デスクが一気に華やぐデザインステーショナリー

デスクが一気に華やぐデザインステーショナリー

機能ばかりに目がいきがちなステーショナリー。ただ、そこにちょっとした洒落っ気やジョークが落とし込まれるだけでリラックスでき、センスもアピールできる。

菊地 亮

2015.03.31

雑貨
ステーショナリー

便利なうえに周りも笑顔にできるルックスを備えたアイテムなら仕事も楽しい

昨年の文具ブーム以来、デスクのアイテムにこだわる人が急増中。おしゃれなデザインかつ機能性バツグンの文房具をそろえて、デキる男性を演出しましょう。

Item1道具の形状を巧みに利用した、ユニークかつアイデアに溢れたラビット

道具の形状を巧みに利用した、ユニークかつアイデアに溢れたラビット

Amazon.co.jpAmazon.co.jp

お気に入り追加

単なるハサミを微笑ましいマスコットに替える新鮮なアイテム。美しい卓上ホルダーとハサミの絶妙なコンビが、周りにリラックスした雰囲気を届けてくれる。切れ味の鋭いステンレス鋼の先も、こちらへ立てておくだけで安全。ポリプロピレン製の持ち手はしっかりフィットし、耐久性も備えているため長期間の活躍が期待できる。

Item2書き間違いによるイライラも、この調味料ひとつでリフレッシュできる!?

書き間違いによるイライラも、この調味料ひとつでリフレッシュできる!?

レインドロップスレインドロップス

お気に入り追加

メモをする、あるいは資料を作成している際に自ら犯してしまった書き間違いに辟易した経験は誰もがあるはず。そんな時はジョークたっぷりなこちらが活躍。マヨネーズとケチャップのデザインは精巧で、デスクの上に置いておけば修正テープだとは誰も気づかないほど。貸し借りにおいてもちょっとしたネタを提供してくれる。

Item3大きなペンの中にまたペン!? フランスの老舗が放つシニカルなアイテム

大きなペンの中にまたペン!? フランスの老舗が放つシニカルなアイテム

HIGHTIDE DAILY DEPOTHIGHTIDE DAILY DEPOT

お気に入り追加

『ビック』はフランスが誇る世界的な筆記具メーカーで、ボールペンは1950年の初登場以降、同社の看板アイテムとなっている。こちらは、その形を模した大きなペン型のケースの中へ、さらに売れ筋アイテム8点をコンプリート。定番のボールペンのほか、蛍光マーカーやシャープペン、修正テープなどがラインアップされている。

Item4美しく流麗なフォルムで周囲の目も釘付けにする、ドイツの気鋭によるプロダクト

美しく流麗なフォルムで周囲の目も釘付けにする、ドイツの気鋭によるプロダクト

DESIGN ACCESSDESIGN ACCESS

お気に入り追加

『フィリッピ』の魅力はその類まれなるデザイン性。“シンプルで時代に左右されないデザインはモノの本質を大切にする”を基本理念に世界80ヶ国にて展開され、ニューヨーク近代美術館へもアイテムを提供している。こちらはマグネットを介した面白い形状。マグネットは取り外しもでき、ペンを立てて収納することも可能だ。

Item5シャープなボディと洗練された佇まいに、デスクもグッとモダンな趣に進化する

シャープなボディと洗練された佇まいに、デスクもグッとモダンな趣に進化する

古くから欧州を中心に人気を博すトップブランドの『トロイカ』。中でも人気なのがこのヘリコプター型のアイテム。ボールペン(赤、黒、青)と蛍光ペンが羽根に内蔵され、マグネットが埋め込まれたコクピット部分はクリップなどを留めておける。しかもテーブルに設置したままうしろへ引くとそのまま動き出す楽しい仕掛けも。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    傑作ビジネスバッグ20選。大人顔の人気ブランドをセレクト

    傑作ビジネスバッグ20選。大人顔の人気ブランドをセレクト

    ビジネスマンの相棒であるビジネスバッグは、毎日使うからこそデザインや収納力、ブランドなど細かい点までこだわりたいもの。選ぶ際の基本や人気の逸品をお届けします。

    Freeamericanidol編集部

    アウトドアブランドのパンツを街ではく3つのポイント

    アウトドアブランドのパンツを街ではく3つのポイント

    アウトドアのボトムスはアクティブ性能が信条だ。しかし、街ではくとなればちょっとした場違い感が出かねない。そんな懸念点をクリアしたアイテムと着こなしを紹介しよう。

    菊地 亮

    グランドセイコー20傑。男が持つべき名作を厳選

    グランドセイコー20傑。男が持つべき名作を厳選

    国産時計の雄『セイコー』が1960年に生み出したハイエンドコレクションが『グランドセイコー』です。スイス時計を超越する高精度のジャパンブランドに迫ります。

    黒野 一刻

    季節の変わり目に活躍する6つのライトアウターとその着こなし方

    季節の変わり目に活躍する6つのライトアウターとその着こなし方

    季節の変わり目に気をつけたいのが寒暖の差。そこで、サラッと羽織れて荷物にもなりにくいライトアウターこそ渡りに船。さらに旬もアピールできたら大いに助かるはず。

    菊地 亮

    もはや当たり前。大人に似合う通勤リュック25

    もはや当たり前。大人に似合う通勤リュック25

    ビジネスマンにとって通勤時のリュックはもはや当たり前。市民権を得たものの、カジュアルやアウトドアで使用するモノとは一線を画す、“通勤仕様”のモノを選びましょう。

    近間 恭子

    BACK