クセ毛でもおしゃれな髪型に!メンズヘアスタイル15選

クセ毛でもおしゃれな髪型に!メンズヘアスタイル15選

クセ毛で悩む男性は多いはず。しかし、クセ毛は悪いことではありません。ここでは、クセ毛で困っているメンズのために、クセ毛を生かしたおしゃれな髪型を紹介します。

編集フカザワ

2016.04.26

ヘア
ヘアスタイル

クセ毛対策のヘアスタイルガイド

クセ毛とひと言で表現しても、その種類は実にさまざまです。そこで、それぞれにアプローチする最適な方法のなかでも、共通して押さえておくべきことを3つの基本としてまとめました。目指すヘアスタイルや、おすすめのメニュー、そして絶対にやってはならないことをピックアップしましたので「クセ毛で困っている」と、髪質でお悩みの方はぜひ参考にしてみてください。

基本1クセ毛のあなたはサイド&バックをすっきりと

理容師や美容師のようなプロはともかく、クセ毛の扱いは素人には難しいもの。とくに、サイド(耳上)やバック(襟足)は髪の毛が密集する場所のため、スタイリングをするのが面倒な人も多いのではないでしょうか? だからこそ、クセ毛で髪が扱いにくい場所は短くカットしておくと手間がかかりません。また、これからの時期は湿気でクセ毛が暴れやすくなる季節ですから、すっきりとさせておくと野暮ったく見えず、見た目にも◎なのです。

基本2パーマで動きを強調or補整してもらう

クセ毛に対してネガティブな意識を持つ原因は、「扱いにくい」ということではないでしょうか。もしもそうであるならば、パーマを施術してもらうことで扱いやすい毛流れへと補整してもらうことも視野に入れるとよいでしょう。これは、ロッドによってカールをつけたり、ストレートパーマを活用したりと、複数の手段が考えられます。また、クセ毛による毛流れをパーマにより強調し、カーリーなヘアスタイルを楽しむのもおすすめです。

基本3「自分でどうにかできる!」とは思わないで

「クセ毛で髪が膨張するから、すきばさみを使って自分でカットしよう」と、考えたことがある方、もしくは実行された方は少なくはないはず。たしかに、クセ毛によって髪が広がるとスタイリングがさらに困難になるため、ご自身の手でどうにかしたくなる気持ちは当然あるでしょう。しかし、その行為によってよからぬ方向に髪の毛が動いてしまうケースは多いのです。また後頭部など、場所によってはすきすぎてしまう可能性が高く、失敗することもありえます。クセ毛をカットするという技術はプロならではのもの。クセ毛に困ったら、理容師や美容師を頼るのが正解ですよ。

クセ毛で悩む男性のためのメンズヘアスタイル15選

基本を押さえたところで、クセ毛に悩むあなたに提案したいヘアスタイルをご紹介。理美容室では、こちらを参考に「こんなイメージにしてほしい」「このくらいの長さが好み」などの要望を伝えて、おしゃれなヘアスタイルにカットしてもらいましょう。

ハチ下を刈り込みつつも、長短差を控えめにすることでナチュラルなツーブロックを実現。すっきりとしたサイドやバックで清潔感をキープしながら、トップのうねりでデザイン性を加味したベリーショートです。

「短くしたい」という方にはサイドとバックを大胆に刈り上げたモヒカン風のショートヘアがおすすめです。トップはワックスを使い、クセ毛を生かしてラフにスタイリングするもよし、ジェルなどで固めるのもありですね。

サイドからバックを大胆に刈り上げたツーブロックの典型ヘアスタイルです。トップとサイドをつなぐハチの長さは、サイドにつなげるもよし、大胆に残してメリハリを出すのもよし。職種やご自身の希望なども合わせて理美容師に相談し、ベストな長さに整えてもらいましょう。

全体的に長さを残しつつ、耳上や襟足は短くカットすれば、こんなにも好青年風なヘアスタイルに仕上がります。毛先の束感はプロならではのカットにお任せしましょう。

サイドやバック、前髪が短めにカットされたショートスタイルです。カジュアルなファッションの時は前髪を下ろし、スーツなどを着用するビジネスシーンでは前髪を上げると◎。ツヤ感たっぷりに仕上げるのがおすすめです。

クセ毛の方はランダムに髪が動きやすいので、ザクザクとした質感のショートスタイルもばっちり決まります。部分ごとに長さを変えるアシンメトリーなシルエットもおしゃれです。もちろん、耳上や襟足を短くカットするのはお約束。ショートヘアであれば、メガネなどのアイウェアで表情にアクセントをつけるのもおすすめですよ。

「クセが毛先に出てしまう」という方には、バングだけにストレートパーマをかけてもらうのもひとつの手。スタイリングが楽になりますし、クセを残したトップとのメリハリも楽しめます。

バングやトップは長さと重さを残しつつ、サイドをすっきりとカットしたショートスタイルです。「毛流れが決まらない」という方は、ポイントパーマをかけてもらうのもよいでしょう。長さを残したスタイルはアレンジしやすく、さまざまな髪型が楽しめます。

サイドとバックを刈り上げたツーブロックです。長さを残したトップは束感が出るようにカットし、ザクザクとした質感に。ラフな印象とすっきりとした印象が程よくミックスされたショートは、春夏の空気感ともマッチします。

短くカットしたサイドやバックと、長さを残したトップからフロントとのメリハリがおしゃれなツーブロックヘア。クセが強い方は、パーマをかけてゆるいカールがつくよう毛流れを補整してもらいましょう。

クセ毛の状態によっては、サイドとバックを整えるだけでも実現可能なショートスタイルです。ジェルでスタイリングする際はタイトになでつけるのではなく、全体にスタイリング剤をもみ込んで形を整えると、程よくラフな印象の今っぽい質感に仕上がります。

ハチ下を短くカットした落ち着いた印象のツーブロックスタイルは、Freeamericanidol世代にぴったりのヘアスタイルです。ハードワックスやジェルでトップを立ち上げるだけという簡単なスタイリングで仕上がる点が、忙しいビジネスマンにはうれしいところ。

「クセ毛だけど、あまり短くしたくない」という方は、額が出るようパーマで毛流れを補整してもらいましょう。サイドからバックに毛流れを方向づけつつ、髪の中間から毛先にカールが出るようパーマをかけることで外国人風なヘアスタイルに。

髪のクセだけでは難しいかもしれませんが、ハードなカール感が楽しめるパーマスタイルもおすすめの髪型のひとつです。スタイリングはワックスやムースなど全体になじませて、シルエットを整えるだけなので簡単に仕上げられますよ。

クセ毛のあなたにチャレンジしていただきたいルーズなリーゼントスタイルです。テーラードジャケットやステンカラーコートなどの上品なトップスはもちろん、デニムジャケットなどのカジュアルな装いにもぴったりのショートヘアは男女ともに好印象間違いなし。

    KEYWORD関連キーワード

    BACK