デニム改革。意外なブランドのデニムが最高だった

デニム改革。意外なブランドのデニムが最高だった

今春はデニムパンツが旬。王道のブランドを選べば問題はありませんが、人とカブったり、新鮮味が足りなかったり……。そこで、アウトドア系ブランドのデニムが狙い目です。

平 格彦

2016.04.09

ボトムス
ジーンズ

デニムブランドばかりじゃない。この春頼りたいデニムとは?

何気なくアウトドアテイストが新鮮に演出してくれる!

何気なくアウトドアテイストが新鮮に演出してくれる!

ZOZOTOWNZOZOTOWN

ボーダーTシャツに薄色ジーンズを合わせた何気ない着こなしですが、どこか新鮮じゃありませんか? その理由は、ウェビングベルトや独特なシルエット。さり気ないアウトドア感がデニムを新鮮に見せているんです。つまり、この春の裏本命はアウトドア系デニム!

アウトドアブランドのデニムが気になる理由

デニムの出自はワーク。そこにアウトドアブランドならではの仕様が加わると、ほんのりとスポーツの薫りが漂います。最近はスポーツミックスが人気ですが、そんな流れもくんだ新鮮な表情になるというわけです。アウトドア系デニムの魅力を具体的に解説します!

いつものアメカジスタイルに新鮮味がプラスできる

いつものアメカジスタイルに新鮮味がプラスできる

ZOZOTOWNZOZOTOWN

MA-1にスウェットパーカーやスニーカー、ジーンズを合わせた王道のアメカジスタイルも、アウトドア系デニムを用いると一気に鮮度が高まります。生地はデニムなのでアメカジに難なく馴染みますが、デザインがアウトドアパンツなので新鮮に映るというわけです。

ウェビングベルトが腰回りのさり気ないアクセントになる

ウェビングベルトが腰回りのさり気ないアクセントになる

ZOZOTOWNZOZOTOWN

アウトドアブランドが展開するデニムパンツの大半はクライミングパンツ型。その大きな特徴のひとつがウェビングベルトです。先端を垂らすことで、腰回りのアクセサリー代わりになり、シンプルなコーディネートにアクセントを加味してくれます。

旬なデニムを取り入れながらも周囲と差をつけることができる

旬なデニムを取り入れながらも周囲と差をつけることができる

ZOZOTOWNZOZOTOWN

そもそも今春はデニムという素材が注目の的。とくにジーンズが人気です。周囲とカブってしまう危険性も高いのですが、アウトドア系デニムなら選ぶことで出し抜くことができます。ガゼットクロスを用いたシルエットだけでも新鮮なので、取り入れてみてください!

ルールは3つ!アウトドアブランドのデニムの選び方

アウトドア系デニムに注目すべき理由がわかったら、実際に選ぶべきアイテムも気になるはず。3つのルールを紹介しますので、そのうちのいずれかをクリアしているデニムを選びましょう。もちろん、網羅したアイテムなら一層入手する価値があります!

デニムならではのヴィンテージ感がリアルに表現されている

デニムならではのヴィンテージ感がリアルに表現されている

ZOZOTOWNZOZOTOWN

今シーズンは加工感のある薄色デニム地が最旬。ということで、アウトドアブランドのジーンズでもそんな生地感を本命とすべきです。周囲とあえて差をつけるため、ダーク調を選んでもOKですが、デニムらしい風合いや表情があることは必須条件です。

動きやすさを約束してくれるガゼットクロッチを採用

動きやすさを約束してくれるガゼットクロッチを採用

ZOZOTOWNZOZOTOWN

クライミングパンツの特徴であるガゼットクロッチは、股部分に設けられたマチのこと。このパターンによって180度の開脚も可能となり、動きやすさをもたらしてくれます。また、股上にゆとりのある独特なシルエットを生み出し、アウトドア感を醸し出します。

簡単に着脱できるウェビングベルトを備えている

簡単に着脱できるウェビングベルトを備えている

ZOZOTOWNZOZOTOWN

アウトドア系デニムが気になる理由とも重複しますが、ウェビングベルトがあるとかなり新鮮。腰回りのスパイスにもなってくれます。もともと、片手でも着脱やサイズ調整がしやすいように生まれた仕様なので、機能面でも重宝。付属していた方が便利です。

アウトドアブランドのデニムを着こなすためのヒント

アウトドア系デニムのシルエットは、裾が引っ掛かりにくいテーパード型が基本。オールマイティにはき回すことができ、ほかのデニムパンツと同じようにコーディネートすればよいのですが、魅力が生きるはきこなし方もあります。主な3パターンを紹介します。

ベルトなどの仕様を見せるためにショート丈アウターを選ぶ

ベルトなどの仕様を見せるためにショート丈アウターを選ぶ

WEARWEAR

ウェビングベルト付きのクライミングパンツタイプのデニムなら、その特徴を主張すべき。ということで、腰がよく見えるショート丈のアウターを合わせるのがおすすめです。MA-1やリブブルゾンがその代表となります。コンパクトな上半身でモダンにまとめましょう。

スウェットパーカーやボーダー柄で軽快感を強調する

スウェットパーカーやボーダー柄で軽快感を強調する

WEARWEAR

アウトドア仕様のクライミング型ジーンズは、シルエットが特徴的でどこかスポーティ。同じ共通点を持つスウェットパーカーとは相性が抜群です。ショート丈のアウターとして着用し、インナーにボーダー柄を合わせれば、持ち前の爽快感が一層引き立ちます。

ホワイトのトップスを合わせて爽やかにまとめる

ホワイトのトップスを合わせて爽やかにまとめる

ZOZOTOWNZOZOTOWN

爽快感を強調する着こなしパターンとして、白いトップスを合わせるという手もあります。旬なカラーのTシャツやニットを合わせるだけで、アウトドア系デニムの爽やかさが際立ちます。トップスをコンパクトにまとめる、パンツのシルエットを際立たせるのが基本。

これが欲しい!アウトドアブランドのデニムリスト

前述したアウトドア系ジーンズを選ぶポイントを1つ以上押さえたおすすめ品を紹介! 薄手で動きやすいパンツが多いのも特徴的です。淡いトーンの色落ち生地がもっとも今季的ですが、ダークトーンでも生地が薄めなので軽快な印象。春らしさが演出できます。

『ケルティ』×『シップス ジェネラルサプライ』別注デニムイージーパンツ

『ケルティ』×『シップス ジェネラルサプライ』別注デニムイージーパンツ

ZOZOTOWNZOZOTOWN

デイパックなどを中心に展開するアウトドアブランド『ケルティ』と、人気セレクトショップとのコラボ品。デニム地を用い、ウェビングベルトなどの仕様を取り入れてイージーパンツ型に仕上げています。全体的には細身ですが、深めの股上がリラックス感を創出。

『グラミチ』×『チャオパニック』別注ストレッチデニム ナローパンツ

『グラミチ』×『チャオパニック』別注ストレッチデニム ナローパンツ

ZOZOTOWNZOZOTOWN

クライミングパンツで人気の『グラミチ』へ別注して生み出したデニムパンツは、ナローなシルエットがモダンな雰囲気。ストレット生地なのではき心地はノンストレスです。ウェビングベルトといったアウトドアの仕様もしっかりと採用しています。

『ワイルドシングス』別注 アンクル ワイルドクライミングパンツ

『ワイルドシングス』別注 アンクル ワイルドクライミングパンツ

ZOZOTOWNZOZOTOWN

アウトドアスタイルも得意とするセレクトショップ『ビーバー』が、カナダの本格的クライミングブランドへ別注して生まれた逸品。トレンドのワイドなシルエットにくわえ、アンクル丈や薄手の生地感がリラックスした着用感と見た目の抜け感を約束します。

『マナスタッシュ』CM-ストレッチ クライムパンツ

『マナスタッシュ』CM-ストレッチ クライムパンツ

ZOZOTOWNZOZOTOWN

アメリカのシアトルを拠点とするアウトドアブランドによる一本は、クールマックス素材の糸を織り交ぜたストレッチデニム仕様。速乾性があり、ドライなタッチが快適です。ワークテイストのルックスですが、ウェビングベルトなどの機能性も搭載しています。

『チャムス』ユタデニムパンツ

『チャムス』ユタデニムパンツ

ZOZOTOWNZOZOTOWN

小物などを得意とするアウトドアブランドらしく、ウェビングベルトはフライングブービー柄。デザイン上のアクセントになっています。ゴム入りの裾や明るいトーンのデニム地が今季らしさを演出。スタイリングに組み込むだけで、一気に鮮度アップが果たせます。

アウトドアブランドのデニムを使ったコーデ集

さり気なく新鮮味が醸し出せるアウトドアブランドのデニムは、はきこなしてこそ真価が発揮されます。その魅力を紹介するため、参考にすべきコーディネートサンプルを10点選りすぐりました。すぐにでもテクニックを盗み、実践してみてください。

アウトドアブランドのデニムを使ったコーデ集

ZOZOTOWNZOZOTOWN

ネイビーのリブブルゾンに、ナローなピッチ幅のボーダーTシャツを合わせ、マリン調の爽快なトップスを形成。スポーティで軽快なクライミング型デニムがよく似合っています。

アウトドアブランドのデニムを使ったコーデ集 2枚目の画像

ZOZOTOWNZOZOTOWN

アウトドア系デニムを起点に、全身をブルーで揃えた爽やかなワントーンスタイル。アウターはショート丈、インナーはボーダー柄で、着こなしのポイントも押さえています。

アウトドアブランドのデニムを使ったコーデ集 3枚目の画像

ZOZOTOWNZOZOTOWN

ミリタリーシャツを合わせ、アウトドア調パンツとのテイストミックスを実践。シャツと靴を旬なベージュで揃えて軽快に仕上げています。インナーの迷彩柄が何気ないスパイス。

アウトドアブランドのデニムを使ったコーデ集 4枚目の画像

ZOZOTOWNZOZOTOWN

ボーダー柄のスウェットパーカーはかなり爽やかなイメージ。ポロシャツにスニーカー、アウトドア系デニムと、ほかのアイテムもスポーティなタイプで統一し。一層爽快に。

アウトドアブランドのデニムを使ったコーデ集 5枚目の画像

ZOZOTOWNZOZOTOWN

デニム+スウェットパーカーはアメカジの定番スタイルですが、パンツがアウトドア系なら何気なく新鮮。こなれたムードも漂っています。スニーカーの差し色も効いています。

アウトドアブランドのデニムを使ったコーデ集 6枚目の画像

WEARWEAR

パーカーにかぎらず、スウェットシャツもスポーティな雰囲気。同じくスポーツ調のアウトドア系デニムとは好相性です。王道のアメカジスタイルを今季的に仕上げたお手本!

アウトドアブランドのデニムを使ったコーデ集 7枚目の画像

ZOZOTOWNZOZOTOWN

こちらもスウェットシャツ+アウトドア系デニムというおすすめの組み合わせ。ウェビングベルトがアクセントになっていますが、チェックシャツも腰に巻いてアメカジ感を増強。

アウトドアブランドのデニムを使ったコーデ集 8枚目の画像

ZOZOTOWNZOZOTOWN

色落ちした薄色デニムはニットとの相性も抜群。品のある質感で大人っぽくまとまります。その一方、ニットのボーダー柄や独自フォルムのアウトドア系パンツが抜け感も演出。

アウトドアブランドのデニムを使ったコーデ集 9枚目の画像

ZOZOTOWNZOZOTOWN

白いニットを合わせることで、アウトドア系パンツが持つスポーティな魅力を強調。あえてグレーのデニムを選び、モノトーン基調の着こなしにしてシックにまとめています。

アウトドアブランドのデニムを使ったコーデ集 10枚目の画像

ZOZOTOWNZOZOTOWN

Tシャツの重ね着が目を引く着こなし。デニム以外はモノトーンでまとめ、大人っぽく仕上げています。ソフトなアウトドア系デニムなので、春っぽさのあるアメカジスタイルに。

ジーンズをおしゃれに着こなすための5大法則とコーデサンプル

ジーンズをおしゃれに着こなすための5大法則とコーデサンプル

タイムレスな日常着であるジーンズ。だからこそコーデ次第では周りに埋もれてしまうことも。今どき感を演出するための法則を押さえ、一歩先の装いを目指しましょう。

山崎 サトシ

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    Gジャンはこう着こなす! おしゃれな男のコーデ術【秋冬編】

    Gジャンはこう着こなす! おしゃれな男のコーデ術【秋冬編】

    秋は主役として、冬はインナーとして。季節をまたぎ活躍するジージャンは、夏が終わる前に押さえておきたいマストハブ。選択時のポイント&秋冬のコーデ術を解説します。

    山崎 サトシ

    アウトドアブランドのパンツを街ではく3つのポイント

    アウトドアブランドのパンツを街ではく3つのポイント

    アウトドアのボトムスはアクティブ性能が信条だ。しかし、街ではくとなればちょっとした場違い感が出かねない。そんな懸念点をクリアしたアイテムと着こなしを紹介しよう。

    菊地 亮

    ジーンズをおしゃれに着こなすための5大法則とコーデサンプル

    ジーンズをおしゃれに着こなすための5大法則とコーデサンプル

    タイムレスな日常着であるジーンズ。だからこそコーデ次第では周りに埋もれてしまうことも。今どき感を演出するための法則を押さえ、一歩先の装いを目指しましょう。

    山崎 サトシ

    大人の必需品。オックスフォードシャツの着こなし方と注目ブランド

    大人の必需品。オックスフォードシャツの着こなし方と注目ブランド

    オーセンティックなアイテムこそ奥が深いのがメンズファッション。男の定番服であるオックスフォードシャツも、その特徴と選び方を知っておけばより品良く着こなせます。

    平 格彦

    季節の変わり目に活躍する6つのライトアウターとその着こなし方

    季節の変わり目に活躍する6つのライトアウターとその着こなし方

    季節の変わり目に気をつけたいのが寒暖の差。そこで、サラッと羽織れて荷物にもなりにくいライトアウターこそ渡りに船。さらに旬もアピールできたら大いに助かるはず。

    菊地 亮

    BACK