旬度満点!スラックス×スポーツサンダルの名コンビ

旬度満点!スラックス×スポーツサンダルの名コンビ

活発になる夏のコーデは、動きやすさが重要。とはいえ、あまりにも傾倒してはファッション性に欠けてしまう。そこで、スマートさと解放をかなえる理想の関係を提案したい。

菊地 亮

2016.06.12

サンダル
スポーツサンダル
スラックス
夏の着こなし・コーデ

”リラックスしながらもおしゃれ”こそ、スラックスとスポーツサンダルの魅力

暑さ対策と動きやすさへの対応は、夏のスタイリングにおいて野放しにできない問題。手っ取り早い対応策としては、アウトドアやスポーツといった他フィールドアイテムとの融合が考えられる。しかし、あくまで我々の活動範囲は都市。あまりにも頼りすぎれば都市スタイルとして機能しなくなってしまう。

重要なのは双方の融合のバランス。そこで、スラックスとスポーツサンダルだ。足元で開放感と自由を満喫しながら、見え隠れするルーズさを容姿端麗なスラックスでフォローするまさに最高の関係。トレンドのスポーツミックスを代表する着こなしとしても知られるこちらを、ぜひ一度試してみて。

ポイントを指南! スラックスとスポーツサンダルの着こなし方

トレンドとはいえ、ただやみくもに合わせていいわけではない。どれだけ都会的に、バランスのいいスタイリングを作れるか、そのヒントを3つの視点からひも解いていきたい。

ポイント1短丈スラックスで自由を高める

スラックスで大人としての体裁を整えるとはいえ、いつもの気分でフルレングスのアイテムをチョイスしては、お堅い印象を生み出しかねない。

サンダルのよさを巧みに引き出しながら、かつきれいめに合わせるなら八〜九分丈のアイテムがベスト。その小さくない配慮によって、トップスの自由度も確保できる。

ポイント2両者のカラーを統一する

とことんカジュアルなサンダルと、ドレスコードの一翼を担うスラックス。そのギャップが着こなしのポイントだが、逆を言えばネガティブな違和感を生む要因にもなる。

違和感なく全体へ落とし込むなら、カラーをシンクロさせるのが一番の近道。ブラックやグレーを採用すれば、より大人っぽく見せられる。

ポイント3スラックス風でシンクロ率を高める

スラックスではやはり開放的になれない、なんて人も中にはいるだろう。ただ、スラックス風のボトムスなら受け入れられるはずだ。

たとえば、昨今では市民権を獲得したイージーパンツ。その筆頭であるリブパンも、スラックス仕様であれば、スポサンと引かれ合いながらシュッとした見た目をキープできる。

ライターが厳選。おすすめのスラックスとスポーツサンダルの組み合わせ

スラックスやスポーツサンダルといっても、形や色などバリエーションはさまざま。どれを選ぶかは大いに悩みどころだが、代表的なベストカップルをもとにその最適解を探る。

組み合わせ1▼見た目も機動力も最高なコンビはこれ!

スラックスは、ひっそりとテーパードを入れたスリム系。そのうえ、短丈で軽量化もさせている。そこへ細ストラップのスポサンを合わせれば、適度な肌の露出もあり最高のスマートさとすがすがしさを得られるはず。

『テバ』

ブランド独自のストラップシステムが足とサンダルをしっかりとホールドしてくれる名作、ハリケーン XLS。カラーやリップストップナイロンストラップでミリタリー感を表現している。

他のモデルも探す:
スポサンのルーツ。テバの売れ筋モデル10

『ビューティー&ユース ユナイテッドアローズ』

ルックスはスリムの正統派スラックス。しかし、ワンタック入りでウエスト回りにゆとりを持たせ、裾をアンクル丈に設定したことで軽やかな印象に。今の季節にもぴったりハマる。

組み合わせ2▼ヌケとシメを心得たモノ同士、ウマが合う

ふたつの要素をバランスよく取り入れるのは骨が折れる。ただ、足全体をストラップでおおったしっかりめのサンダルと、抜け感のある美パン、双方の要素を持ち合わせたアイテム同士ならミックスは簡単だ。

『シャカ』

90年代後半のアウトドアブームをリードした『シャカ』。惜しまれつつ休止になったものの、昨今ソールやストラップの強度を高めながら復活。こちらは名品のひとつに数えられる“ラリー”。

『マージン』

このうえなくスリムに仕上げられたイージーパンツ。使用している生地は、ストレッチウールトロを使っているため、美しい見た目を維持しながらストレスを感じることなくはける。

組み合わせ3▼機能性とクラシック感の融合が今っぽい

クラシックなアイテムをどれだけ都会的に見せられるか、が今のメンズシーンでは求められている。そこで、昔ながらの“ツッカケ”風サンダルをハイスペックで仕上げた一足と、タック入りながら時流に合わせたワイドシルエットで作られたスラックスは格好の的。

『ピープル フットウェア』

『ピープル フットウェア』は、2015年にカナダのバンクーバーで立ち上げられたばかりのシューズブランド。こちらには、軽量性と通気性を高めたアッパー素材など、最新の機能が満載だ。

『イロコイ』

同ブランドではお馴染みの、ポリエステルとレーヨンを絶妙の配分で織り上げたTR素材を使用したワイドスラックス。ドライなタッチにサルエルシルエットで、最高のラクを手にできる。

好サンプルに学ぶ。スラックスとスポーツサンダルの着こなし

これまでは、ボトムスとシューズとの関係性について述べてきたが、ではトータルで考えた場合にどのようなスタイリングが理想か。ちまたのファッショニスタたちの着こなしを参考に検証したい。

足元を解放させた分、スラックスはテーパードさせた美脚の一本をチョイス。ルーズさを見事にかわす理想の関係を生み出した。グレーやネイビーといったシックなカラーパレットもいい。

サンダルを巧みにフォローする美形のグレースラックスが好印象を生む要因。トップスにボーダー柄を採用しているが、シャツを含めモノトーンでまとめたことでクールダウン。モード的要素の強いマリンへと昇華させている。

やや太めのスラックスをチョイス、トップスはダークトーンのネイビー。ただ、ボトムスの丈感はタイトでカラーもライトグレー。さらに露出度の高いサンダルと合わせ自然の軽やかさをそこはかとなく表現できている。

ダークトーンのシックなグレースラックスは今の空気に合わせてワイドめを選択。ヘビーな印象を抱きがちだが、ソックス×スポサンのホワイトにより、ナチュラルに夏モードへシフト。

モノトーンの部類に属するブラックグレーだけに、その相性は言わずもがな。足元はサンダルだが、引き締まった印象に仕上げている。その分トップスはクリーンなカラーでシーズン感を取り入れた。

    KEYWORD関連キーワード

    BACK