予算は8,000円以下!今季はきたいパンツと着こなし例

予算は8,000円以下!今季はきたいパンツと着こなし例

パンツは消耗品。暑い日の汗や汚れなどが付きやすい春夏用はとくにそう考えてもよさそうです。そこで、低価格なのに幅広く使え、買い替えても財布にやさしいパンツを紹介!

平 格彦

2016.05.21

ボトムス
春の着こなし・コーデ

選び方と着こなし方にこだわれば、安くてもおしゃれなパンツは手に入る!

多額のお金を払えば上質なパンツが買えるのは当たり前。ただし、選び方にこだわれば平均点以上のパンツは見つかります! 着こなし方を間違わなければ申し分なし。本記事では、肝心な選び方&着こなし方を解説します。値段に頼らないパンツ選びを実践しましょう。

安くてもおしゃれに見える。パンツの選び方

低価格でも、おしゃれで使いやすいパンツが理想的。そんな優れものを見つけ出すのは簡単ではありませんが、不可能でもありません。選別するためのポイントをまとめました。

ポイント1シンプルで使いやすいデザインを選ぶ

低価格にこだわるのであれば、デザイン性よりも汎用性の高さを最優先にすべきです。装飾やギミックがあることで傷みやすさ壊れやすさも高まりますし、シンプルならどこのブランドなのかもわかりづらいものです。また、スタイルを選ばず広くはき回せます。

ポイント2スタイリッシュで自分に合うシルエットにこだわる

リーズナブルな価格でもシルエットの美しいパンツはあります。基本的にはスリムなシルエットがモダンに映りますが、それよりも自分に似合うことが大切。着用した時にスタイリッシュに見えるシルエットを追求すべきです。ちなみに、テーパード型が最近の主流。

ポイント3せっかくだから季節感のあるカラーを楽しむ

バリュー価格なパンツなので、1シーズン用くらいに割り切って考えてもOK。長く使えるに越したことはありませんが、今季用と割り切ることで旬なカラーや季節感のある色を取り入れることも可能です。具体的には、爽快なロイヤルブルーや淡いトーンがおすすめ。

8,000円以内で探す。安くて使えるパンツ6選

セレクトポイントをすべてクリアした税込8,000円以下の逸品パンツを厳選。シンプルなチノパンツやイージーパンツが中心で、どれを選んでも万能で幅広くはき回せます!

アイテム1『フォーワンセブン エディフィス』

トレンドを超越した定番のチノスラックス。9.5分丈に設定することで、さり気なく軽快な印象になるように計算されています。ルーズ過ぎないテーラードシルエットも絶妙!

アイテム2『ジャーナルスタンダード レリューム

改良を重ねた美しいテーパードシルエットが魅力。抜群のストレッチ性も特徴で、ストレスフリーな着用感を実現しています。ベージュのほか、黒、カーキ、グリーンも展開。

アイテム3『ジュンレッド』

脚のラインをすっきり見せてくれるスキニーシルエットの一本。薄手の生地にくわえて色みにも清涼感があり、これからの季節にぴったりです。ストレッチ素材で歩きやすさも確保。

アイテム4『グローリー クルー』

5ポケット型のクロップドパンツ。足元から抜け感が演出できるほか、ウォッシュ加工による風合いがこなれてムードも放ってくれます。ストレッチ素材で快適なはき心地。

アイテム5『レイジブルー』

毎シーズン人気のリネン混イージーパンツ。優れた通気性とアンクル丈で爽快な着用感を実現しています。リラックス感がありつつ、ダブルの裾とセンタープレスで上品な印象に。

アイテム6『チャオパニック』

リネン×ポリエステルのキャンバス地を使ったイージーパンツ。ドライな触感でシワが入りにくいのも特徴です。ワンタック入りのルーズ気味な形状にくわえ、アンクル丈も軽快。

低価格のパンツをおしゃれに着こなす。そのポイントは?

実際にはきこなすには、どんなパターンがあるのか。5つのポイントとともに一気に解説します! どのコーディネートを選んでも、パンツがお値段以上に見えることは必須!!

ポイント1テーラードジャケットとスニーカーを合わせ、こなれた大人のスタイルを即効で完成!

春夏らしいリラックス感のある大人の装いを築くには、シンプルなパンツにソフトなテーラードジャケットを合わせるが最適。スニーカーを合わせれば的確にカジュアルダウンできます。パンツがネイビーなら、トップスと足元を軽快なカラーにして爽やかな印象に。

ポイント2オーバーサイズのアウター×スリムなパンツでVラインを築くとスマート!

今シーズンはオーバーサイズのアウターがトレンド。スリムな細身のパンツを合わせることでお互いのシルエットが引き立ち、おしゃれな印象が打ち出せます。涼しげな色みのアウターを選びつつ、インナーやスニーカーで白を効かせて爽やかにまとめるのが今の気分。

ポイント3淡いトーンの同系色で全身をまとめれば、春らしさ満開のコーディネートに

ペールトーンが人気。そんな同系色で全身をまとめれば、新鮮な着こなしが完成します。たとえばトレンドカラーのベージュを中心に構築。全身を同系色でまとめてワントーンに近いイメージに仕上げると、こんなにも軽快です。パンツのアンクル丈も抜け感を増幅!

ポイント4ライトグレーやホワイトを使ったモノトーンスタイルでシックな印象を演出!!

ここでの提案もワントーンではありますが、モノトーンで統一してシックにまとめるのがポイント。ブラックではなく、ホワイトやライトグレーといった明るい色を中心にして爽やかに見せることも重要です。画像の例はライトグレーのパンツと白いインナーが軽快!

ポイント5ボーダー柄のトップスを合わせることで全身のバランスを整えて爽やかなイメージに

シンプルなデザインのパンツを使った着こなしが無難になり過ぎないよう、トップスに柄物を合わせてバランスを整えるのは定石のひとつ。今季なら、爽快なボーダー柄がイチ押しです。ホワイト×ネイビーのボーダーを選びつつ、パンツもブルー系ならかなり爽やか。

    KEYWORD関連キーワード

    BACK