ペインターパンツ|人気ブランドと季節別にコーデ解説

ペインターパンツ|人気ブランドと季節別にコーデ解説

ワークウェアの一種でアメカジの定番アイテムの1つであるペインターパンツ。特徴的なデザインだが、普段の着こなしにも取り入れやすく、動きを出すにはうってつけなのだ。

大中 志摩

2017.02.02

ボトムス
ワークパンツ

ペインターパンツとは?

ペインターパンツとは、画家やペンキ職人などがワークウェアとして使用しているパンツ。金づちをつるすためのハンマーループやパッチポケット、スパナポケットなど作業を効率的に行うためのディテールが搭載されているのが特長だ。基本的には、デニムやヒッコリー等の丈夫な素材を使用し、動きやすいようにややルーズなシルエットが採用されている。

ペインターパンツが大人に愛される理由

ルーズなシルエットだが比較的シンプルな作りとなっているペインターパンツ。そのため、ハンマーループやパッチポケットなどの特長的なディテールがアクセントになり、着こなしに動きをつけやすい。また、アメカジの定番アイテムとして大人でも着こなしに取り入れやすく、それゆえに高い支持を集めているのだ。

ペインターパンツをはくならこのブランドがおすすめ!

例年に比べ今シーズンはさまざまなブランドがペインターパンツをリリースしている。ここでは、大人にもハマるアイテムを厳選し紹介していく。まずは、この5本をチェックして。

アイテム1『リー』×『アーバンリサーチ ドアーズ』

『リー』と『アーバンリサーチ ドアーズ』のコラボモデル。ナチュラルをキーワードに服と自然をつなげたいという願いが込められている。付属のポケットはクラッチバッグとしても活用可能。はきこむことで風合いの出る1本に仕上がっている。

アイテム2『スミス』×『コーエン』

アメリカの老舗ブランド『スミス』に別注をかけたデニム生地のペインターパンツ。ワークウェアブランドならではのしっかりとしたつくりに目が引かれる。すっきりとしたシルエットのためさまざまなコーデに合わせやすい1本だ。

アイテム3『ヒステリックグラマー』

オールドアメリカンなレトロ感が魅力的なペインターパンツ。ブランドのモットーである細部の細部にまでこだわる本格仕様を凝縮。裾をロールアップして着用できるように、脇線縫い目は丈夫な3本針巻縫いで仕上げている。

アイテム4『エドウィン』

オーセンティックなハンマーループやスケールポケットなどヴィンテージのディテールワークと素材にこだわった本格的な1本。要所に現代的なアレンジを加え、今のスタイルにもすんなり馴染む仕様に。

アイテム5『ドゥニーム』

70年代のワークパンツをモチーフに、腰回りをすっきりと仕上げた。サイドポケットやハンマーループ、バックポケットのスレキ補強など、ペインターパンツのディテールは残しつつ、今っぽい表情にアレンジ。

季節別に提案。ペインターパンツのコーデ集

季節を選ばず、通年着られるところもペインターパンツの魅力。そこで、今の時期に参考にしたい秋冬コーデと、暖かくなってから挑戦したい春夏コーデに分けて紹介していこう。

▼秋冬編:トップスとのバランスが肝。メリハリをつけてバランス良く

ペインターパンツは、ワイドなシルエットでボリュームがある分、厚手のニットやアウターと合わせる際のバランスが重要。上下ボリューミーで重たくなりすぎないよう、メリハリをつけることがポイント。

カジュアルなイメージのペインターパンツだが、対照的なテーラードジャケットを合わせることで、絶妙なバランス感をもった着こなしに。程よいゆるさのあるジャケパンスタイルが完成する。

ホワイトカラーのパンツは秋冬にもおすすめ。タートルネックや革靴、ハットなどシックなものをチョイスすれば、ペインターパンツといえど上品な雰囲気を演出してくれる。

チェックシャツとデニムペインターパンツの組み合わせは、古着好きにはたまらない着こなしだろう。そんなコーデのアウターは、コテコテになりすぎないようクリーンなホワイトのジャケットがベスト。

シルエットや色合いでメリハリをつけないときは、アースカラーでまとめるのが◎。落ち着いた雰囲気をかもし、どことなく周りに安心感を与えてくれるだろう。

ブルー×ホワイトの爽やかな着こなし。若々しくなりすぎないよう、ボトムスにゆるさをもたせることでこなれたスタイリングに昇華した。デニム素材の色落ち楽しみながら、より味を出していきたい。

▼春夏編:シンプルな着こなし+aの小物使いで差をつける

春夏はTシャツやシャツなどシンプルなアイテムを合わせて、ペインターパンツのワークな雰囲気を生かすのがおすすめ。ハットやニット帽などの小物を加えれば、よりおしゃれに仕上がる。

ペインターパンツをパナマハットとブーツでワークテイストに味付け。Tシャツとのシンプルな組み合わせは、存在感抜群のアクセを1点付けで男らしいアクセントを取り入れた。

土臭い黄土色のペインターパンツはワークな雰囲気たっぷり。その雰囲気を存分に生かすため、ほかはあえてシンプルに。男らしさと渋さが漂う大人な着こなしに仕上げた。

ボリューム感たっぷりのペインターパンツがインパクト大。裾が擦れるくらいの着丈に設定した太めのロールアップも存在感を放っている。シャツもオーバーサイズでとことんルーズに。

細身のリネンシャツとルーズなペインターパンツでAラインシルエットに着こなしたワークスタイル。トップスをタイトにすることでボトムのボリュームが強調されて、好バランスに仕上がっている。

ルーズな白のペインターパンツに細身のデニムシャツをチョイスして、バランスよく着こなしたグッドサンプル。裾をロールアップして抜け感を演出し、爽やかにまとめている。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    黒リュックのおすすめ20選。カジュアルからきれいめまでピックアップ!

    黒リュックのおすすめ20選。カジュアルからきれいめまでピックアップ!

    リュックの色に迷ったら、黒をセレクトするのが正解。カジュアル、きれいめ、3WAYという3つのテーマからおすすめしたい黒リュックを厳選しました!

    Freeamericanidol編集部

    ネイビーのパンツで作る、大人のスマートコーデ12選

    ネイビーのパンツで作る、大人のスマートコーデ12選

    上品にもカジュアルにも着こなせる、万能ボトムスの1つであるネイビーカラーのパンツ。大人の着こなしにこそおすすめしたい理由を、コーディネート術とともに伝授します。

    近間 恭子

    人気ショップがこぞって指名! ユニバーサルオーバーオールの勢いが止まらない

    人気ショップがこぞって指名! ユニバーサルオーバーオールの勢いが止まらない

    アメリカの老舗ワークウェアブランド『ユニバーサルオーバーオール』の人気が急騰しています。その理由を解説しつつ、定番品・人気アイテム・別注モノを一挙に紹介します!

    平 格彦

    ドクターマーチンの3ホールが、どんな服装とも相性抜群

    ドクターマーチンの3ホールが、どんな服装とも相性抜群

    『ドクターマーチン』は誰もが知るシューズブランドの名門。数多くの傑作を世に送り出してきた同社ですが、とくに大定番の3ホール(1461)は大人の日常にピッタリです。

    山崎 サトシ

    ダントンといえばウールモッサ。洗練された名作アウターは大人コーデと相性抜群!

    ダントンといえばウールモッサ。洗練された名作アウターは大人コーデと相性抜群!

    シンプルな見た目とスマートなサイズ感、さらには高い保温性を誇る『ダントン』のウールモッサ。今季も要注目の素材ならではの魅力や、同素材のアウターを一挙ご紹介。

    Freeamericanidol編集部

    マフラー巻き方の基本。6パターンのプロセスを紹介

    マフラー巻き方の基本。6パターンのプロセスを紹介

    寒い日ばかりが続く今日この頃、マフラーが手放せませんよね。そこで、毎日のマフラー使いのバリエーションを増やすべく、即マネできちゃう基本的な巻き方をご紹介します!

    編集カツラガワ

    BACK