プライベートな時間の香りとは?夜のメンズ香水5選

プライベートな時間の香りとは?夜のメンズ香水5選

仕事終わりのデート。楽しみにしていたのに頭はまだ仕事のことでいっぱい……。だったら香りを着替えて、気持ちも切り替えましょう! 夜デート仕様の香水、教えます。

村上 朋子

2016.05.10

香水・フレグランス

香水で気持ちを切り替えて、いざ夜デートへ!

女性からすれば、恋人がオンの顔からオフの顔へと切り替わっていくのを見られるのはうれしいものです。ほんの一瞬で雰囲気を変え、気持ちも変えるためには香水が役立ちます。

ポイント1夜に似合う、セクシーな香りを味方につけよう

夜に似合う、セクシーな香りを味方につけよう

オフィスで使う香水がキリッとした印象のシトラス系や、フォーマルで落ち着きのあるフゼア系なら、夜はもっと重めの香りにチェンジ。スパイシーなオリエンタル系や男らしさ漂うタバック系などが、男の色気を演出してくれます。自分でもその気になり、照れることなくセクシーに振る舞えそう。

ポイント2さりげなく女性に香りを届けるのがスマート!

さりげなく女性に香りを届けるのがスマート!

デートで気持ちが高揚して、つい香水を多めにつけてしまう……これではただの逆効果! 基本はウエストにつける、暑い時期であればヒザ裏や足首につける。それも服ではなく肌に直接、が鉄則です。「足りないかな」と思うぐらいが、実はちょうどいい。接近した時に女性の鼻をふっとくすぐります。

ポイント3香水NGなシチュエーションがあるのをお忘れなく

香水NGなシチュエーションがあるのをお忘れなく

繊細な味わいを楽しむ寿司店や、香りの違いを楽しむワインバーなどの飲食店では、香水はNG。そうでなくても、食事の席では味やにおいの妨げにならないよう控えめにしておくのがマナー。バーなどでは、ほのかに香らせるぐらいが◎です。身体ではなく、ハンカチなど小物につけるのもおすすめ。

女性ライターが指南。夜デートを彩る香水5選

プライベートな時間では、いろんな顔を見せたいもの。男らしさ、色気、都会的な一面、それともリラックスムードで無邪気な表情……。それによって選ぶ香水も変わります。

アイテム1『ブルガリ』マン イン ブラックで大胆な男に

大胆な大人の男性にこそ似合う、甘くてスパイシーなオリエンタル系香水。トップノートからタバック系、ミドルノートではレザー系と男の色気をたたみかけるようにして漂わせ、ラストノートは包容力を感じさせるウッド系の香りへと変化します。ときどきの表情の変化がダイナミックで官能的!

アイテム2情熱的な夜は『ヴェルサーチ』エロスで決める

その名にたがわず、情熱と欲望、男の色気を強調したパワフルな香水。とくに、トンカビーンズを中心としたオリエンタル系で官能的なムード際立つミドルノートから、男らしいオークモス(苔)が香るウッド系のラストノートへの変化がドラマチックで、女性が離れられなくなること間違いなし。

アイテム3『ゲラン』ロム イデアルで理想の男になりきる

女性が理想の男性に求める3条件、スマート、ハンサム、ストロングを香りで体現している、まさにモテ香水! とはいえ、押し付けがましくはなく、アーモンドの香りが中心なので親しみやすさを感じさせます。はつらつとした爽やかさを振りまきつつ、近づくと甘さが際立つのだから心憎い。

アイテム4『ジョン ヴァルヴェイトス』アルティザン ブラックでやんちゃな夜を

シトラスのジューシーな香りにブラックバジルやミントなどのアクセントを効かせたトップノートが、オレンジジャスミンやジンジャーを中心としたスパイシーなミドルノートに変化し、ラストノートはレザーやムスクの香る大人の香りへ……。やんちゃだけどセクシー、個性的な顔を演出します。

アイテム5男として自信がみなぎる『ランセ』トリオンフ

「トリオンフ」=勝利の意味。ナポレオンの生まれた地中海・コルシカ島、そこに育ったレモンやオレンジ、バラをイメージした明るい香りからはじまり、やがてジャスミンやバニラがほのかに立ち上ってきて、大人の甘さを表現します。つける人に自信をもたせ、魅惑的に見せてくれる香りです。

    KEYWORD関連キーワード

    BACK