おすすめもメンテナンスも紹介!腕時計、基本の「き」

おすすめもメンテナンスも紹介!腕時計、基本の「き」

数々の腕時計を紹介してきたFreeamericanidol。ここでは一度初心に帰り、腕時計にまつわる知識を整理します。改めて基本を知り、より奥深き腕時計の世界に浸りましょう。

Freeamericanidol編集部

2016.04.24

腕時計

知ってるようで知らない……。だから腕時計はおもしろい

腕時計の魅力はひと言で表現できるようなものではありません。学ぶべきことや魅力が豊富すぎて、“腕時計の世界”への入り口を間違えてしまったという方も多いのではないでしょうか? そこで今回は、そんな迷い人のために初心者向けの基本をご紹介。入門編ではありますが、「なるほど」な知識をお届けしますので、ぜひお見逃しなく!

大人のための腕時計の入門記事まとめ

記事1ダイバーズウォッチ解体新書 価格別おすすめブランド

ダイバーズウォッチはクロノグラフと並ぶ人気腕時計。ここでは、見た目や機能的な特徴とおすすめのブランドを一挙公開。ぜひ、ダイバーズウォッチの魅力をご堪能ください。

記事2パイロットウォッチ徹底解説 人気ブランドと選び方

パイロットウォッチは腕時計の重要なジャンルの1つ。とはいえ歴史や特徴をご存じない方も多いはず。そこで今回はパイロットウォッチの解説と人気ブランドを紹介します。

記事3ミリタリーウォッチ大全:おすすめと人気ブランド紹介

ミリタリーウォッチは軍用時計として知られていますが、現在はもう少し広い範囲の時計も含まれています。その背景も含めながら軍用時計の特徴や魅力を徹底的に紹介します。

記事4はじめてでも安心。腕時計のベルト調整と交換方法

腕時計は収集家でもない限り1〜2本を使い回すのが当たり前。しかし同じ時計では飽きることも。気分を変えるために、自宅でもできるベルトの調整と交換方法を伝授します。

記事5自宅でできる。腕時計のメンテナンスをマスターしよう

どのようなものであれ、腕時計は繊細な精密機械です。だからこそ、愛機の手入れは非常に重要。では、日ごろから何をなすべきか? 初心者にもわかりやすく解説します。

記事6アナログVSデジタル。腕時計の特徴を比べてみた

突然ですが、アナログ時計とデジタル時計の違いをご存じですか? 実は電動かそうでないかは関係がありません。その違いを、ここで改めて解説します。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    Gショックの気になる新作は? 2019年のおすすめは、この18本

    Gショックの気になる新作は? 2019年のおすすめは、この18本

    多種多様なモデルが次々とデビューし、今もなお我々に刺激を与え続けてくれる『Gショック』。2019年の新作から厳選した18本と、それぞれの特徴を解説します。

    夏目 文寛

    トレンドのダイバーズ。どうせなら、妥協しない“本物”のスペックを

    トレンドのダイバーズ。どうせなら、妥協しない“本物”のスペックを

    一部気の早い好事家の間で、長らく続いていた薄軽ウォッチブームの反動が来ている。昨今腕時計ブランドからリリースされる新作を眺めていても、あえてケースに厚みを出し…

    編集ムタガミ

    本場にも負けない。日本発の腕時計ブランド12選

    本場にも負けない。日本発の腕時計ブランド12選

    腕時計の本場がスイスというのは、否定できない事実。しかし、実用性においては日本が世界一といっても過言ではありません。その理由と、日本のブランドを語り尽くします。

    Freeamericanidol編集部

    グランドセイコー20傑。男が持つべき名作を厳選

    グランドセイコー20傑。男が持つべき名作を厳選

    国産時計の雄『セイコー』が1960年に生み出したハイエンドコレクションが『グランドセイコー』です。スイス時計を超越する高精度のジャパンブランドに迫ります。

    黒野 一刻

    高級腕時計ブランド30選。ステータス性を備えた一生モノ勢揃い

    高級腕時計ブランド30選。ステータス性を備えた一生モノ勢揃い

    生涯をともにできるアイテムは意外と少ないもの。そのなかでも腕時計は、最も身近な存在ではないでしょうか。一生モノにふさわしい逸品の選び方と傑作をご紹介しましょう。

    夏目 文寛

    それいいね! おしゃれと思われる腕時計20選

    それいいね! おしゃれと思われる腕時計20選

    おしゃれは、自己満足で終わることなく、他人に認められてこそ。“しゃれ者”として認められるには、大いに目立ち、「いいね」と言ってもらえる腕時計こそが必要なのです。

    黒野 一刻

    BACK