おしゃれで便利なスツール。長く愛せる名品10選

おしゃれで便利なスツール。長く愛せる名品10選

ソファやチェアほど圧迫感がなく、部屋のインテリアに取り入れやすいスツール。座るだけでなく、サブテーブルや飾り台としても活用できるのが人気を集めている理由だ。

大中 志摩

2018.04.04

インテリア
家具

インテリアとして取り入れやすいスツール

スツールとは背もたれのない椅子のこと。ソファやチェアと比べて、スペースをとらず圧迫感を感じさせないため、気軽にインテリアとして取り入れやすい点が魅力だ。持ち運びしやすいコンパクトなタイプから、カウンターなどで使うハイスツールなど、種類も豊富に揃うため、部屋にマッチするアイテムを選びたい。

椅子としてだけじゃない、汎用性の高さもスツールの魅力

スツールは椅子としてだけでなく、インテリアとしても幅広く活用できる。例えば、リビングのサイドテーブルとして、ベッド横に置いてナイトテーブルとして、観葉植物と組み合わせておしゃれな飾り台としてなど、シーンに合わせてアレンジ可能。

長く愛用したくなる、名品10選

前述のとおり、汎用性の高いおしゃれインテリアとして人気を集めているスツール。ここでは、デザイン性はもちろん、機能性や耐久性も優れた長く使いたくなる名品を紹介する。

アイテム1『天童木工』×『柳宗理』バタフライスツール

計算し尽くした曲線美が魅力のバタフライスツール。同じ形の成形合板を2枚組み合わせた作りはまさに蝶が飛んでいる姿そのもの。シンプルな構造とデザインの美しさからニューヨーク近代美術館やルーブル美術館の永久収蔵品として世界でも高い評価を得ている。

アイテム2『柳宗理』エレファントスツール

1954年に誕生し、1970年には大阪万博に出品されるなど、日本のインダストリアルデザインを代表するアイテムとして国内外で高い評価を得ている名作。丸みを帯びたフォルムがユニークで存在感を発揮する。軽く、耐久性にも優れており、スタッキングしておくことも可能。

アイテム3『アルテック』スツール60

フィンランドを代表する建築家アルヴァ・アールト氏によって設立された『アルテック』。ロングセラーとなっている本作は、特殊な加工を施した「エルレッグ」と呼ばれる脚を採用し、非常に耐久性に優れた仕上がりが特徴だ。これ以上ないシンプルなデザインも長く愛され続ける理由。

アイテム4『ワーナー』シューメーカースツール

北欧の伝統を継承したシンプルな作りで洗練された印象を放つ本作。お尻の形に合わせたフォルムの美しさもさることながら、柔らかく安定感のある座り心地は1度味わったらやみつきになるはず。

アイテム5『ヴォーンベダルフ』ウルムスツール

画家や彫刻家、建築家など幅広い分野で活躍したマックスビル氏が、ウルム造形大学の学生のためにデザインしたスツール。洗練されたミニマルなデザインは、逆さまにして物を持ち運んだり、積み重ねてシェルフのように使ったりと1台で何役もこなしてくれる。

アイテム6『天童木工』リングスツール

日本でも人気の高い『天童木工』創設メンバーの一人で、社長も務めた加藤徳吉氏によって1955年に誕生。輪のような座面、つま先立つバレリーナのような脚が特徴的で、シンプルな作りながらも計算されたデザインはどこから見ても美しい。もちろん座り心地も申し分なし。

アイテム7『石巻工房』×『プレイウッド』スツール H13609

東日本大震災の支援活動から誕生したブランド『石巻工房』のスツールは、スタッキングすれば棚としても活用できる優れモノ。持ち運びしやすく頑丈なのでアウトドアチェアとしても活用できる。飽きのこないシンプルなデザインも◎。

アイテム8『カール・ハンセン&サン』ハンス・J・ウェグナー CH53 スツール

北欧を代表する家具メーカー『カール・ハンセン&サン』。どこから見ても美しいスツールと賞賛される本作は、ペーパーコード張りの座面が特徴だ。職人の手によってていねいに仕上げられており、素材自体の耐久性も高いため、長く愛用できる。

アイテム9『渡辺力』ソリッドスツール

『渡辺力』の代表作であるトリイスツールの原型になったのがこちらのモデル。無垢板を使用した座面とスチールロッドの脚部が直線的で端正なフォルムを生み出している。座りやすさを考慮した座面の角度や、持ち運びやすいようにデザインされた座面中央の持ち手など細かな配慮も見逃せない。

アイテム10『アルテック』ロケットスツール

1995年にフィンランドの巨匠、エーロ・アールニオ氏によってデザインされた本アイテムは、ロケットのようなフォルムが特徴的でロケットスツールとして親しまれている。やさしく包み込まれるような曲線は、北欧デザインらしいほっこり感を醸し出す。キッチンからリビングなど幅広いスペースで活躍。

    KEYWORD関連キーワード

    BACK