2016春夏メンズコーデにハマる帽子の選び方とかぶり方

2016春夏メンズコーデにハマる帽子の選び方とかぶり方

Freeamericanidol世代のための、大人がかぶれる帽子の種類やブランドを公開。帽子の種類に合わせて選び方やかぶり方も解説します。春夏必須の小物だからこそ、要チェックですよ。

Freeamericanidol編集部

2016.04.02

帽子

春夏の帽子って何を選んで、どうかぶったらいいの?

シンプルな着こなしが気分の春夏は、帽子がおしゃれの心強い味方になります。とはいえ、帽子の種類はさまざまですから、まずはどのような種類の帽子を選ぶのかを決めることが重要。また、帽子の種類を決めたら、次はどうかぶるのかが気になるところですよね。

そこで今回は、大人の男性におすすめの帽子をピックアップ。選び方やかぶり方も紹介しているので、ぜひ春夏の着こなしの参考にしてください。

春夏のメンズコーデにプラスしたい帽子。集めました

メンズのワークキャップ講座 かぶり方からコーデまで

デニムを筆頭に、ワークウェアはメンズカジュアルにおいて常に重要な存在だった。かぶり物でもそれは同じこと。ワークキャップの男らしさはきっと今季の武器になる。

メンズのメッシュキャップ コーデと人気ブランド紹介

メッシュキャップは機能性もデザイン性も兼ね備えるメンズ小物の定番アイテム。そんな定番だからこそ押さえたい、メッシュキャップのかぶり方や旬コーデを紹介する。

メンズ中折れハット 選び方とかぶり方、コーデを指南

軽装になる春夏の着こなしをブラッシュアップさせるなら、昨季からの流れをくんだハットの利用は賢い選択。そこで、スタイルにどう組み込むべきかを改めてここで徹底解説。

春夏必須のストローハット メンズコーデとかぶり方

汎用性が高くラフに使えて、手軽に清涼感を演出してくれるストローハットは春夏前にマストで手に入れておきたいアイテム。特徴から着こなし方まで一挙にまとめて紹介する。

CA4LA(カシラ)の帽子で作る大人メンズの旬コーデ

帽子がひとつあるだけで、着こなしの印象は変わるもの。だからこそデザインや品質にこだわりたいのは当然だ。ここでは、そんなニーズを叶えるCA4LAの帽子とコーデを紹介。

かぶるだけで即おしゃれ。キジマタカユキの大人コーデ

だんだんと薄着になっていくこれからの季節。コーデのポイントになるのが帽子です。おしゃれ上級者から注目を集めるブランド、キジマタカユキの帽子をチェックしよう。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    ジーンズをおしゃれに着こなすための5大法則とコーデサンプル

    ジーンズをおしゃれに着こなすための5大法則とコーデサンプル

    タイムレスな日常着であるジーンズ。だからこそコーデ次第では周りに埋もれてしまうことも。今どき感を演出するための法則を押さえ、一歩先の装いを目指しましょう。

    山崎 サトシ

    ワークキャップで男らしく。覚えておきたい被り方&コーデ

    ワークキャップで男らしく。覚えておきたい被り方&コーデ

    デニムを筆頭に、ワークウェアはメンズカジュアルにおいて常に重要な存在だった。被り物でもそれは同じこと。ワークキャップの男らしさはきっと今季の武器になる。

    菊地 亮

    ブラックデニムはオールシーズン使える! 季節別のコーデ法と選び方

    ブラックデニムはオールシーズン使える! 季節別のコーデ法と選び方

    通年使えるブラックデニム。とはいえ、季節ごとにおしゃれに見せるポイントは異なります。そこで、ブラックデニムの選び方やシーズンごとの着こなしを徹底的に解説します!

    まつお ありさ

    買わない手はない。ニューハッタンのキャップ&ハットがとにかく高コスパ!

    買わない手はない。ニューハッタンのキャップ&ハットがとにかく高コスパ!

    日本上陸から日が浅いながら、巷で高いシェア率を誇るヘッドウェアブランド『ニューハッタン』。圧倒的なコスパを誇る同ブランドを、持たない手はありません。

    山崎 サトシ

    夏に着たい白Tシャツは、ビッグサイズで一つ上の男に

    夏に着たい白Tシャツは、ビッグサイズで一つ上の男に

    これまで幾度となく夏は訪れてきたが白Tは常に主役を担ってきた。同時にマンネリ打破の命題とも付き合ってきたわけだが今季はどうやらサイジングにその解答があるようだ。

    菊地 亮

    今、大人がはくべきデニムブランド20選。一生付き合える理想のジーンズに出会う

    今、大人がはくべきデニムブランド20選。一生付き合える理想のジーンズに出会う

    あらゆるボトムスのなかで、一度手に入れたらもっとも長い付き合いになるのがジーンズ。それゆえ、確かなモノ作りを行うブランドをしっかり押さえておくことが重要だ。

    那珂川廣太

    BACK