夏のマストアイテム!大人にハマるTシャツ6デザイン

夏のマストアイテム!大人にハマるTシャツ6デザイン

夏の着こなしに欠かせないTシャツ。どんな着こなしにも使えるこの夏オススメの6種類を厳選してみた。それぞれの特徴や選び方と着こなし例とあわせて紹介していく。

大中 志摩

2016.06.07

トップス
Tシャツ
夏の着こなし・コーデ

この夏、大人が選ぶべきTシャツはこの6種類!

夏の着こなしでもっとも活躍するアイテムといえばTシャツ。シンプルな白Tからインパクト抜群のグラフィックTまで大人が本当に使える6種類のTシャツを選んでみた。それぞれの特徴をしっかりと理解して、快適かつおしゃれな夏コーデを楽しんで。

デザイン1着回し万能! シンプルな無地Tは夏に欠かせない

パックTをはじめとする白の無地Tは、主役から縁の下の力持ちまでこなし、オールシーズン使える万能アイテム。トレンドに左右されることなく、合わせるアイテムを選ばないというのもうれしいポイントだ。また、清潔感をもっとも手軽にアピールできるアイテムでもある。

白Tをルーズやタイトに着る人もいるが基本はジャストサイズがおすすめ。首回りはクルーネックやUネック、Vネックによって印象が変わるので試着して雰囲気を確認するのが重要だ。生地によっては肌が透けるからと敬遠している人もいるが、そんな時はタンクトップなどのインナーを用いることで肌の透けを防止できる。

白Tを主役にデニムを合わせた王道コーデは、白のスニーカーで清涼感を強調。デニムにダメージ加工が施されたタイプをセレクトし、シンプルな着こなしに動きを出した。バックパックやキャプにダークトーンのアイテムを合わせることでメリハリをつけている。小物で暗めの色を取り入れれば着こなしが重く見えない。

シンプルな白Tもモノトーンでまとめればシックでスタイリッシュな印象に。重くならないようにパンツは旬なジョガーパンツを投入し、軽さと程良い抜け感をプラスした。交互に白と黒を配置しているのも重い印象に見せないポイントのひとつ。全体の色のバランスも良く、すっきりとしたスタイルにまとまった。

デザイン2夏気分を盛り上げる! 爽やかなボーダーTシャツ

マリンやフレンチといった印象を与え、清涼感のある着こなしを助長してくれるボーダーTシャツ。春夏のイメージが強く、爽やかな見た目は清涼感を重視したい大人の着こなしにはぴったり。着こなし方次第ではオールシーズンに対応してくれるので、トレンドに左右される心配もない。

ボーダーといっても太さや色によって与える印象も変わってくるので着こなしに合わせて使い分けたい。太めのボーダーならカジュアルな印象が強くなり、細めのボーダーならきれいめな印象が強調される。また色も、ブラックやネイビーならシックな印象に、レッドやブルー、グリーンのボーダーならフレッシュさをアピールすることが可能だ。

1枚で様になるルーズシルエットのボーダーTをミリタリーパンツと合わせた春夏らしい爽やかなコーディネート。淡い色合いのスタイルなのでレッドのビーズネックレスでアクセントをプラスした。ブレスとアンクレットにもビーズアイテムを足して統一感のある小物使いに。ロールアップしてスリッポンで抜け感のあるスタイルに仕上げた。

グレーの太めボーダーに薄色のダメージデニムでシンプルなアメカジコーデを構築。全体的に淡い色合いの配色になっているので足元はブラックのスニーカーで引き締めている。裾はロールアップしてすっきりと。程良いダメージ感は適度なアクセントとしてて効果的。寂しくなりがちな腕回りはブレスと腕時計でカバー。

デザイン3さりげないアクセントに! シンプルなポケットTシャツ

着こなしやアイテムを選ばず使い勝手の良い無地Tだが、そればかりでは着こなしがマンネリ化してしまいがち。そこでおすすめなのがポケットT。無地でもポケットが付くだけでさりげないアクセントが加わり、メリハリが出るので1枚でも動きのある着こなしが楽しめる。

ポケTを手に入れるなら、まずはボディーとポケットが同色の無地タイプがおすすめ。無地Tシャツ同様に着こなしやアイテムを選ばないので初心者から上級者まで幅広く使える。また、程良く柄を取り入れられるのもポケTのいいところ。無論、やりすぎたデザインは子供っぽくなるのでボディーかポケットのどちらかは無地のアイテムを選びたい。

白のシンプルTシャツをカーディガンと組み合わせたラフな着こなしもポケTなら動きのあるスタイルに。ベージュのチノパンは薄色をチョイスして濃淡のある配色を意識した。トーンを合わせたグレーのスニーカーでマイルドな印象に仕上げた。ダークトーンのバケットハットでアクセントを加味している。落ち着いた配色で大人っぽく。

『チャンピオン』のポケットTを取り入れたミリタリーライクなカジュアルなコーディネート。太めのデニムパンツをロールアップし、インスタポンプフーリーでスポーティさを出した。シンプルな着こなしにはレッドのニット帽でアクセントと抜け感を加味。Tシャツのレイヤードなどさりげないテクニックも真似したい。

デザイン4カジュアル派にはこれ! ロゴデザインTシャツ

子供っぽく見せずにカジュアルな着こなしが楽しめるとして人気の高いロゴT。カジュアルなデザインを生かしてきれいめファッションに合わせれば遊びの効いたワンランク上の大人カジュアルが体現できる。選ぶなら自分の体にあったサイジングのものをチョイスして。

文字のフォントや色使い、大きさなどやりすぎたデザインだと子供っぽさが際立ってしまう場合もあるので注意が必要。大人っぽさを匂わすためにも基本はプレーンなデザインを選んでおけば間違いない。また、着こなしのアクセントとしてロゴTを活用とするのであれば多少遊びの効いたデザインを活用するのも効果的だ。

レッドとネイビーでまとめたコンフォートなカジュアルコーデ。Tシャツとパンツのシンプルな組み合わせにチェックシャツで遊び心をプラスした。ソックスはレッドで統一感のある装いにまとめ、白のスニーカーでクリーンな印象を演出している。全体の色バランスが良く、細身のアイテムでまとめているので大人っぽく仕上がった。

ネイビーのロゴTシャツからボーダーのタンクトップをチラ見せし、夏らしさを強調。パンツは細身のシルエットですっきりとまとめ、ブラックのスニーカーでシックな雰囲気にまとめている。ボックスロゴとチラ見せしたボーダーとブルーのビッグトートがアクセントになっており、シンプルながらも大人っぽい着こなしに仕上がった。

デザイン5ハズしに最適! マンネリ打破のイラストTシャツ

大人になるにつれ、ベーシックなアイテムばかり選びがち。普段とちょっと変わったアイテムを探しているなら、イラストTをチョイスしてみてはいかが。柄ものやロゴTにはない独特のゆるさが特徴でリラックス感のあるスタイルを演出してくれ、着こなしのハズしとしても重宝する。

着こなしに独特の抜け感をプラスしてくれるイラストTだが、着こなし次第ではゴチャッとしたスタイルになってしまうことも。大人の着こなしに取り入れるならば主役服として活用するのがオススメ。バランス良くコーディネートすることで茶目っ気を演出でき、こなれ感のあるスタイルを作りやすい。ただ、子供っぽくならないように色使いやデザインはしっかりと見極めて。

『マクドナルド』と『チャンピオン』とのコラボTシャツと黒のロンT、薄色デニム、スニーカーのストリートな着こなし。ニットや眼鏡、時計で部分的に黒を取り入れてスッキリとした印象を構築。Tシャツのイエローがアクセントとなり、着こなしに軽さを出している。キーチェーンやブレスなど小物使いもポイント。

リラックス感のあるイラストが描かれたTシャツとバイカラー仕様のパンツを組み合わせたカジュアルな着こなし。シンプルなTシャツにバイカラーのパンツが好アクセントとなっている。総柄のシューズが足元から抜群の存在感を放ち、シンプルな着こなしなのでアイテムそれぞれの持ち味が生かされて着こなしに仕上がった。

デザイン6個性を際立たせるならグラフィックTシャツ

最後にチェックしたいのはグラフィックT。芸術的なものからアバンギャルドなものまで個性あふれるデザインが楽しめるのもこれならでは。着こなしに取り入れれば抜群の存在感を放ってくれるのでアクセントとしても最適。一見ハードルが高そうに見えるが、意外にも使い勝手は良い。

先述のとおり、1点で十分なインパクトのあるアイテムなのでスタイルの主役服としても活用しやすい。シンプルになりがちな春夏スタイルはもちろん、暗い印象になりやすい秋冬のスタイルにも相性抜群だ。主張の強さが魅力であるグラフィックTだが、逆をいえば着こなしを限定してしまうので手持ちの服と組み合わせることを想像しながら選ぶのが重要。

存在感の強いグラフィックTシャツはブラックのジャケットのインナーに使用すれば、主張の強さを抑えつつアクセントとして活用できる。パンツはライトグレーのデニムでカジュアル感をプラス。個性の強いスニーカーもグラフィックTシャツと色みを揃えればまとまりのある印象に仕上がる。バケットハットで着こなしをマイルドに。

『アヴィレックス』ブランド40周年の記念Tシャツをメインにコーディネートしたカジュアルな着こなし。クロップドパンツで抜け感を出しつつ、重厚感のあるスニーカーで男っぽさをプラスした。レッドのビーズネックレスやビーズブレスの重ね付けで個性的な表情に。夏らしさあふれる爽やかな着こなしを完成させた。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    何が違う? コンバース オールスターのMADE IN JAPANに熱視線

    何が違う? コンバース オールスターのMADE IN JAPANに熱視線

    時代を超越して愛される『コンバース』のオールスターに仲間入りしたMADE IN JAPANモデル。発売以来支持される、同モデルの魅力をリサーチしました。

    Freeamericanidol編集部

    初心者歓迎。夏フェスファッションとスナップ集

    初心者歓迎。夏フェスファッションとスナップ集

    フェスのためのメンズファッションを紹介。フェスに着るウェアの選び方やおすすめのアイテム、コーデサンプルなど、フェスのためのコーデのポイントを幅広く解説します!

    Freeamericanidol編集部

    大人のTシャツコーデ25選。シンプルなのにこなれた着こなし見本

    大人のTシャツコーデ25選。シンプルなのにこなれた着こなし見本

    春夏のワードローブに必須のTシャツ。つい定番を選ぶゆえに、コーデがマンネリになってしまう人も多いはず。おしゃれな人のコーデから着こなしのヒントを探りましょう。

    CANADA

    サマースタイルを精かんに。ネイビーTシャツの着こなしとおすすめ9選

    サマースタイルを精かんに。ネイビーTシャツの着こなしとおすすめ9選

    ホワイトTに続き汎用性の高いネイビーTシャツ。爽やかな1枚はどうやって着こなすべきか、そして大人が選ぶべき良質な逸品とは。

    Freeamericanidol編集部

    黒キャップは大人コーデと好相性。何を、どう被るのがおしゃれ?

    黒キャップは大人コーデと好相性。何を、どう被るのがおしゃれ?

    キャップは春夏の定番小物。特に、大人コーデと好相性のいいブラックのキャップは重宝します。コーデ実例やおすすめ品を参考に、黒キャップをおしゃれに取り入れましょう。

    ai sato

    とにかく使えるユニクロのTシャツ。大人がおしゃれに着るためのテク5つ

    とにかく使えるユニクロのTシャツ。大人がおしゃれに着るためのテク5つ

    ロープライスでハイクオリティな『ユニクロ』のTシャツは、種類も豊富なので活用しないと損! おしゃれに着こなすための法則を、コーデ実例とともにタイプ別に解説します。

    平 格彦

    BACK