アナログな味がたまらない。写真立てが今またアツい

アナログな味がたまらない。写真立てが今またアツい

デジタル化やクラウド化で、「写真をプリントする」行為はとても貴重になっています。すてきな写真立てを飾って、紙焼き写真ならではの経年変化を楽しんでみてはいかが?

CANADA

2015.03.27

雑貨
フォトフレーム

時間が経つと写真が焼けたり古くなったり、そんな過程を写真立てと楽しみたいですね。

写真立てというとデジタルフォトフレームばかりが取り上げられる昨今ですが、紙焼き写真ならではの味わいとともに、アナログフォトフレームを見直してみましょう。古くなっていく経年変化を楽しめつつ、より魅力を引き立てるフォトフレームを4点ピックアップしました。

アメリカ西海岸の澄んだ海や空をイメージさせるようなウッドフォトフレーム。寄木細工のブルーグラデーションが、ナチュラルでオーガニックな雰囲気を高めてくれます。海の写真や風景写真、CDのジャケットなど、飾る写真の魅力を引き立たせてくれるので、プレゼントにもオススメ。

思い出の写真を縦横それぞれ2枚ずつ飾れる、シンプルなアルミフレーム。卓上用のスタンドと壁掛け用のフックが付いているので、お部屋の事情やインテリアに合わせて使えます。家族全員の写真を飾ってもすてきですね。

少し褪せたような色合いと木の質感が、お部屋のインテリアに落ち着きと温もりをプラス。木のアンティーク風写真立ては値段が張るものが多い中、お手頃価格な逸品です。シンプルなデザインだから、どんなインテリアにも馴染みそう。

エキサイティングで美しい家庭用品をデザインする、カナダ発ブランドのアンブラ。デザインの高さとお手頃な価格が両立する、注目のブランドです。和洋折衷のデザインなので、洋室はもちろんのこと、和室にもしっかりマッチ。円形なので、飾る向きをいろいろと変えて楽しめるのもうれしいところ。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

    BACK