暑い日も快適に過ごす。旬なパンツの選び方と着こなし

暑い日も快適に過ごす。旬なパンツの選び方と着こなし

今後徐々に増えてくる、うだるように暑い日。そんな時でも心地よく過ごしたいなら、パンツのセレクトと着こなしを見直してみましょう。グッと快適な日常を送れるはずです。

山崎 サトシ

2016.04.29

ボトムス
夏の着こなし・コーデ

暑い季節には、涼しげなパンツが一番!

暑い季節には、涼しげなパンツが一番!

冬には厚手のボトムスをはいて防寒を図るように、夏は軽やかなパンツで涼しさをキープしたいもの。装いに季節感を持たせる意味でも、涼感あるボトムスを選ぶことは肝要です。ここではおしゃれ感と快適さを両得できるボトムスと、涼しく過ごすためのパンツコーデ術に着目してみます。

覚えておきたい。夏も使える清涼ボトムス3タイプ

夏に積極的に取り入れていきたい涼しいパンツとはいったいどういったものなんでしょう? おすすめしたいのは下でリコメンドしている3つのタイプ。色・素材・形がカギとなります。

タイプ1熱を反射してくれるホワイトパンツ

ホワイトは熱を反射してくれるカラーとして有名ですよね。それゆえに、白のボトムスは着用時に比較的涼しく感じられるんです。今季の旬色でもありますし、これを活用しない手はないでしょう。逆にブラックのパンツは熱をためる特性があるので、着用していると暑く感じることも。

タイプ2高機能素材のボトムスなら選んで間違いなし!

とてもシンプルな手段ですが、クールマックスをはじめとした高機能素材を使ったボトムスに照準を定めるのも◎。いわゆる普通のコットンパンツよりも圧倒的に涼しいので確実に重宝します。ちなみに、天然素材ではありますがリネンもかなり涼しいのでこちらもおすすめ。

タイプ3半端丈のボトムスはフルレングスよりも快適

そしてもうひとつの手段は、クロップドやアンクルカットなどの半端丈仕様を選ぶこと。フルレングスと比べて裾から熱が逃げやすい分、かなりコンフォートに着用できます。どうしてもフルレングスのボトムスがよい……という人はロールアップを活用すると吉。

涼しげパンツをはきこなす3つのポイント

アイテムの選定も非常に大事ですが、そのボトムスをどのようにはくか、というところも覚えておかなければなりません。下で解説している3つのポイントを参考にしてみてください。

ポイント@:できれば足元は軽めのスニーカーで!

いくら涼しく着用できるボトムスでも、足元に熱を逃がしにくいブーツや革靴を持ってきてしまうと、なかなか快適性は得られません。できれば機能的なスニーカーを合わせたほうがよいでしょう。

足元は『サッカニー』のランニングモデル「ジャズ ロウ プロ」。マリンテイストな紺色T×ホワイトパンツのスタイルに、スニーカーでアクティブなイメージを注入しました。

リバティ総柄のプリントシャツ×ネイビークロップドの上品なコンビ。コーデが持つ都会的な雰囲気に合わせて、シューズはキレイめのホワイトスニーカーをセレクトしています。

クレイジーパターンの存在感あるシャツだけがスタイリングから浮かないように、スニーカーでも柄ものをミックス。クロップドパンツはプレーンなデザインを選んでバランスよく。

ポイントA:程よくゆるめの着こなしがベスト

肌に張り付くようなタイトフィットのパンツだと、どうしても不快感はアップしてしまいがち。適度にゆとりのあるシルエットの、通気性良好なボトムスをピックアップすることを推奨します。

ゆったりとした『ジャーナルスタンダード』の長袖カットソーに、アンクルカットのクライミングパンツを合わせて。リラックス感あるサイジングで涼感をしっかりと確保!

クリース入りのスラックスは九分丈&ワイドシルエットで通気性抜群。そこにホワイトのカットソー&スニーカーを持ってきて、見た目にも涼しくスタイリングしています。

アウトドアテイストのコーディネート。『シップス』のボーダーT、『ディッキーズ』のチノパンはともに少しオーバーサイズ気味のものを選び、くだけたニュアンスを演出しています。

ポイントB:トップスにはTシャツorシャツを合わせて

コンビを組むトップスはTシャツ、もしくはシャツが鉄板。ニットやスウェットなどの厚手系だとどうしても見た目も着心地も暑苦しくなります。タンクトップは涼しいですがラフすぎるので×。

スラックス仕立てのクロップドがシンプルなデザインなので、トップスは切り替えが大胆な『フレッドペリー』の一枚を選び茶目っ気をプラス。メリハリコーデのお手本といえます。

クリーンな白Tシャツを迷彩アンクルパンツで男っぽく味付けした技ありのスタイリング。『プロケッズ』のブラックスニーカーも着こなしの持つ武骨なムードをアシストします。

ラフなスリッポンを用いつつも都会的な印象なのは、主張しすぎない品良いアイテムでまとめているから。シャツと足元でカラーをシンクロさせて、一段とスマートに仕上げています。

蒸し暑い日でもおしゃれ。おすすめのパンツを紹介

夏場の着こなしをコンフォートなものに導いてくれるボトムス5点を最後にリコメンド。どれも涼感アップ効果が高いうえにおしゃれという優良作なので、持っておいて損はありません!

アイテム1『ビームス プラス』クールマックスパンツ

旬なチェック柄が配されたこちらのクロップドは、吸湿速乾性に秀でるクールマックス素材を駆使したコンフォータブルな仕様。ゆったりめに設定されたシルエットも夏向きです。

アイテム2『セレニティースティルモーメント』リネン混クロップドパンツ

ややワイドなフォルム&ヴィンテージ風デザインが印象的。今作はコットン×リネン素材なので通気性に優れており、湿度の高い日でもストレスを感じることなく着用できます。

アイテム3『ジョンブル プライベート ラボ』ユーティリティリラクシングパンツ

コットン×ポリエステルの生地は、ストレッチ性と通気性の両方を兼備。さらに撥水性が高いため、機能は申し分なしの一品です。裾に向かって細くなりながらも、ゆったりとしたシルエットのためコーデにリラックス感を与えてくれるでしょう。

アイテム4『ベンデイビス プロジェクトライン』ホワイトデニム

はき心地の軽いライトオンスデニムで仕立てた一本。白デニムの上にさらにホワイトコーディングを施すことで、防汚効果&洗濯時の黄変防止効果を持たせているのもポイント。

アイテム5『ハーレー』ドライフィットチノパンツ

『ナイキ』が開発した吸汗速乾素材であるドライフィットを用いた、見た目に反してハイテクなチノパン。さらに、ポリウレタンを混紡することで適度にストレッチを効かせています。

    KEYWORD関連キーワード

    BACK