春夏の腕時計選び。ポイントとおすすめを一挙公開

春夏の腕時計選び。ポイントとおすすめを一挙公開

普遍性は腕時計の魅力だが、個性あふれるモデルが多数発表されている今は時季を意識した選び方も1つのポイントに。そこで、季節感を意識したアイテム選びのコツをご紹介。

菊地 亮

2016.05.19

腕時計

軽装の春夏こそ、腕時計にはこだわって

軽装の春夏こそ、腕時計にはこだわって

気温の上昇につれ、次第に薄着へと着こなしもシフトチェンジしていくこの季節。それにともない、目につくようになるのが腕元だ。コーデがシンプルになる分、腕時計がより重要度を増していく。そこで、コーディネートの格上げにうってつけな春夏にぴったりハマる時計たちをピックアップ。

春夏の腕時計選びのポイントとおすすめ10選

春夏をイメージするなら、清々しさ、軽やかさ、アクティブ感がにわかに感じられるデザインが好ましい。たとえばクロノグラフやダイバーズウォッチと言ったスポーティな一本。それでいて、クリーンな白や爽やかなブルーで脚色されたものなら即買い決定!

ポイント1スケルトンタイプで、軽快な腕元を演出

ケース内のキャリバー、またはその他のパーツをデザインとして機能させるスケルトンダイヤルやシースルーバックはもはやスタンダード。文字盤を取り除いたことで生まれるデザインのインパクトはもちろん、軽やかさも印象付ける一本は春夏の腕時計にもってこい。

アイテム1『ウブロ』ビッグバン ウニコ ホワイトセラミック

『ウブロ』の基幹シリーズであるビッグバン。中でもこちらは、自社製ムーブメント「UNICO」を搭載した人気モデルのウニコ。セラミック製のケースにラバーベルトと丈夫さもハイレベル。

アイテム2『オリス』アートリエ トランスルーセント スケルトン

100年以上にわたりスイスの伝統を守りながら機械式時計のみにこだわって作り続ける気骨なブランド。その美しさと誇りは、さらに構造を透明化させた同作からも伝わるはず。

ポイント2ホワイトアイテムで、クリーンさをアピール

ホワイトアイテムで、クリーンさをアピール

カラーは周囲にアピールするうえで重要なファクター。陽気さ、爽快さがスタイリングするうえでキーとなるこれからの季節なら、断然ホワイトやブルーといったマリンカラーが主役となる。重厚なケースを備えたアイテムでも、表情はグーンと和らぐのだ。

アイテム3『ロレックス』コスモグラフ デイトナ

ベゼルにセッティングしたダイヤモンドはなんと120ピース。白蝶貝の文字盤とも相まって、高機能時計が一転ラグジュアリーな腕時計に。清楚な白のレザーベルトも好印象。

合わせて読みたい:
王者ロレックス。我々を惹きつける人気モデルを知る

アイテム4『ブライトリング』スーパーオーシャン ヘリテージ

これまで38mm径のケースサイズだったスーパーオーシャンも、今では42mmのモダンなサイジングへと進化。白い文字盤とブルーベゼルの相乗効果により清涼感も手にできる。

アイテム5『オメガ』シーマスター プラネットオーシャン

『オメガ』と海の強い結びつきを表現したモデルとして登場したシーマスター プラネットオーシャン。それは、600m防水やヘリウムエスケープバブルといった機能性からもよくわかる。

アイテム6『ベル&ロス』BR03-92 ホワイトセラミック

同ブランドの象徴的存在である「BR01」を、42mmへダウンサイズしたモデルが「BR03」。航空機内の計器をイメージした、男らしいルックスはそのままにコスパ力をさらにアップ。

アイテム7『シャネル』J12 セラミック

ケース、ベゼル、ベルトと純真無垢なその姿は爽やかな空気をコーデにもたらす。シルバーとのコンビできらびやかさを増したフェイスは、38mmとコンパクトで手に収まりやすい。

ポイント3スポーティなラバーベルトで、より高い汎用性を

スポーティなラバーベルトで、より高い汎用性を

活発になる季節だけに、合わせるトップスやボトムスも自然と動きやすさを重視したものになる。それらとシンクロさせる意味でも、スポーティな一本は欠かせない。とりわけ、いつもならメタルやレザーが中心のバンドをラバー製にすればビジュアルも一変する。

アイテム8『IWC』アクアタイマー クロノグラフ

ブランドアイコンの1つでもあるアクアタイマーの進化版。ラバー製のベルトは耐久性に優れ、リングの誤作動を防ぐセーフダイブシステム付き回転式インナーベゼルも搭載。

アイテム9『パネライ』ルミノールマリーナ 8デイズ アッチャイオ

8日間パワーリザーブは、もはや『パネライ』のDNAの一部。その伝統をP.5000のキャリバーとともに、よみがえらせたのが同作。高い視認性を実現させた二層ディスク構造も見所の1つ。

合わせて読みたい:
軍との蜜月が作り上げた機能美。パネライが今、欲しい理由

アイテム10『クストス』チャレンジ-R ジェットライナー

仕事に、バカンスにと世界中を飛び回るジェットセッターが楽しむリッチな空の旅の世界観を表現したのがこちら。44mmの屈強かつ軽量なシルバーケースは、航空機の骨組みがソース。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    チュードルからチューダーに。進化し続ける老舗の腕時計

    チュードルからチューダーに。進化し続ける老舗の腕時計

    2018年の時計界のビッグサプライズといえば、『チューダー』の日本正規展開である。長年に渡るユーザーの期待に応えるコレクション。改めて、その魅力を解き明かす。

    ワダ ソウシ

    ダントンといえばウールモッサ。洗練された名作アウターは大人コーデと相性抜群!

    ダントンといえばウールモッサ。洗練された名作アウターは大人コーデと相性抜群!

    シンプルな見た目とスマートなサイズ感、さらには高い保温性を誇る『ダントン』のウールモッサ。今季も要注目の素材ならではの魅力や、同素材のアウターを一挙ご紹介。

    Freeamericanidol編集部

    チープに見えない。1万円以下で買える大人の腕時計

    チープに見えない。1万円以下で買える大人の腕時計

    少ない予算でも大人らしい雰囲気の腕時計が欲しい。そんなニーズに応える、1万円以下の腕時計を厳選。選び方のポイントやおすすめのモデルも合わせて紹介します。

    Hiroshi Watanabe

    それいいね! おしゃれと思われる腕時計20選

    それいいね! おしゃれと思われる腕時計20選

    おしゃれは、自己満足で終わることなく、他人に認められてこそ。“しゃれ者”として認められるには、大いに目立ち、「いいね」と言ってもらえる腕時計こそが必要なのです。

    黒野 一刻

    グランドセイコー20傑。男が持つべき名作を厳選

    グランドセイコー20傑。男が持つべき名作を厳選

    国産時計の雄『セイコー』が1960年に生み出したハイエンドコレクションが『グランドセイコー』です。スイス時計を超越する高精度のジャパンブランドに迫ります。

    黒野 一刻

    本場にも負けない。日本発の腕時計ブランド10選

    本場にも負けない。日本発の腕時計ブランド10選

    腕時計の本場といえば、スイス。それは否定できない事実です。しかし、実用性では日本が世界一。その理由と、日本が誇る腕時計ブランドを語り尽くします。

    黒野 一刻

    BACK