“水陸両用”ショーツでいつものコーデをセンスよく

“水陸両用”ショーツでいつものコーデをセンスよく

気温の上昇とともにショーツの出番が増えてきますが、今から新たに押さえるなら水陸両用ではけるボードショーツがオススメ。デザイン・機能とも頭ひとつ抜けているんです!

山崎 サトシ

2016.05.21

ボトムス
ショートパンツ
夏の着こなし・コーデ

水陸両用のショーツ=ボードショーツを街ばきするのは今や当たり前!

水陸両用のショーツ=ボードショーツを街ばきするのは今や当たり前!

ボードショーツといえば、海やプールではくボトムスのイメージが強いかもしれませんね。確かにそれは正解ですが、活躍の幅はもはやそれだけにとどまりません。多くのファッションブランドがここ数年で“ボードショーツを街ではく”というスタイルを積極的に提案していることもあり、今では街着としてもすっかり定着しているんです!

ボードショーツの魅力って一体ナニ?

ボードショーツの魅力って一体ナニ?

サーフ&ビーチシーンで着用されるボトムスということもあり、ストレッチ性や速乾性など機能面に優れていることがまずストロングポイントとして1つ。そして、それ1枚での着用を前提に作られるボードショーツはエッジの効いたデザインが多いのも魅力です。いわゆる陸用のウォークショーツと比べて、単体でのアピール度が段違い! まさに才色兼備という言葉がふさわしいアイテムです。それでは、次からは選び方やこなし術を指南していきましょう。

ライターが指南する、ボードショーツの選び方

まずはボードショーツの選び方からくわしくレクチャーしていきます。重要なカギとなるのはシルエット、デザイン&柄、ブランドの三大ファクターです。これらの要素を意識しながらチョイスすることで、アカ抜けたショーツコーディネートがかないます!

選び方1すっきりとした膝上丈が使いやすい

ひと口にボードショーツといってもフォルムは実にさまざま。大人にオススメなのはすっきりとした膝上丈のモデルです。膝が隠れるような長めの丈感は野暮ったく見える恐れがあるので避けるのが無難。さらに、程よく細身のシルエットならよりスマートに見せられます。

選び方2シンプル系もアリだけど、せっかくなら大胆な柄&デザインを

陸用ショーツとは一線を画す独創的なデザインが散見されるのは、ボードショーツの大きな魅力。シンプル系もいいですが、せっかくなら華やぎあるルックスのモデルに挑戦したいもの。春夏は装いが簡潔になるので、多少デザインが効いているぐらいがいいんです。

選び方3ハズしたくないなら定番サーフブランドからチョイスしよう

昨今、さまざまなブランドからリリースされているボードショーツ。どれを選べば良いか悩んでしまいますが、定番サーフブランドがリリースしている一品ならまずハズすことはありません。とりわけ押さえておきたいのは、下でリコメンドしている3ブランド!

ブランド1『ティーシーエスエス』

シドニーを拠点とするサーフブランドで、その名はザ クリティカル スライド ソサイエティの略。1950〜1960年代の西海岸サーフスタイルから影響を受けているブランドらしく、こちらの一本もオールド感が漂う風貌。ただしシルエットは今日的に改良しています。

ブランド2『サタデーズ サーフ ニューヨーク』

2009年にNYで創設されたブランドで、サーフカルチャーやストリートカルチャーと密接にリンクしたアイテムを展開しています。フロントと背面でずらしたボーダーがユニークなこちらのナイロンショーツは、程よいスリムさも魅力できれいめなトップスとも好相性!

ブランド3『デウスエクスマキナ』

2006年にシドニーで誕生し、2011年に日本へと上陸。サーフィン、バイク、スケートボードなど多彩なカルチャーをクロスオーバーさせたスタイルを提案するブランドです。オリジナル総柄をちりばめた今作はウレタン混紡による優秀なストレッチ性も肝に。

ボードショーツをおしゃれに着こなすコーデ術

さて、持っておくべきボードショーツを理解できたら、続いてはスタイリングテクニックを覚えましょう。考えなしにはくとただのサーフ小僧に見えてしまうケースもありますので、季節感や大人っぽさを考慮しながらコーディネートを組むことが大事です。

コーデ術1春から初夏は、カーデやシャツなど長袖トップスと合わせてメリハリを出して

ぽかぽか陽気が心地良い今の時期ですが、まだTシャツや半袖シャツで繰り出すのは早過ぎます。これらとボードショーツを合わせると少し寒々しく見えてしまうので、長袖トップスを持ってきてバランス良く仕上げましょう。

ペイズリー柄が一面に入る大胆なボードショーツとは対象的に、オンしたアノラックパーカーはプレーンな無地デザイン。そんな抑揚がこなれた雰囲気を生みます。足元には軽快な『ナイキ』のエアリフトをピックアップ。

着こなしの主役は『サタデーズ サーフ ニューヨーク』のツートーンショーツ。そのデザイン性が際立つよう、ほかのアイテムは無地シャツや薄色ボーダーTなどベーシックなデザインをチョイスしています。袖のラフなロールアップも◎。

足元のエスパドリーユからショーツ、トップスまですべてブルー系のカラーでまとめて、サーフテイスト全開にコーデメイク。さらりとカーディガンを肩がけすれば、着こなしが寒々しく見えてしまう恐れもありません。

コーデ術2柄ショーツを取り入れる時は、シンプルなトップスを選ぶのが正解

着こなしの主役として申し分ない存在感を持つ柄系ショーツは、その主張を生かすためにシンプルなトップスと合わせるのが正解。トップスにまで強いアイテムを持ってくると装いがうるさく見えるので注意が必要です。

ネイティブ調の総柄をまとった『ティーシーエスエス』の一本はアピール度満点! ここにデザインの強いトップスを持ってくると着こなしが賑やかになりすぎるため、彼のように無地Tシャツを合わせて緩急をつけるのが正解です。

『デウスエクスマキナ』の総柄ショーツを用いつつも着こなしがやんちゃに見えないのは、シンプルなポケTのおかげ。大人が目指したいのはこんな洗練されたサーフスタイルです。足元はレトランを合わせてハズし感をプラス。

ポップな花柄のボードショーツは下手を打つと子供っぽく映りますが、トップスにベーシックな無地白シャツを合わせればその心配は皆無。シューズと帽子をグリーンでリンクさせて一体感を出しているのもニクいポイント。

コーデ術3足元がサンダルだとラフすぎて都会コーデとしては×。スニーカーを選んで

ビーチに行くのであればなんら問題ありませんが、都会で過ごす際にサンダルを合わせるのは絶対にNG! 着こなしがラフどころかだらしなくなるからです。スニーカーでクリーンにまとめるのが正攻法です。

『ザ・ダファー・オブ・セントジョージ』のシックなレザースニーカーを取り入れることで、サーフコーデを都会的にブラッシュアップ。ショーツ×Tシャツのラフなコンビでありながら、アカ抜けた雰囲気を放っています。

『タイム イズ オン』のシャツと『コンバース』のスニーカーをネイビーカラーで同調させ、『フランクス』のボードショーツを引き立てています。また、すっきりとしたサイズバランスも街っぽく見せるための秘訣です。

『メインベイン』の白Tシャツに『フランクス』のフラッグチェックボードショーツというコーディネート。ウェアの色みが控えめなので、カラーの効いたローテクスニーカーでスタイリングにリズムを出しています。

    KEYWORD関連キーワード

    BACK