クールビズはシャツが主役。今知りたい選び方とコーデ

クールビズはシャツが主役。今知りたい選び方とコーデ

クールビズといえば夏のビジネスマンの勝負服。清涼感も重視したいが、おしゃれの視点も欠かせない。ここでは、クールビズの主役であるシャツの選び方やコーデを指南する。

宮嶋 将良

2016.04.22

トップス
シャツ
クールビズファッション

クールビズで使えるシャツの選び方

蒸し暑くシャツに汗がべっとり……。こんな姿なら、ビジネスも当然うまく進まない。だからこそ、シャツ選びのコツはしっかりと把握しておくのが重要だ。

選び方1生地選びに重点をおくこと!

暑さが増せば、自然と汗をかいてしまう。そのままではダラシない印象を与えてしまうので、吸湿速乾性に優れた生地を選ぼう。オススメはクールマックス。シャツに汗が染みてもすぐ乾き、通気性も優れているので、常に好印象をキープできる。

選び方2サックスブルーで清涼感のある見た目に!

涼しげな印象を与えるなら、サックスブルーを積極活用しよう。清潔感のある色は、暑苦しい時期に、好印象を与えることができるので使わない手はない。ここでも素材セレクトにもこだわることで、ノーストレスな着心地を味わえるのでお忘れなく!

選び方3自宅で洗濯できるものを!

汗をかいた→クリーニングだと、お財布にもやさしくない。今は自宅で洗濯できるイージーケア加工を施しているものが多い。洗濯後はサッとアイロンをかければビシッとした見た目になるので、ハードワークなビジネスマンの救世主となってくれる。

シャツを主役にしたクールビズコーデ。着こなしのポイントは

クールビズの着こなしを助ける、優秀シャツを無地と柄に分けて解説。どちらもビジネスルールをわきまえたものなので、今夏を乗り切るためにゲットしておこう!

無地シャツを使ったクールビズコーデのポイント

シンプルさがウリの無地シャツだが、あまりにも淡白な着こなしも考えもの。色の組み合わせで単調なコーデから脱却するのがおすすめ。

ポイント1ベーシックこそ最大の強み

相手への不快感を与えないためにも、無地シャツにはグレーのパンツの定番が好ましい。その際にタイもきちんと巻いておくことも大事だ。

ポイント2ベルトと靴は同色できちんと感を

無地のため、細部のアイテムにも気配りを。ビジネスの基本となるベルトと靴の色を合わせることで、シンプルでありながらもきちんと感を演出できる。

ポイント3濃淡をつけるのも効果的

シャツとパンツの色合いを整えるのもコツ。例でいえばシャツは明るめで、パンツは濃いものを。これにより着こなしにコントラストが生まれ、オシャレになれる。

柄シャツを使ったクールビズコーデのポイント

柄シャツとはいえ、ビジネスシーンで着用するものは控えめなデザインであることが無難。ほかに気をつけるべきポイントを見ていこう。

ポイント1控えめ柄でデキる男を演出

あくまでもビジネスなので、できるだけ柄を控えるように。好ましいのはギンガムチェックやピンストライプで、さり気ない個性を演出したい。

ポイント2タイの色合わせにも注意して

タイを締める場合は、柄シャツの色を拾うとオシャレ度も一気に加速できる。暑さが増す季節ならネイビーで、清涼感を演出。

ポイント3淡いカラーのパンツと相思相愛

柄シャツを強調するなら、パンツは淡いカラーのものが好都合。ベージュやグレーが◎で、オシャレで誠実な印象を与えることができる。

クールビズで頼りたい。無地シャツ&柄シャツを厳選

蒸し暑い時期を乗り切るための傑作無地&柄シャツは豊富に展開されている。ここで紹介するものをゲットすれば、ビジネスで好印象を演出できること間違いなし。しかも着心地もよく、ぜひ頼りにしてもらいたい。

クールビズで使える無地シャツ3選

ベーシックな無地シャツは、あらゆるシーンで使えるため、何枚持っていても損はないアイテムだ。セレクト基準は、ボタンや縫製部分に色を使わないシンプルなもの。ここが派手になると、チャラい印象を与えてしまうので要注意だ。

アイテム1『ロベルト・マウリシオ』

ヘリンボーン柄をうっすらと施した、上品な顔つきに。肌触りのいいコットン地に程よく光沢感をもたせているため、ドレッシーに着こなせる。

アイテム2『ソンタク』

日本生まれのブランド『ソンタク』。上部な生地からなるBDシャツは、製品洗いにより、ふっくらとした風合いに。カジュアルでもOKと、その汎用性の高さも魅力だ。

アイテム3『アルマーニコレツォーニ』

シルキーなタッチのコットン地のボディーは、長時間ストレスなく着続けられるのが特徴。襟の返りもよく、ノータイ時でもサマにする。

クールビズで使える柄シャツ3選

遊びのあるコーデに役立つ、それが柄シャツのメリットだ。だからといって派手すぎると、一気に印象がガタ落ちするので、控えめなチェックやストライプ柄を。カラーはネイビーやライトブルーといったものが一番使いやすく、合わせやすい。

アイテム1『バーバリーブラックレーベル』

『バーバリーブラックレーベル』

HRTHRT

ネイビーチェック柄は適度なラフ感を備え、温かみのある印象。グレーパンツ合わせのベーシックコーデでも、シャツの柄が映えオシャレさをグッと引き寄せられる。

アイテム2『フィナモレ』

リネン混の生地にストライプを採用し、ワイドの襟型。ドレスとカジュアルのバランスが絶妙で、快適な着心地とともに大人なスタイリングが楽しめる。

アイテム3『エリッコ フォルミコラ』

エリッコフォルミコラ氏が『ルイジ ボレッリ』などを経て立ち上げたナポリのシャツブランド。洗練されたシルエットながら、ストレスを感じさせない着心地が魅力の一枚だ。淡いブルーのブロックチェックが、これからの季節感ともマッチ。

    KEYWORD関連キーワード

    BACK