自分の色に育てよう。経年変化が楽しめる小物とウェア

自分の色に育てよう。経年変化が楽しめる小物とウェア

私たちの身の回りにあふれるさまざまな素材たち。ただの素材でも、時がたつほどに愛着のわくような、経年変化が楽しめるアイテムを見つけてみませんか?

モチヅキ アヤノ

2016.05.31

小物

素材にこだわり経年変化を楽しもう

素材にこだわり経年変化を楽しもう

経年変化を楽しむには、買うアイテムがどんなものであれ、素材を厳選することがマスト。素材が経年変化を楽しむことに向いていなければ、経年変化を楽しむどころか汚さが目立つなど、おしゃれな風合いとは程遠い風合いに……。まず、素材にこだわりましょう。

経年変化が楽しめる素材とは?

素材にこだわるといっても、何から選べばいいのかわからない方もいらっしゃると思います。おすすめの素材であるレザー・木材・デニム・キャンバス・リネンにフォーカスしておすすめアイテムをご紹介します。

経年変化が楽しめる素材①:レザー

経年変化が楽しめる代表アイテム・レザー。レザーにも多くの種類がありますが、経年変化が楽しめるレザーは染料仕上げのもので、染料を染み込ませて着色したレザーをさします。その中でも代表的なヌメ革・ブライドルレザー・カーフレザーがおすすめです。

経年変化が楽しめる素材とは?

ヌメ革は時間がたつにつれツヤが増し、色みが深くなります。ブライドルレザーは時がたつにつれて表面が滑らかになり、熟成したツヤ感がアップ。カーフレザーは経年変化が早いのが特徴で、よりやわらかな生地感とツヤのある手触りに変化します。

『タイドウェイ』ヌメ 2way ショルダー 四角ボストン

『タイドウェイ』ヌメ 2way ショルダー 四角ボストン

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

ヌメ革のもつ美しさを前面に出したレザーショルダー。ショルダー部分は取り外しが可能で、ボストンバックとしての使用もできますね。高級感あふれる雰囲気にくわえ、どのようなコーデにも合わせやすいシンプルなフォルムで、おしゃれ初心者の方にもおすすめのアイテムです。

『ミスターオリーブ』ブライドルレザー ストーンヘッド フリンジ ショートウォレット

『ミスターオリーブ』ブライドルレザー ストーンヘッド フリンジ ショートウォレット

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

メンズ雑誌に幾度となく掲載された人気三つ折りウォレットで、使う年齢層を限定しないカジュアルでシンプルな見た目が人気。タイガーアイをあしらったチャームが、シンプルな見た目に華を添えています。表面に見える粉は、ブルームという加工時に使用したミツロウのワックスがふき出たものです。表面はブライドルレザーを使用し、内側にはナチュラルカラーのレザーを使用したレザー好きにはたまらないアイテム。

『マージン』プルアップレザー プレーントゥ

『マージン』プルアップレザー プレーントゥ

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

カーフスキンを使用したやわらかな使用感と、カジュアルにもフォーマルにも使用できる柔軟性を持ち合わせた優秀なシューズです。プルアップレザーとは、オイルドレザーの一種で、引っ張ると色が明るく変化する革をさします。革の中の繊維内に通常のレザーよりも多めにオイルを染み込ませることにより、着用時に引っ張られた部分のオイルが繊維内を移動し、表面の色を変えていく、特殊なレザーです。経年変化をより楽しむことができそうなアイテムですね。

経年変化が楽しめる素材②:木材

おすすめはウォールナット・マホガニー・チークです。ウォールナットは、渋みのある色が特徴で、手触りが滑らか。マホガニーは色の変化が早く、濃淡の濃い色合いも楽しめます。チークは色合いがばらばらな木材が多く、柄のようなパターンが楽しめます。

『マージン』プルアップレザー プレーントゥ 2枚目の画像

ウォールナットは渋みのある色から明るい赤茶色に変化し、マホガニーは色の変化が早く、濃淡の濃い色から赤褐色の深い色合いに変化。チークはばらばらの色合いから金色に近い美しい茶褐色に変化する様子を楽しめます。

『ゼニスアートワーク』iPhone6/6s プラス 最高級木製ハイブリッドケース

『ゼニスアートワーク』iPhone6/6s プラス 最高級木製ハイブリッドケース

Amazon.co.jpAmazon.co.jp

お気に入り追加

経年変化が楽しめるだけでなく、軽く薄いボディーが特徴のiPhoneケース。全体的に丸みを帯びたデザインなので、手にやさしくフィットします。ボタン部と側面には薄くて丈夫なポリカーボネイト樹脂がコーティングされているので、万が一落としてしまった時も衝撃からスマホ本体を守ってくれます。

『マグノ』セト2(文具4点セット)

『マグノ』セト2(文具4点セット)

Amazon.co.jpAmazon.co.jp

お気に入り追加

インドネシアのデザインチーム・シンギーカルトノが、インドネシア産のマホガニー材を使用してデザインした文具セット。やわらかな手触りが楽しめるほか、ころんとしたナチュラルなデザインも魅力。オフィスだけでなく、人の目に触れることが多いショップや、おうちでの作業用におすすめです。

『ハコア』シガレットケース レギュラー

『ハコア』シガレットケース レギュラー

木香屋木香屋

お気に入り追加

チェリーウッドの木目が美しいシガレットケース。いつも箱のまま携帯している方で小物からおしゃれになりたい方におすすめ! レギュラーサイズのタバコが14本まで収納可能です。内部にはタバコが外に飛び出すのを防ぐ透明シートや、タバコの保管が楽な波型の底面加工、ケースの側面には上下がわかりやすい小さな窪みが付いているなど細部までの心遣いが感じられるアイテムです。

経年変化が楽しめる素材③:デニム

ジャストサイズで着用するデニムジーンズやジャケット・シャツが経年変化を楽しみやすいです。全体にさまざまなシワができやすく、シワによる色落ちが楽しめるほか、ボタンやポケットがあるデニムも、コインや携帯を入れた際の跡などを楽しめますよ。

『ハコア』シガレットケース レギュラー 2枚目の画像

足をあげた時にできる腰周辺のシワや、曲げた時にできるもも部分へのシワから生まれる色落ち、フロントボタンやウォッチポケット部分の生地が白く変色していく変化も楽しいです。ジャケットやシャツなら、腕を動かした場所や襟部分の変色も楽しめますね。

『アー・ペー・セー(A.P.C.)』15オフ プチスタンダード 

『アー・ペー・セー(A.P.C.)』15オフ プチスタンダード 

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

日本製の生地が自慢のアイテム。裾が若干テーパードになった細身のシルエットですが、ストレッチが効いていて動きやすいことから人気を集めています。バックサイドには赤耳も付いていますので、赤耳の変化も楽しみです。なるべくタイトなフィット感が楽しめるサイズを選んで、経年変化を楽しみましょう。

『ナノ・ユニバース』8オンス デニムシャツ

『ナノ・ユニバース』8オンス デニムシャツ

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

すでにある程度加工がなされているデニムシャツ。濃淡がやや見られるシャツなので、経年による色の変化がどのようになるのか、楽しみなアイテムです。ボタンはスナップボタンで扱いやすいだけでなく、洗濯を繰り返すうちにボタン周りの色と生地の変化も楽しむことができますね。

『ジャーナルスタンダード』ストレッチデニムGガタ#

『ジャーナルスタンダード』ストレッチデニムGガタ#

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

タイトなシルエットが特徴のデニムジャケット。使い始めは若干窮屈感を感じそうですが、ストレッチデニムを使用しているので動きやすく快適です。経年変化により自分の体型や動きによりフィットした変化も楽しめるのが、デニムジャケット経年変化の良いところでもありますね。

経年変化が楽しめる素材④:キャンバス

別名・帆布と呼ばれる素材です。しっかりした厚手の荒布で、ぬれると水を通しにくくなる耐水性の高い素材でもあります。その丈夫さと耐水性の高さから郵便服やテントのシートなどにも使われています。

『ジャーナルスタンダード』ストレッチデニムGガタ# 2枚目の画像

丈夫な生地でへたらないという特性も持ち合わせながら、使えば使うほどやわらかく、くったりとした印象に変化していく様子が楽しめます。また、生地の折り目や縫い目に沿って色合いと質感もふんわりとした色合いに変化していくところも見どころです。

『トラベルクチュール・バイ・ローワーケース』キャンバストートバッグ

『トラベルクチュール・バイ・ローワーケース』キャンバストートバッグ

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

ハンドルが2つあり、さまざまな用途に対応できるトートバッグ。エコバッグ風で、初めてトートバッグを買う人にもおすすめのモデルです。雑誌が入るサイズ感で、ちょっとしたお出かけに便利ですよ。ポーターのロゴも親しみやすいデザインです。生地だけでなく、ロゴも経年変化によってくったりした印象になるのが楽しみですね。

『トムス』メンズエスパドリーユーキャンバスクラシック

『トムス』メンズエスパドリーユーキャンバスクラシック

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

スリッポンシューズで有名なブランド『トムス』から販売されているスリッポンシューズ。軽い履き心地を楽しめるだけでなく、コーデを選ばないシンプルさがおしゃれ初心者におすすめのポイント。もともとのシルエットがやわらかい印象をもったシューズですが、履き続けることにより全体の生地がやわらかくなり、自分の足によりフィットした履き心地と歩き心地を体感できるようになりますよ。

『アミアカルヴァ』2way バックパック

『アミアカルヴァ』2way バックパック

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

日本のブランド『アミアカルヴァ』から販売されている、クラシックなデザインが魅力のアイテム。容量に余裕があるサイズ感で、ちょっとした旅行にもぴったりです。レザーハンドルを外すとスクエア型のフォルムに変化。容量をさらに増やすことが可能になります。上部にはヌメ革レザーハンドルが取り付けられ、使い込むたびにレザーとキャンバスの経年変化が同時に楽しめますよ。

経年変化が楽しめる素材⑤:リネン

麻からできた素材のひとつで、すべての麻生地の中で一番やわらかい素材です。吸水性は綿の4倍も高く、サラッとした着心地が楽しめ、熱を早く逃す特性ももっていることが特徴。やわらかな見た目と反対に、天然繊維の中でもっとも丈夫で汚れに強い素材でもあります。

『アミアカルヴァ』2way バックパック 2枚目の画像

リネンの製品を買った当初はパリッとした風合いなのですが、使用し洗濯を繰り返すとくたっとした風合いに変化し、肌触りもどんどん良くなります。また、洗濯を繰り返すごとにだんだんと色が薄くなり、ナチュラルな風合いに変化していくところも見どころです。

『ナノ・ユニバース』フランダース リネンシャツLS

『ナノ・ユニバース』フランダース リネンシャツLS

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

ヨーロッパ産の上質なリネンから作られた、やわらかなリネンシャツ。さわやかな夏のコーデに活躍させたいアイテムですね。やわらかな素材のカーディガンと一緒に使用したり、アウターとして羽織ってもさわやかですよ。経年変化により、ポケットや襟周辺がよりソフトな仕上がりとなり、リラックススタイルのコーデによりフィットします。

『グリーンレーベル リラクシング』KC Vネック カーディガン L/S 16G

『グリーンレーベル リラクシング』KC Vネック カーディガン L/S 16G

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

ふんわりとした印象のベーシックカラーカーディガン。サラッとした肌触りが春先や初夏、秋口にとくに楽しめそうなアイテムです。こちらも、洗えば洗うほどくったりとした表情が楽しめるアイテムで、少しタイトフィットなルックスも、よりやわらかな印象を与えられるアイテムに育ちます。

『エピス』リネンストール

『エピス』リネンストール

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

春夏シーズンにぴったりな、デンマークブランドのリネンストール。コーデに物足りなさを感じる時のプラスアイテムとしての使用におすすめのアイテムです。ストール越しに景色が見えそうなほど繊細でやわらかなタッチが特徴。こちらも使えば使うほど、毎年違う表情を楽しめるアイテムになっていきますよ。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    傑作ビジネスバッグ20選。大人顔の人気ブランドをセレクト

    傑作ビジネスバッグ20選。大人顔の人気ブランドをセレクト

    ビジネスマンの相棒であるビジネスバッグは、毎日使うからこそデザインや収納力、ブランドなど細かい点までこだわりたいもの。選ぶ際の基本や人気の逸品をお届けします。

    Freeamericanidol編集部

    アウトドアブランドのパンツを街ではく3つのポイント

    アウトドアブランドのパンツを街ではく3つのポイント

    アウトドアのボトムスはアクティブ性能が信条だ。しかし、街ではくとなればちょっとした場違い感が出かねない。そんな懸念点をクリアしたアイテムと着こなしを紹介しよう。

    菊地 亮

    ジーンズをおしゃれに着こなすための5大法則とコーデサンプル

    ジーンズをおしゃれに着こなすための5大法則とコーデサンプル

    タイムレスな日常着であるジーンズ。だからこそコーデ次第では周りに埋もれてしまうことも。今どき感を演出するための法則を押さえ、一歩先の装いを目指しましょう。

    山崎 サトシ

    大人の必需品。オックスフォードシャツの着こなし方と注目ブランド

    大人の必需品。オックスフォードシャツの着こなし方と注目ブランド

    オーセンティックなアイテムこそ奥が深いのがメンズファッション。男の定番服であるオックスフォードシャツも、その特徴と選び方を知っておけばより品良く着こなせます。

    平 格彦

    季節の変わり目に活躍する6つのライトアウターとその着こなし方

    季節の変わり目に活躍する6つのライトアウターとその着こなし方

    季節の変わり目に気をつけたいのが寒暖の差。そこで、サラッと羽織れて荷物にもなりにくいライトアウターこそ渡りに船。さらに旬もアピールできたら大いに助かるはず。

    菊地 亮

    BACK