秋冬だけじゃない。チャンピオンで見つけた春夏ウェア

秋冬だけじゃない。チャンピオンで見つけた春夏ウェア

懐かしさを感じる人もいるかもしれませんが、ノームコアやスポーツミックスなどの潮流に乗ってチャンピオンが人気上昇中。名作から旬な別注品、着こなし実例まで解説!

平 格彦

2016.05.20

チャンピオン(Champion)
ブランドまとめ

『チャンピオン』といえば、コレが定番ですが

誰もが袖を通した『チャンピオン』長袖スウェットシャツ

『チャンピオン』を躍進させたのが1934年に誕生した “リバースウィーブ製法” のスウェットシャツ。生地を横向きに使用することで縦縮みを軽減しつつ、サイドリブを採用することで横縮みと動きやすさを実現した画期的な名作でした。アメカジを象徴するアイテムとして世代を超えて愛され続け、今でもスタンダードとして君臨しています。

長袖スウェットシャツだけじゃない。『チャンピオン』の旬アイテム

リバースウィーブのスウェットシャツ以外にも、『チャンピオン』の人気アイテムは多数。その中から、今の空気感を取り入れたアイテムを3点ピックアップして紹介します!

アイテム1別注 リバースウィーブ Tシャツ (リラックスフィット)

ガーメントウォッシュ加工を施した9.4オンスのジャージー生地を使用しつつ、リバースウィーブ製法とオーバーサイズでリラックスできる作りに仕上げています。リブ使用の袖口や裾がスポーティなムードを引き立てる、まさに今季ならではの別注モデルです。

ビッグシルエットのトップスとクロップド丈いうと、トレンドの要素をぜいたくに取り入れたコーディネート。アクセサリーやサンダルなどの小物のアレンジで、初夏に向けた着こなしを構築しています。

アイテム2リバースウィーブ ジップフーディー インディゴ

今季はデニム素材がトレンド。その象徴的な要素であるインディゴ染めを取り入れたジップアップパーカーです。中白状態にすることで独特な色落ちやアタリ感が現れるように仕上げています。定番の裏毛スウェット生地である10オンスのフレンチテリーを使用。

パーカーの色みを引き立てるため、インナーとジーンズをホワイト基調に。Tシャツをボーダー柄にすることでマリンテイストの清潔感も演出しています。それでもどこかこなれた印象なのは、パーカーの風合いの賜物。黒いスニーカーで足元は落ち着かせています。

アイテム3リバースウィーブ ショーツ

トップスだけでなく、スウェットパンツなどのボトムスも人気の『チャンピオン』。最近は、ショートパンツも増えています。これは『モンキータイム』の別注品で、股上の深いドロップシルエットにアレンジしています。素材は定番である9.4オンスのジャージー生地。

どんなトップスでも夏仕様に導くリラックス感があるショーツですが、セットアップで着用するのがもっとも新鮮。オーバーサイズのパーカーを合わせるといっそうエフォートレスな雰囲気です。『チャンピオン』の別注品としては、パイル地のセットアップなども人気。

『チャンピオン』を大人顔に着こなす。WEARで見つけた春夏コーデ集

リバースウィーブのスウェットシャツは、デニムなどとアメカジスタイルを築くのが王道でした。しかし今ではアイテムとともに着こなしも進化。実例でチェックしましょう。

『チャンピオン』を象徴するスウェットシャツを着用。丈を短めにアレンジしてモダナイズンしています。好相性のアメカジ系アイテムを合わせつつ、色みで新鮮にモディファイ!

今季らしいインディゴ染めを施したスウェットパーカーが『チャンピオン』。ボーダー柄のインナーや白いパンツを合わせれば、マリン調の爽やかな着こなしが完成します。

『チャンピオン』のTシャツも人気。インディゴ染めの一枚をインナーとして用いた実例です。リブブルゾンもデニムもネイビーでまとめたブルー系ワントーンスタイルが爽快。

旬なビッグシルエットのモックネックカットソーが主役。別注で生まれた白い逸品を際立たせるため、パンツもスニーカーもブラックで揃えています。モノトーン基調がクール!

夏らしさの薫るパイル地のTシャツが『チャンピオン』×『チャオパニック』。スウェットパンツとスニーカーでシンプルに着こなしていますが、シルエットが細身でモダンです。

トリコロールの筆記体ロゴを刺しゅうであしらったTシャツがメインの着こなし。ロゴから拾った赤を差し色としてスニーカーにも取り入れ、個性を打ち出して新鮮に仕上げています。

ギャザー仕立てのジムリブがテーパードシルエットをナチュラルに描き出しているスウェットパンツが『チャンピオン』。ジャケットと革靴を合わせて上品に装いに昇華しています。

リラックス感のある『チャンピオン』のショーツを用いた着こなし。白いスニーカーでスポーツ感を強調しつつ、ミリタリー調のカバーオールで男っぽさもミックスしています。

大きな “C” ロゴが主張しているTシャツにくわえ、バケットハットも『チャンピオン』。スポーティな爽やかさを拡大するため、ボーダー柄のカットソーをレイヤードしています。

バケットハット、Tシャツ、ショーツの3点が『チャンピオン』×『ザ・ダファー・オブ・セントジョージ』。アイテムそれぞれの個性が加算され、夏らしい装いにこなれ感が充満!

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    ドクターマーチンの3ホールが、どんな服装とも相性抜群

    ドクターマーチンの3ホールが、どんな服装とも相性抜群

    『ドクターマーチン』は誰もが知るシューズブランドの名門。数多くの傑作を世に送り出してきた同社ですが、とくに大定番の3ホール(1461)は大人の日常にピッタリです。

    山崎 サトシ

    ダントンといえばウールモッサ。洗練された名作アウターは大人コーデと相性抜群!

    ダントンといえばウールモッサ。洗練された名作アウターは大人コーデと相性抜群!

    シンプルな見た目とスマートなサイズ感、さらには高い保温性を誇る『ダントン』のウールモッサ。今季も要注目の素材ならではの魅力や、同素材のアウターを一挙ご紹介。

    Freeamericanidol編集部

    コーデが即、大人顔に。ベージュコートを取り入れる4つのコツ

    コーデが即、大人顔に。ベージュコートを取り入れる4つのコツ

    冬のコーデを大人っぽく彩るなら、ウールコートに手を伸ばすのが近道。とくにここ数年のトレンドとして、着こなしが柔らかくなるベージュの注目度が高まっているんです。

    Freeamericanidol編集部

    マフラー巻き方の基本。6パターンのプロセスを紹介

    マフラー巻き方の基本。6パターンのプロセスを紹介

    寒い日ばかりが続く今日この頃、マフラーが手放せませんよね。そこで、毎日のマフラー使いのバリエーションを増やすべく、即マネできちゃう基本的な巻き方をご紹介します!

    編集カツラガワ

    5,000円以下でリサーチ。まだまだ買い増ししたいスウェットトップス

    5,000円以下でリサーチ。まだまだ買い増ししたいスウェットトップス

    秋から春まで活躍するスウェットシャツやパーカー。お気に入りの1枚だけでは心もとないでしょうから、2枚目に選びたいコスパに優れた同アイテムをピックアップしました。

    Freeamericanidol編集部

    6つの基本を押さえよう。ニット帽のおしゃれなかぶり方

    6つの基本を押さえよう。ニット帽のおしゃれなかぶり方

    秋冬のおしゃれに取り入れたいニット帽。でも合わせ方がわからない……という人も案外多いのでは? ニット帽のかぶり方、選び方、取り入れ方をまとめてご紹介します!

    Freeamericanidol編集部

    BACK