リーバイスの新顔501CTならはくだけでモダンコーデに

リーバイスの新顔501CTならはくだけでモダンコーデに

デニムの定番といえばリーバイス。往年の傑作モデルも見逃せないが、今チェックすべきは新顔の“CT”だ。その魅力やおすすめ、着こなしを徹底解説する。

宮嶋 将良

2016.05.20

リーバイス(Levi's)
ボトムス
ジーンズ

名作を今の気分にハマる一本にカスタマイズ。『リーバイス』501CTとは

名作を今の気分にハマる一本にカスタマイズ。『リーバイス』501CTとは

REX ONEREX ONE

『リーバイス』の定番デザインである501オリジナルをベースに、膝下部分を絞ったシルエットにまとめているのが501CTの特徴だ。このテーパードのかかったデザインは、はくだけで美脚効果をもたらせてくれ、スリムな印象へと導いてくれる。今では世界各国で売れまくっているため、まさに買いなデニムといえるのだ。

特徴1

名作を今の気分にハマる一本にカスタマイズ。『リーバイス』501CTとは 2枚目の画像

WARP webWARP web

ウエスト部分は、ややゆとりを持たせているので、ストレスなくはける設計に。大柄な人がタイトにはいても、501CTならリラックスなウエストなので窮屈になることがないので安心して手を伸ばせる。

特徴2

名作を今の気分にハマる一本にカスタマイズ。『リーバイス』501CTとは 3枚目の画像

WARP webWARP web

501を踏襲していることを明確に確認できるのが、フロント部分にあるボタンフライだ。古き良きディテールながらもトレードマーク的な存在で、デニムマニアも納得の仕上がりとなっている。

特徴3

名作を今の気分にハマる一本にカスタマイズ。『リーバイス』501CTとは 4枚目の画像

WARP webWARP web

501CTの最大の特徴となるのが、膝から裾にかけて急激にテーパードをかけたシルエットだ。スリムに見せつつも、スタイリング全体をシャープに演出してくれ、はくだけでおしゃれ上級者に見せる効果が。

『リーバイス』新旧作を含めて、メンズの着こなしを助けてくれるデニムをラインアップ

発売と同時に、ファッショニスタから指名買いされるほど急成長した『リーバイス』501CT。今ではさまざまなデザインが展開され、そのおかげで着こなし幅が大きく広がっている。そこで今使える新旧モデルを紹介。自分に似合う一本を見つけ、おしゃれになっちゃおう!

■参考: リーバイスのジーンズ総特集! 定番も新顔も人気モデルの魅力を解説

アイテム1

『リーバイス』新旧作を含めて、メンズの着こなしを助けてくれるデニムをラインアップ

ZOZOTOWNZOZOTOWN

ケミカルウォッシュに近い色合いを再現したこちら。膝部分にダメージ加工を施すことでカジュアルライクな顔つきに。はき心地もよく、トップスに明るめのカラーを着用すれば、春らしいスタイリングにまとまる。

アイテム2

『リーバイス』新旧作を含めて、メンズの着こなしを助けてくれるデニムをラインアップ 2枚目の画像

ZOZOTOWNZOZOTOWN

ワンウォッシュ加工からなり、はいていくに連れてきれいな色落ちを期待できる。程良くテーパードを効かせたシルエットは、ラフな装いは当然のこと、ドレスダウンにも使えるのでワードローブに揃えておいて損はない。

アイテム3

『リーバイス』新旧作を含めて、メンズの着こなしを助けてくれるデニムをラインアップ 3枚目の画像

ZOZOTOWNZOZOTOWN

ヴィンテージデニムを彷彿とさせる色落ちが特徴。その雰囲気に合わせて、太もも部分にはクラッシュ加工を、裾部分にはダメージ加工を施し、古き良き時代を再現している。シャツ1枚羽織るだけで、サマなスタイルに。

アイテム4

『リーバイス』新旧作を含めて、メンズの着こなしを助けてくれるデニムをラインアップ 4枚目の画像

ZOZOTOWNZOZOTOWN

シックなコーデの引き立て役になるブラックデニムも、ケミカルウォッシュならよりおしゃれな印象に。テーパードの効いたシルエットなので、美脚効果大。腰回りに適度なゆとりがあるため、ストレスなくはける。

アイテム5

『リーバイス』新旧作を含めて、メンズの着こなしを助けてくれるデニムをラインアップ 5枚目の画像

ZOZOTOWNZOZOTOWN

ヒップや太もも、裾などにハードなクラッシュ加工やパッチワークを施し、ひねりを効かせた仕様に。薄着でシンプルになりがちな春夏コーデだが、このパンツならどんなトップスに合わせても、こなれた印象を与えられる。

『リーバイス』501CTを取り入れたコーデサンプル集

ここからは『リーバイス』501CTの着こなしサンプル例を紹介しよう。今もっとも指名されるデニムなだけに、みなさん実におしゃれ! よく吟味して、この春夏積極的に取り入れれば街中の視線を集められること請け合い!!

『リーバイス』501CTを取り入れたコーデサンプル集

ZOZOTOWNZOZOTOWN

太すぎず、細すぎずという絶妙なシルエットが501CTの持ち味。その特徴を生かし、旬のロールアップをより今季的に仕上げることも可能。こちらはシンプルなポケットTシャツとダメージデニムという組み合わせながら、ロールアップによりこなれた着こなしに。

『リーバイス』501CTを取り入れたコーデサンプル集 2枚目の画像

ZOZOTOWNZOZOTOWN

アウターとパンツはネイビーをセレクトしつつ、インナーとスニーカーで色みのアクセントを加えた着こなし。501CTのミッドカラーによって、やぼったいデニムパンツのイメージが一新され、カジュアルながらも上品さも加味している。

『リーバイス』501CTを取り入れたコーデサンプル集 3枚目の画像

WEARWEAR

白シャツと501CTという無駄を省いたコーディネート。シンプルなスタイリングだからこそ、アイテムそのもののシルエットが引き立っている。差し色として足元に投入した『ニューバランス』のスニーカーが、センスのよさをうかがわせている。

『リーバイス』501CTを取り入れたコーデサンプル集 4枚目の画像

ZOZOTOWNZOZOTOWN

美シルエットな501CTだからこそ合わせたいのが革靴だ。ローファーならばカジュアルな印象があるため、デニムとも馴染みやすい。トップスでセレクトしたグレーのパーカーも、パンツのシルエットが引き立つようにジャストサイズで着こなし、洗練された大人ムードに。

『リーバイス』501CTを取り入れたコーデサンプル集 5枚目の画像

WEARWEAR

ダメージデニムとベージュのカーディガンがマッチした、大人のリラックスコーデ。淡い色みを組み合わせ、今季的なムードを高めている。

半歩先を行く大人のおしゃれは、レディースの着こなしが参考になる!

もっと流行の波に乗りたいのなら、おしゃれにうるさいレディースの着こなしを参考に。そこで『リーバイス』501CTをはく、女性スタイリングをお披露目。彼女たちの着こなしを参考にして、おしゃれをさらに磨こう!

半歩先を行く大人のおしゃれは、レディースの着こなしが参考になる!

WEARWEAR

ネイビーのプルオーバーデニムのコーデ。クラッシュ加工が施されていることで、シンプルでありながらもヌケ感のあるスタイリングになる。またメガネなどの小物をアクセントにすると、より旬を加速できる。

半歩先を行く大人のおしゃれは、レディースの着こなしが参考になる! 2枚目の画像

WEARWEAR

グレーとホワイトの2色を使い、やさしげなトーンでまとめたスタイリングも、デニムに施されたクラッシュ加工のおかけで大人っぽさを演出。大げさなロールアップがアクセントとなるので、マ真似する価値大。

半歩先を行く大人のおしゃれは、レディースの着こなしが参考になる! 3枚目の画像

WEARWEAR

ニットにデニムと、あえてシンプルにまとめるのも手。パンツの裾丈をあえて短いものをセレクトし、それをワンロールすることにより、洗練された印象に。腰元に巻いたスカーフのおかげで、おしゃれ度もアップ! 

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    Gジャンはこう着こなす! おしゃれな男のコーデ術【秋冬編】

    Gジャンはこう着こなす! おしゃれな男のコーデ術【秋冬編】

    秋は主役として、冬はインナーとして。季節をまたぎ活躍するジージャンは、夏が終わる前に押さえておきたいマストハブ。選択時のポイント&秋冬のコーデ術を解説します。

    山崎 サトシ

    アウトドアブランドのパンツを街ではく3つのポイント

    アウトドアブランドのパンツを街ではく3つのポイント

    アウトドアのボトムスはアクティブ性能が信条だ。しかし、街ではくとなればちょっとした場違い感が出かねない。そんな懸念点をクリアしたアイテムと着こなしを紹介しよう。

    菊地 亮

    ジーンズをおしゃれに着こなすための5大法則とコーデサンプル

    ジーンズをおしゃれに着こなすための5大法則とコーデサンプル

    タイムレスな日常着であるジーンズ。だからこそコーデ次第では周りに埋もれてしまうことも。今どき感を演出するための法則を押さえ、一歩先の装いを目指しましょう。

    山崎 サトシ

    大人の必需品。オックスフォードシャツの着こなし方と注目ブランド

    大人の必需品。オックスフォードシャツの着こなし方と注目ブランド

    オーセンティックなアイテムこそ奥が深いのがメンズファッション。男の定番服であるオックスフォードシャツも、その特徴と選び方を知っておけばより品良く着こなせます。

    平 格彦

    季節の変わり目に活躍する6つのライトアウターとその着こなし方

    季節の変わり目に活躍する6つのライトアウターとその着こなし方

    季節の変わり目に気をつけたいのが寒暖の差。そこで、サラッと羽織れて荷物にもなりにくいライトアウターこそ渡りに船。さらに旬もアピールできたら大いに助かるはず。

    菊地 亮

    BACK