コーデを格上げ。狙うは5タイプのテーパードパンツ!

コーデを格上げ。狙うは5タイプのテーパードパンツ!

最近は、テーパードシルエットのパンツが主流。ということで、パンツのタイプ別にメンズコーデの実例を紹介! さり気なく、今っぽく着こなすコツを伝授します。

平 格彦

2016.04.01

ボトムス
春の着こなし・コーデ

テーパードパンツとは

“テーパー (taper)” とは “先細りになる” こと。テーパーされたパンツがテーパードパンツで、裾に向かって細くなるシルエットのパンツをさします。ウエストやヒップの周辺にはゆとりがあるのでリラックス感がある一方、裾は絞られているのでスリムな印象。そんないいとこ取りのシルエットということで、最近の主流になっています。汎用性が高くコーディネートもしやすいので、テーパードパンツを活用しない手はありません。

テーパードパンツを選ぶポイントは?

テーパードパンツの魅力は美しいシルエット。傾斜の度合いが大きいほど個性的に映りますが、適度にテーパードの効いた大人っぽいタイプを選ぶのがおすすめです。また、テーパードパンツは形状での種類分けで、素材は多様。ジーンズ以外ならテーパードが基本です。自然なシルエットの定番的な一本を選び、幅広くはき回すのが賢明です。

テーパードパンツといえばこれ! 5大タイプ別コーデサンプル

素材などのバリエーションが豊富なテーパードパンツ。デニムやチノにはじまり、ミリタリー系やスラックスでもテーパード型が多数リリースされています。そこで、テーパードパンツのタイプ別に、旬なコーディネートの実例を紹介。ナチュラルなシルエットのパンツを選びつつ、着こなしで今季的に見せるのがポイントです。

@濃紺テーパードデニムは、シンプルな着こなしのベースに最適

ダークなインディゴブルーのテーパードジーンズは、落ち着きあるカジュアルスタイルのベース。合わせるアイテムを選びませんが、シンプルにはきこなせば十分におしゃれです。自分に合うスリムなシルエットを追求すれば、意外とセンスよく見えるものです。

チェックシャツとテーパードジーンズで構成したアメカジ調の装い。野暮ったくなりそうな組み合わせですが、ブルー系の統一感とスリムなシルエットでシックに仕上げています。白いスニーカーの抜け感も今季的。

美しいシルエットのテーパードデニムは、シンプルなニットを合わせるだけで大人なコーディネートにまとまります。ニットの淡いトーンが今春っぽいムードを演出。パンツの裾をまくった無造作感もおしゃれです。

定番的スウェットシャツを合わせたアメカジスタイルですが、デニムが濃紺なので落ち着いたムード。やや細身のジャストなサイズ感で、大人なムードが漂っています。スニーカーも濃紺で揃えた統一感も落ち着きを醸出。

A色落ちテーパードデニムは、上品なトップスを合わせて大人なバランスに

ウォッシュド加工などで色落ちさせたジーンズはラフなイメージ。その印象を拡大するより、その特長をアクセントとして効かせる感覚で着こなすのがポイントです。つまり、品のあるトップスで落ち着きを与えつつ、デニムの味感を際立たせましょう!

ステンカラーコートを薄色デニムで着崩した典型的な着こなし。パンツはラフですが、全体的には大人なムードです。コーディネートで使っている色はブルー系が中心なので、爽やかな品格も漂っています。

品のあるトップスの代表格が白いシャツ。オックス地のボタンダウンを合わせるのが定番的ですが、今季らしさを加味するならバンドカラーやノーカラーがイチ押し。ツバ広ハットを合わせれば旬度は最上級に。

加工感のある薄色デニムを前面に押し出すなら、セットアップやデニム・オン・デニムも視野に。ラフになりすぎないよう、シルエットは上下ともスリムに揃えつつ、余計な小物類も排除するのが着こなすポイントです。

Bテーパードチノパンは、ホワイトのトップスを合わせて爽やかにまとめる

チノパンは基本的にテーパード型。オーセンティックな一本を選べばOKですが、今季らしさをベージュで表現しましょう! 全身もソフトなカラーリングでまとめるのが今の気分。旬色でもあるホワイトのトップスを組み合わせるのが今季的に見せる近道です。

チノパン、Tシャツ、パーカー、スニーカーという王道アイテムのセットですが、白の配分が多いため爽快な印象に。インナーが長めというバランスも何気なく今季的です。パンツのスリムなシルエットもモダンな印象に貢献。

注目のスカジャンを使用。チノパンにならったベージュ基調がマイルドな印象で、不良っぽさを緩和しています。また、チノパン以外の全アイテムに使われている白が爽快。太めのチノパンがリラックス感を加味しています。

この春は白地のボーダー柄も人気。ピッチ幅がワイドのほうが新鮮な印象を振りまけます。インパクトのあるトップスに対し、チノパンはスタンダード。そんなバランスこそ、大人が目指すべき今どきのスタイルです。

Cテーパードミリタリーパンツは、爽やかなトップスで男臭さを中和!

ミリタリーパンツもテーパード型が定番。スリムなタイプも増えていますが、腰周りにゆとりのあるシルエットが大人には打って付けです。武骨な印象のあるパンツなので、トップスで爽快感や品位、抜け感を加味するとバランスが整い、センスよく映ります。

マリンテイストを感じさせるボーダー柄のTシャツは、爽やかさを演出するのに持ってこい。ワイルドなミリタリーパンツとのセットでテイストをミックスし、こなれたムードを醸出しています。

かなりテーパードの効いたミリタリーパンツですが、ポケットにマチがなくスッキリした印象。トップスにもその雰囲気を拡大し、白いTシャツ&ノーカラーアウターで首周りをスッキリ仕上げています。

品があるトップスの代表としてシャツをセレクトしたスタイリング。トップスはタイト、パンツはややルーズというシルエットのバランスが今季的です。白いスニーカーで爽やかな抜け感も加味しています。

Dテーパードスラックスは、カジュアルなアイテムでリラックス感をミックス

スラックスもテーパードシルエットが正統派。カジュアルスタイルに用いるなら、少し太めのシルエットでも問題ありませんが、裾は細身のほうが持ち前の品格を損ないません。その半面、上品になりすぎないようにトップスでラフ感や抜け感を加味したいものです。

旬な薄色デニムをアウターで取り入れながら、テーパード型のスラックスで落ち着かせたコーディネート。ニットキャップや総柄シャツもカジュアルですが、スラックスの品格で大人なバランスに仕上がっています。

リラックス感を振りまくやや太めのスラックスをセレクト。クリーンな白いシャツを合わせつつ、全開のフロントと袖まくりで抜け感を演出しています。オリーブ色のインナーもラフ感を醸す隠し味。

テーパードスラックスは、テーラードジャケットとのセットアップで取り入れると簡単に大人っぽくまとまります。デニムシャツといったラフ感のあるインナーで着崩すのがおすすめ。スニーカーで抜け感も加味しましょう!

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    ワードローブの必需品。オックスフォードシャツの着こなし方と注目ブランド

    ワードローブの必需品。オックスフォードシャツの着こなし方と注目ブランド

    オーセンティックなアイテムこそ奥が深いのがメンズファッション。男の定番服であるオックスフォードシャツも、その特徴と選び方を知っておけばより品良く着こなせます。

    平 格彦

    アノラックに注目。旬デザインのパーカーを着こなしに取り入れよう

    アノラックに注目。旬デザインのパーカーを着こなしに取り入れよう

    アウトドアウェアの定番であるアノラックが注目されています。その理由を解説しつつ、押さえておきたいアイテムやタウンユースに落とし込む方法をご紹介。

    編集フカザワ

    コーチジャケットが着回しやすい! ハズさないブランド&コーデ術

    コーチジャケットが着回しやすい! ハズさないブランド&コーデ術

    90年代ファッションやスケートカルチャーへの関心から、コーチジャケットが注目されている。シンプルで着回しやすい万能アウターの注目ブランドと着こなし方を解説しよう。

    菊地 亮

    ワードローブの基本装備。黒スキニーパンツをおしゃれに着こなしたい

    ワードローブの基本装備。黒スキニーパンツをおしゃれに着こなしたい

    すでに活用している人も多いでしょうが、黒のスキニーパンツは着こなしに悩まない万能アイテム。はけば即おしゃれにキマる、ワードローブの必需品です。

    平 格彦

    定番を攻略せよ。無地スウェットをおしゃれに着こなす3つのヒント

    定番を攻略せよ。無地スウェットをおしゃれに着こなす3つのヒント

    あっさりとした表情の無地スウェットは合わせやすい反面、センス良くコーディネートするのが意外と難しいアイテム。どう着こなすとおしゃれに映るのか、解説します。

    山崎 サトシ

    大きさも防寒性も怪物級。真冬にはモンスターパーカーがあればいい

    大きさも防寒性も怪物級。真冬にはモンスターパーカーがあればいい

    多くのブランドが今季こぞってリリースしているモンスターパーカー。ビッグシルエットと圧倒的な保温力が特徴の同アイテムの魅力と、着こなし方を紹介します。

    平 格彦

    BACK