うねりは生かせ!強いクセ毛さん向けパーマヘア15選

うねりは生かせ!強いクセ毛さん向けパーマヘア15選

クセ毛にはツラい季節、梅雨。毎朝時間をかけてスタイリングするよりも、実はパーマをかけてしまったほうが楽なんです。クセが強くても可能なパーマスタイルをご紹介。

Asami Kitsukawa

2016.06.07

ヘア
ヘアスタイル

ハードなクセ毛さんにパーマがおすすめの理由

これからの季節、せっかくセットしたのに湿気や雨で家を出た瞬間に崩れるヘア……クセ毛って本当に面倒ですよね。ストレートパーマもいいけど、伸びてくると境目が気になったりするもの。タスクラ世代なら、いっそのことトレンドデザインのパーマヘアにするという、言わば逆転の発想で悩みを克服するのがスマートです。では強めのクセ毛の方にはどんなパーマが合うのでしょうか。ポイントを解説していきましょう。

ポイント1▼かけるパーマは強め&根元から

クセが強い人に弱い毛先パーマをかけても、結局自分のクセが勝ってしまいスタイルが長持ちしません。そのためにもパーマは根元からしっかりかけるのが◎。

ハードなクセ毛さんにパーマがおすすめの理由

根元からしっかりとパーマをかける、とはいっても注意したいことももちろんあります。それは、髪の太さや状態によってかけられないパーマもあるということ。自身の希望だけでなく、プロの理美容師さんへ相談しましょう。

ポイント2▼地グセを「補正」するパーマ

クセといってもカールが強かったり、一部分だけうねってしまったりと、クセの種類は人によって千差万別。そんな自分のクセを生かしつつ、気に入らない部分をパーマで補正しましょう。

ハードなクセ毛さんにパーマがおすすめの理由 2枚目の画像

たとえばカールはあるけど根元がぺしゃんとしてしまうなら、根元を立ち上げるようなパーマをかけるなど方法はさまざまです。

強いクセ毛さんのためのヘアスタイル15

クセ毛にパーマが有効ということがわかったところで、ここからはスタイル実例のご紹介。トレンド感はありながら、やんちゃすぎない大人のパーマスタイルをピックアップしました。

トップは重めに残しつつ、サイドを刈り上げたツーブロック。元のクセを生かしつつ、フェイスラインなど動きが気になるところを補正し、キレイなひし形シルエットを実現しています。

大胆に長短をつけたツーブロックに、スパイラルパーマをかけたスタイル。オールバックでウェットな質感が外国人っぽい雰囲気です。トップにボリュームが出るので毛量が少ない人にもオススメ。

カットとパーマでメリハリを出したグラデーションヘアは、爆発しやすいクセの人向きスタイル。トップはクセを生かして立ち上げ、顔回りはフォワードな毛流れで小顔に見せています。

毛量多めのクセ毛をベリーショートですっきりおさめたヘア。ハチ下からえり足まではしっかり刈り上げてあるのでクセ毛でもシャープな印象を与えます。パーマはクセにより補正的にかけて。

こちらは同じベリーショートながら、モヒカンラインにかなり強めのウエーブパーマをかけスタイル。元のクセを完全に消したい人にオススメです。ウェットな質感で色気もたっぷり。

額を見せたくない人には、トップから前髪を長めに残したこちらのスタイルが◎。前髪はゆるやかな流れのパーマでデザインし、アクセントカラーを入れています。耳から下は短くするのが大人の鉄則!

続いても額を隠したスタイル。トップは長めのショートレイヤーで、前髪がふんわり額にかかるようにカールをかけることで額をカバー。全体はランダムなカールで若く見えそう。

同じショートレイヤーでも前髪を上げると男らしい印象に。束感を出したカットに大きめのワンカールパーマをかけることで元のクセを隠し、理想の毛流れを実現させています。

クセ毛でボリュームが少なめの人にとってもパーマは強い味方。M字部分は隠れるように、トップはボリュームアップするようにかければご覧のとおり。スタイリングも楽々です。

トップからバックはしっかり根元から巻いてボリュームアップ、刈り上げ部分との境目はピンパーマでボリュームダウン。数種類のパーマを組み合わせればこんなスタイルも可能。

髪が伸びるにつれて形が決まりづらいクセ毛の人にもパーマが活躍。前髪からバックトップまで、根元からパーマをかけることで長期間ふんわりをキープしてくれます。

パーマで男の色気をプラスした大人のツーブロック。フロントは大きめのウエーブ、トップからバックはランダムな動きを出しているので、クセ毛の人でもうまくまとまりそうです。

無造作な動きがワイルドなミディアムヘアは、しっかりかけた平巻きパーマによるもの。全体をうしろに流れるようにすることで、大人の男らしさが感じられます。

こちらは根元からふんわりかけたS字カールで、こなれた雰囲気を出したミディアム。スライドカットで毛量を調整することで、かたいクセ毛もある程度やわらかく見せることも可能。

ミックスパーマで理想の毛流れを作ったミディアムレイヤーは、やわらかいけどクセが強いという人を助けてくれるヘア。トップを立ち上げることでボリュームアップ効果もあり。

「クセ毛だからできる髪型が限られる」というのは思い込み、ということがわかっていただけたでしょうか。まずは自分のクセを客観的に判断してもらうためにも、信頼のおけるヘアサロンに相談することをオススメします。

※当記事で紹介したヘアスタイルは、すべてがパーマ施術をしたものということではありません。

    KEYWORD関連キーワード

    BACK