30代メンズに似合う。モード系ファッションコーデ術

30代メンズに似合う。モード系ファッションコーデ術

今シーズン、人気再燃がウワサされるモード系ファッション。周りと差をつけるなら本格的に流行する前に先取りしたいところ。まずは着こなし術を予習しておきましょう。

山崎 サトシ

2016.04.21

モードファッション

モード系ファッションとは?

フランス語でファッションや流行を意味するモード(=MODE)。実のところかなり定義は曖昧ですが、多くの場合は欧州のコレクションブランドが発信するハイグレードかつ先鋭的なスタイル、あるいはそこからイメージを得た装いをさします。広義では“非凡なファッション”を意味しており、コンサバとは対極に位置するスタイルといえるでしょう。

モード系ファッションを作るのに欠かせないアイテム

モード系=先鋭的とはいっても、ただ単にエッジィな感じに走るのは絶対にNG! 大人のモード系スタイルには落ち着いた雰囲気が必要不可欠となります。そのあたりを踏まえておすすめしたいのが、下の七大アイテムです。

コートはシックなデザインの一着を選ぶのがセオリー

モード系ファションに用いることが多いアウターといえばコートです。とはいえなんでもよいワケではありません。モッズコートやトレンチといったミリタリーっぽいモデルよりも、チャスターフィールドやステンカラーなど、シックな見栄えのモデルを選びましょう。

レザージャケットはノーカラータイプのモデルを推奨

革ジャケもモードスタイルにおける定番アイテムのひとつ。バイカーテイストのハードなものではなく、シンプルに仕立てられた逸品が正解です。なかでもイチオシなのが襟を省いたノーカラー仕様。大人っぽさとモード感を両得できるので、入手しておきたいところです。

スリムで首元広めのTシャツがベストチョイス

Tシャツのセレクトもかなり肝要となります。首元が詰まったものやゆったりとしたサイズ感のものはスポーティーに見えるため、モードスタイルにはやや不向き。反対に細身のシルエット&ネックが深めに設定された一着ならば、クールなモードコーデになじみます!

スキニーまではいかない、程よく細身のパンツが大人の相棒

この種のファッションスタイルはスキニーパンツを合わせることが多いのですが、若々しいアイテムのため大人には少し難易度が高め。そこでおすすめなのが、スキニーよりも少しフォルムに余裕があるスリムタイプ。これなら違和感なく着こなしにマッチしてくれます。

ショートブーツならモードな着こなしにハマりやすい

続いては足元ですが、まずリコメンドしたいのがブーツ。ただし、ワークブーツ・ミリタリーブーツなどの武骨なものではなく、街履きを意識したスタイリッシュなモデルということが前提です。また、パンツとの相性を考えるなら、ロング型よりもショートブーツのほうが◎。

スニーカーを足元に持ってくるのであれば、ミニマルデザインが絶対条件

「足元は絶対スニーカーがよい!」という大人も多いはず。そんな人は余計な装飾の入っていない、ミニマルなルックスの一足を。できればアッパーはよくあるキャンバスではなく、上質さを感じるレザー素材がよいでしょう。色はホワイトかブラックの単色がモード向き。

モード好きな大人が身に着けたいバッグはレザートート!

最後はバッグのご紹介。選択すべきはずばり、本革使いのスマートなトートバッグ。さらに、ボリュームを抑えたサイズ感&プレーンな単色仕様であることも条件となります。リュックやショルダーはトートと比べてややスポーティーに映るので、ヌケ感を出したい人向きです。

モードファッションを着こなす3つのルール

鮮度の高さは文句なしですが、考えなしに実践すると悪目立ちしてしまう危険性をはらんでいるモード系ファッション。でも大丈夫です。3つの原則を守りつつ着こなしを作れば、大人にふさわしいコーディネートを作れます。

モノトーンカラーを基調にスタイルメイクすれば間違いなし

いつの時代も、モノトーンカラーはモードファッションを象徴する色。手軽に、かつ大人っぽくモード感を出せるので、初心者はまずこのルールにのっとるようにするのがベストです。とはいっても、全アイテムを無理やりモノトーンだけで統一する必要はありません。ポイント的に色を差すのはまったく問題ないのでご安心を。

少しだけディテールに遊びが入ったものがモードっぽい!

レザーJKTだったり、ジーンズだったり、あるいはブーツだったり。どれもワードローブの定番ですが、どこかに遊びの要素が入っているとそれらもモードっぽい表情に。たとえば写真のジーンズはコーティング加工でひと味違う表情を演出しています。そういった適度に遊びの効いたアイテムを投入すれば、装いはグッと鮮度を増すはず!

極端なモードテイストは大人に不向き。頑張りすぎない感じがベスト

いくらモードテイストを狙いたいからといって、全身をナローなアイテムだけでまとめたり、ド派手な柄もので上下をまとめたりするのは×。よわい30を過ぎた大人がガチ過ぎるモードスタイルにチャレンジするのはイタイだけです。やりすぎないシルエット、やりすぎないデザインのアイテムを選び、スマートなモードスタイルを実践しましょう。

これらを押さえつつ、参考にしたいモード系ファッション10コーデ

街には大人のモードスタイルをうまく体現しているファッショニスタが急増中。モードスタイルが人気爆発間近なのがわかります。まずは彼らの着こなしをお手本として、コーデを組んでみてはいかがでしょうか?

黒でまとめたクールなレイヤリングコーデを、カットソー生地のパンツでうまく脱力。気取りすぎないモードスタイルの模範解答です。足元はカラーソックスで絶妙に味付け。

ジャケット・パンツ・インナーまですべて無地のアイテム。それなのにオジさんっぽさとは無縁なスタイリッシュコーデに仕上がっているのは、顔まわりの小物使いがうまいから。

モノトーンコーデというと黒が基調となりがちですが、彼の場合はライトグレー&ホワイトを多用しているため、春夏らしいニュアンス。足元のシンプルスニーカーとも合っています。

ベーシックなテーラードスタイルに広めネックのカットソーでモード感をミックス。スニーカーとトートバッグをブラックのレザー素材で呼応させれば、雰囲気はさらに高まります。

モード色の濃厚なブラックのセットアップですが、パンツがアンクルカットとなっているからカタすぎない印象です。インナーに採用したストライプスウェットでメリハリ感もゲット。

太ボーダー柄のタートルニットという適度に茶目っ気あるトップスで、肩の力を抜いたモードスタイルに。コーデとの色合いに溶け込むレザートートで一体感を出したのもポイント。

レザーブルゾン、シャンブレーシャツともにノーカラーでリンクさせて、トレンド感の漂うコーディネートに仕上げています。足元に合わせたショートボアブーツがアイキャッチ。

本来は主張あるチェック柄のブルゾンですが、これくらいの色合いならモードな着こなしにフィット。アウターの存在感が生きるよう、ニット&スリムパンツは黒でまとめました。

昨今ブレイクしているガウンを着こなしのメインアイテムに抜てき。アウターにボリュームがある分、インナーは軽さのあるVネックTを持ってきて緩急のバランスを取っています。

    KEYWORD関連キーワード

    BACK