デニムコーデを格上げ!ジーンズと相性抜群ウェア5選

デニムコーデを格上げ!ジーンズと相性抜群ウェア5選

デニムはどんなスタイルにもすんなりなじむ使い勝手のよさが魅力だが、合わせるアイテムを選ばないと単調になりがち。着こなしを格上げするおすすめのアイテムを厳選紹介。

菊地 亮

2016.04.02

ボトムス
ジーンズ
春の着こなし・コーデ

応用力高すぎ! だからこそデニムは難しい?

応用力高すぎ! だからこそデニムは難しい?

デニムはどんなスタイルにもすんなりとなじんでくれる万能アイテム。しかし、ポイントを押さえなければ野暮ったい着こなしにもなりかねないので、合わせるウェア選びが難しいのも事実だ。今回は、デニムを使った大人の着こなしを目指すためのコツを紹介する。 こちらで紹介した、デニムと相性がよい小物 と合わせて参考にしてほしい。

デニムに合わせるウェアに共通するキーワードとは

メンズワードローブの定番であるデニムは、どんなアイテムとも相性よく組み合わせられる汎用性の高さがウリの1つ。だからといって、自由にコーディネートするのも考えもの。そこで、ここではデニムと合わせるウェアに共通するキーワードを解説する。

キーワード1細身やジャストサイズを選び、大人のシルエットに

デニムと合わせるウェアは、細身やジャストサイズのものが基本。なぜなら、ゆったりとしたサイズ感のものを選んでしまうと野暮ったくなったり、カジュアル色が強くなったりするから。すっきりとしたサイジングのウェアで、整ったシルエットを演出しよう。

ポイント2上品な印象のアイテムと合わせて、カジュアル色を抑えよう

カジュアルなアイテムであるデニムは、上品なアイテムと合わせて着こなしたいもの。白シャツやテーラードジャケットなど、定番ではあるが大人らしさが香るアイテムをセレクトすれば、“小僧感”が皆無のデニムコーデを確立できる。

ポイント3異素材と合わせてメリハリを出す

デニムパンツにデニムシャツというコーディネートも悪くはないが、ここではあえてレザーをはじめとする異素材とのミックスを提案したい。着こなしに素材感のメリハリを与えることで、カジュアルなデニムコーデが引き締まった印象に見えるはずだ。

厳選。デニムに合わせるウェアと着こなし方

上記で述べた3つのポイントを押さえつつ、デニムに合わせたいウェアと着こなし方を紹介する。今回選んだウェアはどれも定番アイテムなので気兼ねなく取り入れることができるのもポイント。シンプルでありながら、しゃれ感やこなれ感のある大人の着こなしを楽しんで。

アイテム1チェックシャツでアメカジのド定番を狙う

チェックシャツとデニムはメンズファッションの定番であるアメカジコーデ鉄板の組み合わせ。チェックシャツは、主役として着用するのはもちろん、腰に巻いたりさりげないアクセントにしたりと、汎用性が高いため取り入れやすいはず。アレンジ次第では幅広く活躍してくれるのでマストで持っておきたい一枚だ。

チェックシャツ、デニム、スニーカーのグランジスタイル。細身のシルエットやハットで野暮ったさを払拭した。鮮やかな赤と薄いデニムのブルーのコントラストが効いた爽やかな印象に仕上げている。

ダークトーンのチェックシャツ、濃紺デニムを合わせた着こなしに、アクセントとしてライトグレーのスニーカーをプラス。シンプルな着こなしは細身のシルエットにまとめることで洗練された雰囲気に仕上がる。

野暮ったい印象を与えるダメージデニムは、白のニットやレザーシューズでバランスを整えて。腰にはチェックシャツを巻いてこなれ感を演出。バングルの1点づけやハットが大人っぽさを加速させる。

アイテム2白シャツとデニムでクリーンに

清潔感のある白シャツはきれいめアイテムの代表各。デニムと合わせることで着こなしを爽やかに演出し、カジュアルときれいめのバランス感も調整しやすい。また、1枚で着てもサマになるうえ、どんなアイテムにもマッチするのでコーディネートしやすいのだ。

一切の無駄を省いたデニムパンツと白シャツのコーディネート。シンプルながら、袖のロールアップやパンツの丈感など、着こなし方で旬な表情を取り入れている。

細身のデニムにリネンのカーディガンジャケットですっきりとまとめ上品なコーディネートを完成させた。ロールアップした足元には白のコートシューズでスポーティさをプラス。

白シャツにネイビーのカーディガンジャケット、細身のデニムパンツに黒のブーツでアクセントをプラス。清潔感のある大人カジュアルを目指すならこのくらいシンプルにまとめるのもおすすめだ。

アイテム3大人のリラックスをスウェットとデニムで楽しむ

チェックシャツ同様アメカジを象徴するアイテムなのでデニムとの相性も抜群。しかし、サイジングを間違えると野暮ったさを与えてしまうので、自分の体型に合ったジャストサイズを選ぶのが鉄則だ。うまく組み合わせればほどよいリラックス感のあるスタイルが楽しめる。

カジュアルな組み合わせだが、ベースをネイビーでまとめることでシックな印象を演出できる。レザーシューズで締めつつ、リラックス感を出すためにもパンツの裾はロールアップして。

デニムとスウェットでシンプルにまとめたカジュアルコーデ。足元はブラウンの短靴で引き締めつつ、赤いソックスでアクセントをプラス。シンプルだが、アイテムの持ち味を生かした大人な着こなし。

チェックシャツ、スウェット、デニムの王道アメカジスタイルは細身のシルエットに仕上げてスタイリッシュに着こなしたい。また、チェックの面積を抑えることで、カジュアルな印象をやわらげることができる。

アイテム4テーラードジャケットとデニムで大人らしく

テーラードジャケットは、カジュアルに合わせてもカチッと感をキープしてくれるのでデニムとの着こなしにはぴったりなアイテムだ。また、トレンドに左右されることなく使えるので1枚持っておくと着こなしの幅がグンと広がる。定番のスタイルでもしゃれ感を簡単に演出できるのもいいところ。

シンプルなスタイリングではあるが、サイズ感のよさが引き立つ着こなし。ジャストサイズで着こなしているため、デニムのカジュアルさが抑えられ、大人のムードに。『ナイキ』のスニーカーでハズしている点も参考にしたい。

白Tにデニムパンツ、スニーカーとカジュアルなスタイルだが、ジャケットを羽織り大人っぽいスタイルに昇華させた。また、落ち着いた色のアイテムを組み合わせているので上品な印象も与えてくれるのだ。

薄いブルーのデニムシャツと濃紺デニムを合わせたデニム・オン・デニムにグレーのジャケットを合わせて大人顔に。色のメリハリを出すことで立体的な表情に仕上げ、メガネやベレー帽でこなれ感を強調した。

アイテム5レザージャケットとデニムで上級者コーデに挑戦

レザージャケットと聞けば、ハードな雰囲気を想定する人も多いだろう。しかしデニムとの合わせ方次第では、カジュアルながらも上品にまとめることが可能。ポイントは、“デニム+レザー”という武骨な組み合わせをいかに中和できるか、という点にある。

レザージャケットとデニムの組み合わせにおいては、いかに上品なアイテムをサンドするかがカギとなる。白シャツはもちろん、茶色のローファーをセレクトしたこちらは、まさにおしゃれなコーデの正解例。ロールアップで軽やかな印象を加味しているテクも見習いたい。

カジュアル色が強いコーデながら、白のフードパーカーが品のよさをサポート。白を強調することで、武骨な印象がまろやかに中和されている好例だ。

ハードなイメージが強い黒のレザーではなく、ベージュスエードのレザーを取り入れるのも1つの手。こちらは『アンユーズド』のレザープルオーバーに薄色デニムの組み合わせ。小物を効果的に使い、「レザー=ハード」というイメージを払拭している。

ジーンズをおしゃれに着こなすための5大法則とコーデサンプル

ジーンズをおしゃれに着こなすための5大法則とコーデサンプル

タイムレスな日常着であるジーンズ。だからこそコーデ次第では周りに埋もれてしまうことも。今どき感を演出するための法則を押さえ、一歩先の装いを目指しましょう。

山崎 サトシ

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    ジーンズをおしゃれに着こなすための5大法則とコーデサンプル

    ジーンズをおしゃれに着こなすための5大法則とコーデサンプル

    タイムレスな日常着であるジーンズ。だからこそコーデ次第では周りに埋もれてしまうことも。今どき感を演出するための法則を押さえ、一歩先の装いを目指しましょう。

    山崎 サトシ

    ワークキャップで男らしく。覚えておきたい被り方&コーデ

    ワークキャップで男らしく。覚えておきたい被り方&コーデ

    デニムを筆頭に、ワークウェアはメンズカジュアルにおいて常に重要な存在だった。被り物でもそれは同じこと。ワークキャップの男らしさはきっと今季の武器になる。

    菊地 亮

    ブラックデニムはオールシーズン使える! 季節別のコーデ法と選び方

    ブラックデニムはオールシーズン使える! 季節別のコーデ法と選び方

    通年使えるブラックデニム。とはいえ、季節ごとにおしゃれに見せるポイントは異なります。そこで、ブラックデニムの選び方やシーズンごとの着こなしを徹底的に解説します!

    まつお ありさ

    シンプルだけどこなれてる、大人のTシャツコーデ25

    シンプルだけどこなれてる、大人のTシャツコーデ25

    春夏のワードローブに必須のTシャツ。つい定番を選ぶゆえに、コーデがマンネリになってしまう人も多いはず。おしゃれな人のコーデから着こなしのヒントを探りましょう。

    CANADA

    夏に着たい白Tシャツは、ビッグサイズで一つ上の男に

    夏に着たい白Tシャツは、ビッグサイズで一つ上の男に

    これまで幾度となく夏は訪れてきたが白Tは常に主役を担ってきた。同時にマンネリ打破の命題とも付き合ってきたわけだが今季はどうやらサイジングにその解答があるようだ。

    菊地 亮

    大人の新定番。バンドカラーシャツとその着こなし方

    大人の新定番。バンドカラーシャツとその着こなし方

    襟付きシャツよりカジュアルで、きれいめにも見せられるバンドカラーシャツを徹底解説。着こなしの作法と、今季狙い目のおすすめブランドをお届けします。

    Freeamericanidol編集部

    BACK