フェミニンさ皆無! 大人の装いにハマるトートバッグ選び

フェミニンさ皆無! 大人の装いにハマるトートバッグ選び

バッグを持っていない男性を街で見かけますが、ファッションのアクセントとしても使えるバッグを取り入れないのはもったいない! まずはトートバッグから始めてみては?

まつお ありさ

2016.04.17

バッグ
トートバッグ

大人の装いにハマるアイテムが欲しい

大人の装いにハマるアイテムが欲しい

「荷物が少ないから、バッグは持たなくても大丈夫」という考えの方も多いと思います。でも、備えあれば憂いなし。持たないよりは持ったほうが何かと便利なものです。「そうわかっていてもトートバッグってカジュアルすぎて、大人カジュアルにハマるのか疑問」と、バッグを持つことに抵抗がある人も少なくないですよね。そこで今回は、大人の装いにもハマるトートバッグを紹介します。これを読めば、トート推しに変わるかも。

■合わせて読みたい:
トートバッグのおすすめブランド30選。定番から旬モノまで揃えました

女性っぽくない選び方って?

女性っぽくない選び方って?

どうしてもフェミニンに見えてしまう懸念がぬぐいきれないトートバッグですが、実は耐久力もあって、ガシガシ洗えるタフで便利なアイテムなんですよ。ここではトートバッグを選ぶ時のポイントをお伝えしていきます。素材や持ち手の長さ、大きさなどのデザイン面を押さえれば、いつもの着こなしにもすっきりなじむこと間違いなしです。以下の記事でお伝えするポイントを押さえて、自分にぴったりのトートバッグを見つけてください。

休日に使うなら、選ぶポイントはサイズ感・カラー・素材

休日に使うなら、選ぶポイントはサイズ感・カラー・素材

トートバッグ選びのポイントを端的にまとめると3点です。@サイズ感、Aカラー、B素材。サイズ感は、A4よりも大きめがGOOD。男性が持つとA4サイズというのは小さく見えるのでフェミニンに見えてしまいがちです。Aのカラーは、黒や生成りなどのシンプルな色目、もしくは赤や黄色などの差し色に使えそうな色。Bの素材は、帆布、軍モノの特殊素材など、ベーシックなものか機能面に長けた素材を選ぶのがおすすめです。

アイテム選びに迷ったら、この定番ブランドの中から

ではここからはブランドごとにトートバッグを見ていきましょう。オーセンティックなものからひねりを利かせたものまでラインアップは豊富にあるので、普段の装いや手持ちのアイテムに合わせやすいバッグをまずは探してみてくださいね。

アイテム1『L.L.ビーン』

トートバッグといえば、真っ先に思い浮かぶであろうブランドがこちら。重い氷を運ぶため、耐久性に優れ丈夫なことがなによりの特徴であり人気の理由です。カラーバリエーションはさまざまですが、爽やかな生成り×ブルーの配色がおすすめです。春の着こなしにもぴったりですね。

アイテム2『テンベア』

持ち手はレザー、ボディーは帆布のコンビネーションがシンプルながらも洗練された印象。パラフィン加工を施したキャンバス生地は汚れにくく、使うほどに柔らかな風合いになるので、長く愛用したくなる。

アイテム3『ナノ・ユニバース』

イタリアのファクトリーで作られたレザートート。帆布とは違い、フォーマルな雰囲気を演出してくれる優れもの。レザーの柔らかい質感や、落ち着いたネイビーが大人の装いにハマります。

アイテム4『エルベシャプリエ』

ナイロン生地で作られた舟形のデザインが特徴で、鮮やかな発色が魅力です。男性が使うなら、落ち着いた色合わせを選ぶのが無難かも。

アイテム5『ブリーフィング』

軍モノ用に開発された特殊な生地を使用した『ブリーフィング』のトート。軽量かつ巾着仕様になっているので、普段使いはもちろん旅先でも活躍すること間違いなし。カモフラ柄が男らしさを格上げ。

アイテム6『コーエン』

広めのマチと、コットンキャンバス生地で仕上げたスタンダードなトートバッグ。肩掛けがしやすい持ち手の長さも◎。どんな服にもハマる色使いと程よい大きさがトートビギナーさんにもぴったり。

アイテム7『ポーター』

雰囲気やサイズ感、使い勝手を熟考して生み出されたこだわりのトートバッグ。フィンランド製のデッドストックのファブリックを持ち手に使うなど、ちょっとしたこだわりが、着こなしのアクセントにも。

アイテム8『アミアカルヴァ』

3way仕様のトートバッグは、1つあるとなにかと便利。ショルダーのストラップを調整すれば、手持ちだけではなくタスキ掛けも可能に。荷物が多い日や両手を自由に使いたい人にぴったり!

トートバッグを取り入れた、カジュアルよりのコーデサンプル

ここからはトートバッグを取り入れた着こなしサンプルをお届け。なかでもカジュアルに見えるサンプルを中心にピックアップしました。これを見れば、トートバッグに抵抗のあった人でも、攻略できるハズ。

白×黒のバイカラーがすっきりとした印象のトートバッグ。バッグの色みにあわせて上下をモノトーンでまとめています。ニットキャップやスニーカーでカジュアルさをキープ。

ボタンダウンシャツ×デニムのワントーンコーデに、帆布のトートバッグがよくなじんでいます。発色が鮮やかなスニーカーをチョイスし、カジュアル感を強めています。

インディゴやネイビーを基調としたカジュアルコーデには、トートバッグがベストマッチ。子供っぽくなりすぎないように小物やアクセサリーでスパイスを投入したのが◎。

春夏も引き続き注目したいアースカラー。土臭くならないよう、白がまぶしいトートバッグで爽やかさをプラス。ショートパンツやハットを使い、こなれた着こなしに昇華。

バスクシャツとチノパンのカジュアルな装いに、生成りのシンプルなトートバッグをプラス。着こなしのじゃまをせずとも存在感があるデザインが好印象なトータルコーデ。

トートバッグを取り入れた、きれいめよりのコーデサンプル

ジャケットやシャツスタイルにも合わせやすいのがトートバッグの魅力。帆布の場合は、ダークカラー、もしくはレザーを使ったトートをチョイスすれば、カジュアルになりすぎません。色使いや素材に注意して、服とあわせてみてください。

シャツやネクタイを使ったかっちりめのスタイル。全身をダークカラーでまとめていますが、赤いトートを差し色として活用。ポップな印象の赤も、こう使えば問題なし!

チェックのジャケパンには、レザートートを合わせて大人の余裕を。レザー使いと、大きめのサイズ感が男らしくも上品な雰囲気。大人ならではの雰囲気を作る黒は◎。

ネイビーのセットアップにスポーツサンダルを合わせた感度の高い装い。スポーツサンダルでカジュアルさは作っているので、バッグはレザーをチョイスしかっちりと仕上げて。

ネイビー×ホワイトが大人っぽい雰囲気。足元に抜け感を持たせつつ、レザーシューズを合わせたことできれいめな印象に仕上がっています。小さめサイズの白トートもGOOD。

春らしいステンカラーコートを主役に、白やネイビーを散らしたトレンド感強めの着こなし。持ち手とバッグの色は、服の色とリンクさせながら品よくまとめています。

    KEYWORD関連キーワード

    BACK