2016春夏トレンド講座。キーアイテムの選び方とコーデ

2016春夏トレンド講座。キーアイテムの選び方とコーデ

旬を取り入れた着こなしを目指すなら、シーズンごとのトレンドをコーデに組み込むのが近道。難しく考えがちなトレンドを整理し、着こなしに生かすヒントをお届けします。

Freeamericanidol編集部

2016.05.18

着こなし・コーデ

時にはトレンドに流されてみるのもファッションの醍醐味

近年のファッションシーンでは「トレンドに流されない、自分のスタイルを持つことがおしゃれ」という風潮があります。しかし、時代の気分を反映したファッションに身を寄せてみるのも、ファッションの楽しみ方のひとつ。そこで今回は、2016年春夏のファッションキーワードをもとに、5つのトレンドを整理。今日からでもはじめられる、旬を取り入れた着こなしにトライしてみませんか?

春夏のコーデをセンスアップする5つのファッショントレンド

記事1アウトドア派必見!春夏はアスレジャーのコーデが気分

アウトドア派必見!春夏はアスレジャーのコーデが気分

+CLAP Men+CLAP Men

お気に入り追加

スポーツミックススタイルが人気を高めていますが、そのひとつとも言えるアスレジャーもいろいろ持ち上がってきそうな気配。その特徴や具定例をじっくり解説します!

記事2コロニアルカラーで実現!大人のきれいめミリタリー

コロニアルカラーで実現!大人のきれいめミリタリー

+CLAP Men+CLAP Men

お気に入り追加

カジュアルと並んで根強く人気のミリタリーコーデ。今季は春夏の注目色であるコロニアルカラーを使ったきれいめミリタリーが大人男性におすすめです。

記事32016年春夏のデニム事情。今買うべきデニムとコーデ

2016年春夏のデニム事情。今買うべきデニムとコーデ

+CLAP Men+CLAP Men

お気に入り追加

“ジェンダーレス”という世界的なキーワードも登場し、目まぐるしく移り変わるファッション事情。定番のデニムにも、新しいトレンドがやってきていることをご存じですか?

記事42016春夏の腕時計。見た目と機能で選ぶおすすめモデル

2016春夏の腕時計。見た目と機能で選ぶおすすめモデル

+CLAP Men+CLAP Men

お気に入り追加

腕時計を選ぶうえで視野に入れたい“旬”。今季選ぶとしたらどんなモデルがいいのか。機能、ルックス、季節感、トレンド…さまざまな要素にかんがみながら検証してみたい。

記事52016年春夏のスニーカー事情。おすすめと着こなし方

2016年春夏のスニーカー事情。おすすめと着こなし方

+CLAP Men+CLAP Men

お気に入り追加

春夏のスニーカー事情を探りつつ、おすすめの3タイプとコーデをご紹介。スニーカーを選ぶ時のポイントを押さえて、大人コーデのセンスアップを狙いましょう!

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    Gジャンはこう着こなす! おしゃれな男のコーデ術【秋冬編】

    Gジャンはこう着こなす! おしゃれな男のコーデ術【秋冬編】

    秋は主役として、冬はインナーとして。季節をまたぎ活躍するジージャンは、夏が終わる前に押さえておきたいマストハブ。選択時のポイント&秋冬のコーデ術を解説します。

    山崎 サトシ

    ジーンズをおしゃれに着こなすための5大法則とコーデサンプル

    ジーンズをおしゃれに着こなすための5大法則とコーデサンプル

    タイムレスな日常着であるジーンズ。だからこそコーデ次第では周りに埋もれてしまうことも。今どき感を演出するための法則を押さえ、一歩先の装いを目指しましょう。

    山崎 サトシ

    リーバイスのジージャン。その定番モデルやコーデを紹介!

    リーバイスのジージャン。その定番モデルやコーデを紹介!

    メンズカジュアルシーンに欠かせないジージャン。なかでも老舗ブランド『リーバイス』は人気です。そこで、定番モデルやカラバリ、着こなしまで一挙紹介!

    ライターR

    使い勝手抜群。カーディガンをおすすめしたい10のブランド

    使い勝手抜群。カーディガンをおすすめしたい10のブランド

    Tシャツ1枚は少し早いけど、上着を着るほど寒くもない……。気温が曖昧な時期にさらりと羽織れるカーディガンは必携です。人気ブランドを、しっかり把握しておきましょう。

    山崎 サトシ

    季節の変わり目に活躍する6つのライトアウターとその着こなし方

    季節の変わり目に活躍する6つのライトアウターとその着こなし方

    季節の変わり目に気をつけたいのが寒暖の差。そこで、サラッと羽織れて荷物にもなりにくいライトアウターこそ渡りに船。さらに旬もアピールできたら大いに助かるはず。

    菊地 亮

    BACK