパンツの足元に合わせているのは、同系色のスニーカー、シャツも同じトーンでまとめた今らしい雰囲気の着こなしです。男らしい印象のデニム素材ですが、リブパンツならば軽やかに見せることも可能。カジュアルながらもどこか新しい、初夏にはぴったりのコーディネートです。

    KEYWORD関連キーワード

    BACK