デニムシャツ×ショーツのコンビが初夏コーデの鉄板

デニムシャツ×ショーツのコンビが初夏コーデの鉄板

今季はデニム素材が人気です。ジーンズで取り入れるのが常套手段ですが、あえてシャツで取り入れる着こなしもおすすめ。ショートパンツを合わせれば夏らしさが広がります!

平 格彦

2016.05.22

トップス
シャツ
デニムシャツ
ショートパンツ
夏の着こなし・コーデ

ポイントはシャツの袖とパンツ丈の長短差。このコンビがおすすめのワケ

ここできちんと定義すると、デニムシャツは長袖で、ショーツはひざ上の丈感が基本。長短のコントラストがポイントなんです。その理由は大きく分けて3つほどあるので、下記で説明していきましょう。ポイントが把握できたらきっとトライしてみたくなるはず!

長袖のデニムシャツ×ショーツのコンビが初夏コーデにおすすめの理由

理由1ポイントはシャツの袖とパンツ丈の長短差。このコンビの基本をまずはチェック

ショーツは子供っぽいという印象があるかもしれませんが、それはトップスがTシャツの場合。長袖のデニムシャツを合わせることで、こなれた大人っぽさが醸せます。落ち着きのあるパンツを選べばさらに大人顔。キャップを後ろ向きに被っちゃっても大人です!

理由2こなれた雰囲気が容易に演出できる

大人っぽいニュアンスなのにパンツはショート丈。その抜け感が、エフォートレスで適度に力の抜けたムードを放ってくれます。つまり、こなれた大人のコーディネート作りに、デニムシャツ×ショーツのセットが最適ということ。実践しない手はありません。

理由3意識せずともメリハリが生まれて絶妙なバランスに

色落ちしたデニム素材が旬ですが、武骨な印象が出すぎてしまうことも少なくありません。ただし、ショーツを合わせれば自動的に脱力。上下にメリハリがつき、自然とバランスが整います。上品なパンツで引き締めてもショート丈なら堅苦しく見えず、好バランス。

挑戦する際に注意。足元はスニーカーかドレスシューズを選んで

サンダルからブーツまで、初夏の足元は選択肢が豊富。ただし、デニムシャツ×ショーツのコーディネートに関しては、スニーカーかドレスシューズを合わせるのがセオリーです。それぞれの典型的なタイプを上げつつ、スタイルサンプルをできる限り紹介します!

スニーカーなら、『コンバース』を筆頭とするシンプルなレトロ系がイチオシ

ショーツをはく時に気をつけるべきポイントは、子供っぽく見えないコーディネートを心がけること。スニーカーを合わせるなら、比較的シンプルで大人っぽいレトロなデザインが最適です。定番のブラックやホワイトなら、いっそう大人なムードにまとまります。

おすすめのスニーカーは、やはり『コンバース』オールスター。とくにショーツと合わせるならば、涼しげな見た目のローカットモデルがイチ推しです。

足元にスニーカーを取り入れた、デニムシャツ×ショーツの着こなしグッドサンプル

さっそく、『コンバース』やそれに近いレトロでシンプルなスニーカーを用いたスタイルサンプルをピックアップ! もっとも落ち着きがあるのはブラックですが、ショーツが上品ならスニーカーで遊ぶのもアリです。

今シーズンのトレンドを意識し、ヴィンテージ調に色落ちしたデニムシャツをチョイス。旬色のホワイトをショーツとインナーで取り入れています。足元はスニーカーですが、シンプルな黒なので落ち着いた雰囲気。

リラックス感を打ち出すなら、ショート丈のスウェットパンツを選ぶのもおすすめ。霜降りグレーが王道ですが、オフホワイトで新鮮味を演出しています。ハイカットの『コンバース』オールスターで足元を大人っぽく。

ブラックのショーツを選んで落ち着いたムードを醸し出した好サンプル。デニムシャツもやや落ち着きのあるトーンで、大人っぽく仕上げています。ただし、鮮やかな総柄スニーカーで個性もしっかりアピール!

もっとも今シーズンらしい明るいトーンの薄色デニムをシャツで取り入れた着こなし。カーゴパンツタイプのショーツを合わせることで、男っぽいムードに仕上げています。白いスニーカーで爽快な抜け感もミックス!!

旬な薄色デニムのボタンダウンシャツにライトグレーのショーツを合わせ、淡いトーンが軸の春スタイルを構築。ボーダー柄のニットを肩掛けすることで、爽やかさを増強しています。黒いスニーカーで大人っぽいも付加。

ドレスシューズなら、ややカジュアルなローファーor爽快な白い靴がおすすめ

ショーツをはきこなす際は、子供っぽさやラフな印象を適度に中和することが重要。ドレスシューズで大人っぽくまとめるのが、そのための近道です。その一方で、堅苦しくなり過ぎないタイプを選ぶのも大切。形ならローファー、色ならホワイトがベターです。

プレーンなローファーをセレクトするのであれば、『ハルタ』が狙い目。学生時代に愛用していた人も多いであろう同ブランドを、再び活用するのもアリですよ。

足元にドレスシューズを取り入れた、デニムシャツ×ショーツの着こなしグッドサンプル

ドレスシューズを合わせるなら、上品な足元に合わせるためにデニムシャツのボタンを留め、品よくまとめるのがおすすめです。裾をパンツにインしてもOK。定番アイテムだけの組み合わせでも、こんなにおしゃれです!

ボタンダウンの行儀よいデニムシャツを選びつつ、黒いショーツでさらに引き締めてエレガントな大人仕様に。足元のローファーでトラッド調の品格も高めています。シャツをタックインしていっそう上品に。

ダークなデニムシャツとブラックのタッセルローファーで大人なコーディネートのベースを形成。どんなショーツを合わせてもOKですが、オリーブ色を選んでミリタリー調の男ぽさを融合しています。

それぞれのアイテムにこなれ感があり、その総和でおしゃれに見せるお手本です。デニムシャツは色落ち具合が絶妙で、ベージュのショーツはさり気ない総柄が独特な表情。革靴は明るいブラウンが洒脱です。

シューズを合わせつつ軽快に魅せるには、ホワイトの靴を選ぶのが得策です。ショーツもホワイトならいっそう爽快。ラフなデニムシャツとクリーンな下半身もミックス感が、こなれたムードを放っています。

色落ちの少ない上々なデニムシャツを選びつつ、ホワイトのドレスシューズを合わせ、きれいめスタイルのベースを盤石に。総柄のショーツやスパイスカラーのソックスで遊び心を注入しても、大人な印象を崩れません。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    ワードローブの必需品。オックスフォードシャツの着こなし方と注目ブランド

    ワードローブの必需品。オックスフォードシャツの着こなし方と注目ブランド

    オーセンティックなアイテムこそ奥が深いのがメンズファッション。男の定番服であるオックスフォードシャツも、その特徴と選び方を知っておけばより品良く着こなせます。

    平 格彦

    ハンターのローファーは雨でも晴れでも履ける万能シューズ

    ハンターのローファーは雨でも晴れでも履ける万能シューズ

    雨の日に重宝するレインブーツ。ですが、着こなしを考えるとなかなか取り入れづらいもの。そこでおすすめしたいのが、英国生まれのブランド『ハンター』のローファーです。

    八木 悠太

    コーチジャケットが着回しやすい! ハズさないブランド&コーデ術

    コーチジャケットが着回しやすい! ハズさないブランド&コーデ術

    90年代ファッションやスケートカルチャーへの関心から、コーチジャケットが注目されている。シンプルで着回しやすい万能アウターの注目ブランドと着こなし方を解説しよう。

    菊地 亮

    ワードローブの基本装備。黒スキニーパンツをおしゃれに着こなしたい

    ワードローブの基本装備。黒スキニーパンツをおしゃれに着こなしたい

    すでに活用している人も多いでしょうが、黒のスキニーパンツは着こなしに悩まない万能アイテム。はけば即おしゃれにキマる、ワードローブの必需品です。

    平 格彦

    6つの基本を押さえよう。ニット帽のおしゃれなかぶり方

    6つの基本を押さえよう。ニット帽のおしゃれなかぶり方

    秋冬のおしゃれに取り入れたいニット帽。でも合わせ方がわからない……という人も案外多いのでは? ニット帽のかぶり方、選び方、取り入れ方をまとめてご紹介します!

    Freeamericanidol編集部

    女性が隣を歩きたい男性の服ってこういうこと

    女性が隣を歩きたい男性の服ってこういうこと

    “きれいめ”前提のデート服。女性が男性の隣を歩いていて気分が上がるのは、お互いの洋服のテイストが合ったとき! そこで彼女のテイスト別に、理想のデート服を考案。

    広田 香奈

    BACK