ランニングシューズから選ぶ、今のコーデにハマる名作

ランニングシューズから選ぶ、今のコーデにハマる名作

ランニング用のシューズとして登場し、ファッションシューズとなった名作がいくつか存在します。そんなアイテムから今季のおすすめを選び、はきこなし実例とともに紹介!

平 格彦

2016.05.10

スニーカー
ランニングシューズ
春の着こなし・コーデ

ランニングシューズってこういうこと

文字どおり、走るための靴として開発されたランニングシューズは、スニーカーの一大勢力となっているカテゴリーです。1970年代後半〜1990年代に誕生し、今でも君臨している名作の多くは、ファッションアイテムとして愛されています。ちなみに写真の『ナイキ』チャレンジャーは、1979年登場の隠れた傑作。汎用性の高いベーシックな面持ちが特徴です。

合わせて読みたい: おしゃれな15足をセレクト! おすすめランニングシューズをプレビュー

改めて考える、ランニングシューズの魅力

ランニング用として誕生したスニーカーの魅力は何なのでしょうか? 歩きやすいのは当然ですが、ファッションアイテムとしての特長もふんだんにあるのです。ここで再検証してみましょう。

魅力1ローテクとハイテクの中間という印象でオールマイティ

レトロなランニングシューズはバランスのよさが魅力。ローテクとハイテクの中間といった印象です。シンプルなタイプはローテクにも分類できますが、こなれた印象とスポーティな外観をあわせ持っている点が重要。たとえスパイスカラーでもオールマイティに使えます。

魅力2今季トレンドのヴィンテージ調デニムとも相性が抜群!

ヴィンテージ調の色落ちジーンズが旬ですが、合わせるスニーカーには注意が必要。シンプルなローテク系だと全体がレトロになり過ぎますし、未来的なハイテク系はなじまない場合も。バランスのよいランニングスニーカーなら、そんな心配は無用です。

魅力3大人っぽいジャケットスタイルにも難なくマッチする

上品なジャケットスタイルを上手にカジュアルダウンできたら、大人なコーディネートが築きやすくなります。そんな時にも、好バランスなランニングシューズが重宝。着こなしに馴染みながら、スポーティなムードを適度に醸し、程良く着崩すことが可能です。

今シーズンの狙い目モデルと旬コーデ

オールマイティに使える魅力を持つランニングシューズは、どれを選んでも間違いはありません。だからこそセレクトするのが難しいわけですが、独断と偏見で今おすすめの3タイプを紹介。コーディネートの好サンプルとともに一気に解説します!!

モデル1『ニューバランス』M576

不動の人気の『ニューバランス』からはM576をピックアップ。カジュアルにもきれいめスタイルにも、オールマイティにハマる!

クラシカルなランニングモデルを代表する576。幅広い層から支持を集める名作で、1988年の発売から愛され続けています。主な特徴は安定感や快適な履き心地、オフロードにも対応するグリップ性など。また、上質感があるMade in UKモデルはとりわけ人気です。

トレンドのスカジャンを用いたコーディネート。爽やかな配色が今季的です。パンツは難易度の高いクロップド丈ですが、オールマイティなランニングシューズなら難なくマッチ。

今っぽいジャケットスタイル。鮮やかなブルーのジャケットを選びつつ、スウェットパンツで着崩しているのがポイントです。その延長として、スニーカーで抜け感を強調。

ボーダー柄がメインのカジュアルな装いですが、スニーカーを含めモノトーンで揃え、軽快感とシックな印象を兼備する印象に。足元は、576をベースに開発された人気の574。

モデル2『サッカニー』ジャズ ロウ プロ

こちらも根強い人気を誇る名作。レトロなデザインがこなれたムードを高めてくれます。シンプルな着こなしにサラッと合わせたい。

アメリカ最古のアスレチックブランドである『サッカニー』。その象徴的なモデルであるジャズはランニングモデルの傑作で、雑誌「ランナーズワールド」で最高評価の5つ星を獲得したことでも知られています。写真は薄底タイプで、街に馴染むスタイリッシュな印象です。

カジュアルなジャケットスタイルを爽やかにアレンジ。ボーダー柄のパーカーとホワイトジーンズでクリーンに昇華しています。そんな装いに馴染む配色のスニーカーをチョイス。

こなれたムードが何気なく漂っているシンプルな着こなし。色数を抑え、グレーとブラックだけにまとめているのがポイントです。異素材コンビのジャズもムードを高めています。

グリーンのジャズを差し色として活用した好例。ほかのアイテムをモノトーンで揃え、スニーカーの色みを強調しています。ラフだけど大人なチェックシャツのセレクトも絶妙!

モデル3『アシックスタイガー』ゲルライト3

通年使える人気モデル、『アシックスタイガー』のゲルライト。機能性に優れ、かつスタイリッシュにはける、おすすめアイテムです。

『アシックスタイガー』のゲルライトは、1990年に発売された名作で、タンが中央で分離するスプリットタンが特徴。甲などクッション性にくわえて軽量性にも優れ、ファッション的な視点でアレンジされたタイプも展開されています。オールマイティで履きまわせる好バランスなデザインも絶妙です。

旬顔のロング丈アウターやデニムシャツを用いつつ、白いゲルライト3で爽快にアレンジしたお手本的スタイル。スウェットパンツもリラックス感をさり気なく拡大しています。

こなれた印象と大人っぽさを持ち合わせるグレーのゲルライト3をセレクト。スウェットパーカー+デニムのラフなコーディネートを、バランスよく落ち着かせています。

スウェットパーカーにイージーパンツを合わせたラフな装いを、オーバーサイズのTシャツで今季らしくアップデート。黒一色のゲルライト3が引き締め役として効いています。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    ドクターマーチンの3ホールが、どんな服装とも相性抜群

    ドクターマーチンの3ホールが、どんな服装とも相性抜群

    『ドクターマーチン』は誰もが知るシューズブランドの名門。数多くの傑作を世に送り出してきた同社ですが、とくに大定番の3ホール(1461)は大人の日常にピッタリです。

    山崎 サトシ

    経年変化こそ魅力。ドクターマーチンの8ホール

    経年変化こそ魅力。ドクターマーチンの8ホール

    “8ホール”の呼称で愛される「1460」の存在を無視して『ドクターマーチン』は語れない。同モデルの歴史や魅力をはじめ、ラインアップ、着こなしまで掘り下げて解説する。

    編集フカザワ

    ダントンといえばウールモッサ。洗練された名作アウターは大人コーデと相性抜群!

    ダントンといえばウールモッサ。洗練された名作アウターは大人コーデと相性抜群!

    シンプルな見た目とスマートなサイズ感、さらには高い保温性を誇る『ダントン』のウールモッサ。今季も要注目の素材ならではの魅力や、同素材のアウターを一挙ご紹介。

    Freeamericanidol編集部

    コーデが即、大人顔に。ベージュコートを取り入れる4つのコツ

    コーデが即、大人顔に。ベージュコートを取り入れる4つのコツ

    冬のコーデを大人っぽく彩るなら、ウールコートに手を伸ばすのが近道。とくにここ数年のトレンドとして、着こなしが柔らかくなるベージュの注目度が高まっているんです。

    Freeamericanidol編集部

    マフラー巻き方の基本。6パターンのプロセスを紹介

    マフラー巻き方の基本。6パターンのプロセスを紹介

    寒い日ばかりが続く今日この頃、マフラーが手放せませんよね。そこで、毎日のマフラー使いのバリエーションを増やすべく、即マネできちゃう基本的な巻き方をご紹介します!

    編集カツラガワ

    6つの基本を押さえよう。ニット帽のおしゃれなかぶり方

    6つの基本を押さえよう。ニット帽のおしゃれなかぶり方

    秋冬のおしゃれに取り入れたいニット帽。でも合わせ方がわからない……という人も案外多いのでは? ニット帽のかぶり方、選び方、取り入れ方をまとめてご紹介します!

    Freeamericanidol編集部

    BACK