寒暖差のある時期はテーラードを軸にアイテムを揃えて

寒暖差のある時期はテーラードを軸にアイテムを揃えて

暑かったり寒かったり、洋服のチョイスが日々変わる春。そんな季節には着ても脱いでも絵になりやすい、テーラードジャケットを軸にした着こなしが便利です。

桐田 政隆

2016.03.25

アウター
ジャケット
テーラードジャケット

そもそもなぜテーラードジャケットが必要なのか

やっぱり大人の着こなしには品のよさが求められるので、テーラードジャケットは1着あるととても便利なアイテム。休日のカジュアルにも、羽織るだけでグンと上品な印象になるうえ、これからの季節はアウター代わりに使うのもアリですね。

必要な理由1気温差に対応しやすい

日中は暖かかったけど、夜は寒い……。そんな春にはテーラードジャケットがおすすめです。春の陽気が感じられるお昼ならば、羽織ったジャケットを脱いで手持ちした姿もサマになりますよ。

必要な理由2Freeamericanidol世代マストのブルーデニムと相性抜群

ジャケット×デニムの組み合わせは、今や大人のコーディネートに欠かせないものでしょう。休日にキレイめな格好でお出掛けしたい日にもおすすめ。いつものカジュアルなデニムスタイルもどこか上品に見えて新鮮ですよ。

必要な理由3清涼感を打ち出す、きれいめ要素を簡単に追加できる

テーラードジャケットは胸元に抜け感があるので、春らしい清涼感のある着こなしにもピッタリ。またライトな印象のシャツや、ホワイトデニムなどと合わせると、いっそう軽やかで爽やかなコーディネートに仕上がります。

テーラードジャケットと相性抜群なアイテム

ここからはカジュアル使いのテーラードジャケットと相性のいいアイテムを紹介していきます。ほとんどが合わせるだけで、品よくおしゃれな着こなしになるアイテムなので、ジャケットとともにぜひ押さえておきましょう。

アイテム1ブルーデニム

今季注目の薄色デニムもいいですが、まず間違いない相性といえばクリーンなリジッドデニムでしょう。アイテムでいえば『A.P.C.』のプチニュースタンダードあたりは鉄板ですね。むだな装飾がなく、シルエットもキレイでジャケットにピッタリです。

正直、サイズ感やレングスが極端に変じゃなければ、簡単にサマになるジャケット×プチニュースタンダード。旬のベージュジャケット、ロールアップして足元に軽さを出すと、簡単に今どきの着こなしが実践できます。

アイテム2ホワイトデニム

もともとクリーンな印象があるホワイトデニムは、上品なテーラードジャケットと親和性の高いアイテム。また春夏にも何かと活躍するパンツなので、1本持っておくと着こなしの幅、印象の鮮度も違ってくるのでおすすめ。ちなみにこちらも『A.P.C.』のプチニュースタンダードです。

ジャケットとシャツ、またシューズもダークトーンのアイテムですが、ホワイトデニムを挟むことで簡単に明るい印象が生まれます。季節感を取り入れたい時にも役立ちますね。

アイテム3白シャツ

当然、白シャツとの組み合わせは間違いなしです。ジャケットはネイビー、グレーといった定番から、ブラック、ベージュとなんでも合います。ジャケットのインナー選びに迷ったら白シャツで失敗はしないでしょう。

白シャツもデニム同様、あまりテクを要しないアイテム。衿付きで品があるので、自然とテーラードジャケットと馴染みます。またパンツはカジュアルでも、キレイめな印象に仕上がるのが便利。

アイテム4デニムシャツ

ジャケットのインナーにデニムシャツを使うと、ちょっと砕けたハズシが実践できます。また1枚ならヴィンテージ感のある一枚でもいいですが、ジャケットに合わせるならクリーンな濃紺寄りがベターですね。

デニムシャツのブルーがブラウンやベージュ系と相性がいいのは、おしゃれ巧者の常識。ネイビージャケットでネイビートーンもいいですが、今どき感でいうとブラウン、ベージュ系のセットアップに使うのもおしゃれです。

アイテム5ボーダーカットソー

レイヤードのアクセントにも便利なボーダーカットソーは、ジャケットの前立てからのぞかせてもおしゃれ。これからの季節にはいろいろと使えるので、ぜひ1枚キープしておきましょう。

ジャケット×ボーダーの組み合わせも、ほぼ着るだけで完成してしまう簡単おしゃれコーデの代表格ですね。ボーダーがスタイルのアクセントになり、また爽やかな印象を加えてくれるので、春夏に重宝間違いなしです。

アイテム6無地Tシャツ

無地Tも相性がいいですが、ここはちょっと個人の好みが分かれるところ。たとえば細番手のVネックを合わせたい人もいれば、ドライタッチなクルーネックで着崩したい人もいます。また無地でもポケTなんかを着てると、技アリな印象もありますね。

個人的にはこういう着こなしが今っぽいかなと思います。セットアップでインナーはシンプルな無地T。セットアップの品のよさを前面に出したスタイルですね。着こなしも簡単ですし、取り入れやすいと思います。

    KEYWORD関連キーワード

    BACK