頑張っている国産ブランドの腕時計

頑張っている国産ブランドの腕時計

メイド・イン・ジャパンの腕時計は世界でトップクラスの技術を誇ります。ハイテククォーツも、機械式の腕時計もこなす、世界に冠たる日本の国産時計の最前線をご紹介。

黒野 一刻

2015.12.15

腕時計
MADE IN JAPAN・国産

メイド・イン・ジャパンは時計も高品質

日本製の時計というと、最近はG-SHOCKばかりがクローズアップされがちですが、日本の時計メーカー各社の技術力は、世界のトップクラスにあります。国産時計の王者といえば『セイコー』ですが、機械式時計の精度でスイス製を凌駕する技術力は健在で、近年は世界初のGPSからの電波で時刻補正を行う時計まで開発しています。

ハイテクも、機械式も……その実力は圧倒的

光発電や電波時計の先駆者『シチズン』は今また、あらゆるパーツを製造する機械式時計も復活させました。『カシオ』もG-SHOCKばかりでなく、エレガントなスタイリングを実現。『オリエント』は機械式時計で圧倒的なコストパフォーマンスを誇ります。日本人なら国産4社の時計があれば十分…そう言っても過言ではありません。

国産時計のハイレベルを物語る時計を!

紹介する時計は、上述のツボをおさえた時計ばかりです。『セイコー』の高精度な機械式時計と最先端のGPSウォッチ、『シチズン』の100%インハウス製の機械式時計、『カシオ』の優美なPS+標準電波のハイブリッド時計、『オリエント』のコスパ満点の最高峰モデル…いずれも国産ウォッチのハイレベルを如実に示す時計です。

クロノメーターを上回る高精度『セイコー』グランドセイコー メカニカル 3デイズ GMT SBGM023

グランドセイコーは『セイコー』の高精度を象徴するコレクションで、日差+5〜-3秒はスイスの公認クロノメーターの日差+6〜-4秒を上回ります。搭載するムーブメント9S66は、あらゆるパーツを自社一貫生産。外装の研磨も隙がなく、ビジネスに便利な第2時間帯表示付き。日本のビジネスマンにピッタリの機械式時計です。

合わせて読みたい:
グランドセイコー20傑。男が持つべき名作を厳選

世界初のGPS電波腕時計が第2世代に『セイコー』アストロン SBXB003

『セイコー』はGPSからの電波を受信し、時刻を補正する世界初のGPS電波時計を2012年に完成させ、その時計にかつて自らが発明した世界初のクォーツ腕時計の名を継承させました。その『セイコー』の意気込みを表した時計のサイズをコンパクト化するなどして、第2世代に突入。「正確」という言葉はこの時計のためにあります。

西東京で一貫生産される機械式時計『シチズン』ザ・シチズン オートマチック NA0000-59B

1970年代のクォーツショックで機械式時計の生産を中断していた『シチズン』は、今や西東京市の本社工場で、その生産を復活させ、自製困難なヒゲゼンマイまで一貫して生産しています。ザ・シチズンの機械式コレクションは、光発電や電波時計と並ぶ『シチズン』の象徴であり、伝統ある時計への復帰を高らかに誇示しています。

エレガントなフルメタル・ハイブリッド電波時計『カシオ』オシアナス OCW-G1000-1AJF

『カシオ』の時計はG-SHOCKみたいにギアっぽいという固定観念を覆すオシアナスシリーズ。そのスタイルはスマートで優雅。しかも、この2014年モデルは、どこでも受信可能なGPS衛星の電波と、より省電力で済む地上局の標準電波、どちらが受信しやすいか自動的に選別して受信。究極のイイトコ取りをした電波時計なのです。

この機能で正規価格アンダー30万円!『オリエント』ロイヤルオリエント WE0011JD

ロイヤルオリエントは、『オリエント』の最高級ラインですが、リーズナブルな時計が目白押しです。この時計は、ゼンマイの残量を示すパワーリザーブ表示と、扇形に往復運針をするレトログラード式曜日表示という2つのセミ複雑機構を搭載しながらアンダー30万円という価格設定。「破格」と呼ぶにふさわしい価格です。

    KEYWORD関連キーワード

    BACK