大人コーデの定番。白シャツをグッとおしゃれに着こなすヒント

大人コーデの定番。白シャツをグッとおしゃれに着こなすヒント

白シャツは季節問わず大人のワードローブに欠かせないアイテム。ベーシックで定番ゆえに着こなし方ひとつで表情は無限大に。白シャツをおしゃれに着こなすヒントとは?

大中 志摩

2018.04.19

トップス
シャツ
着こなし・コーデ

大人のワードローブに欠かせない、白シャツ

シーズン問わず、ワードローブに欠かせないアイテムの1つである白シャツ。ベーシックなアイテムゆえに汎用性が高く、爽やかで知的な印象が大人の着こなしにマッチするためFreeamericanidol世代にも重宝されていることだろう。

そんな万能すぎる白シャツだから、大人なら最低でも1枚、着用頻度が高い人なら2枚以上持っておいて損はしない。本記事では、白シャツのおすすめとおしゃれに着こなすためのテクニックを紹介する。

選ぶべき白シャツは、こんな1枚がおすすめ

汎用性の高さを重視するなら、レギュラーカラーやボタンダウンタイプがおすすめ。襟が大きすぎないすっきりとしたデザインを選ぶのがポイントだ。旬を意識するなら、バンドカラーも外せない。襟元の印象が異なるだけでこなれた雰囲気に着こなしが見違える。ここでは、汎用性が高く旬を楽しめる、おすすめの白シャツの一例をピックアップ。

むだのない装飾で仕立てられたレギュラーカラーの白シャツはまさに定番。そこで差をつけるなら素材にこだわるのがポイントだ。高級コットンの1つであるスーピマコットンを採用した1枚は、肌触りが良く着心地も抜群。細身のシルエットですっきり着られる点も大人向き。

肉厚でしっかりとした生地を使用したオックスフォードシャツ。ストレッチが効いているため着心地の良さが魅力だ。ボタンダウンの襟元が、カチッとしつつもスポーティーな印象を演出するため、きれいめカジュアルな着こなしに最適。

最近は機能性のファブリックを使用したアイテムも充実。その代表例が、表面はハリ感のある生地で高級感あるルックス、中身は吸水速乾性に優れた高機能生地という、ハイブリッドなこの1枚。程良くウエストラインがシェイプしたデザインでよりドレッシーに仕上がっている。

白シャツをヘビロテで着たい人におすすめなのがこちら。夜に洗濯して干せば翌朝には乾くというドライ素材を採用したありがたい1枚。きれいすぎないため、ラフにも着こなしやすく、どんなボトムスともなじみやすい。

ベーシックなカラーもいいが、バンドカラーも見逃せない。こちらはなめらかな光沢感のあるブロード生地で仕立てたシャツを、バンドカラーのデザインで仕上げた1枚。きれいめ、カジュアルの両用で使えて、程よくこなれ感をプラスできる優れモノ。

定番の白シャツ、大人はどう着る? おしゃれに着こなす3つのヒント

どんなアイテムと組み合わせても相性がいいからと、何も考えずに着こなすのはNG。白シャツのクリーンさを生かした大人に最適な着こなしのヒントを紹介する。

ヒント1ブルージーンズとの最強タッグで好印象に

まず紹介するのは白シャツにブルージーンズを組み合わせた定番コーディネート。定番の組み合わせだからこそ、全体のバランスや色使いに注意して大人っぽさを演出したい。シンプルにまとめるのも悪くはないが、旬のミリタリー要素を取り入れたり、ちょっとした遊び心を加えたり、ワンランク上の着こなしを目指して。

濃紺のジーンズと、白シャツというきわめてシンプルな着こなし。上下ともジャストなサイジングでまとめることできちんと感はしっかりキープ。キャップや丸メガネなどの小物で遊び心を取り入れるのは必須!

白シャツをウォッシュのかかったライトなジーンズでカジュアルダウン。ロールアップした足元には、黒の革靴をセレクトすることで、カチッとした印象に仕上げた。ネイビーのベレー帽で季節感とクラシカルなムードを投入。

MA-1に白シャツをレイヤードすることで、男らしさにクリーンな雰囲気を加味。濃紺ジーンズ&レザーシューズでカチッと引き締め、大人っぽく仕上げたのがポイントだ。

白シャツ×ブルージーンズ×白スニーカーというミニマルな着こなしも定番でいいが、個性を出したいならダメージやリペア加工のジーンズを取り入れるのが手。一見やんちゃな加工ジーンズも白シャツと白スニーカーが清涼感ある着こなしに仕上げてくれる。

ヒント2白シャツ×ジャケットコーデは、パンツで程よくカジュアルダウン

きれいめコーデの基本である白シャツ×ジャケットの組み合わせ。ただし、ボトムスまでかっちりさせてしまうとビジネス色が強くなってしまうため、ジーンズやカーゴパンツなどカジュアルボトムスで着崩すのがポイントだ。

タイドアップしたシャツにネイビーのジャケットでシックにスタイリング。ボトムスに程よく色落ちしたジーンズを合わせることで、カジュアルに仕上げた好例。

白シャツ×ネイビージャケットの着こなしを、ブラックのスキニージーンズとスニーカーでカジュアルかつスタイリッシュに味付け。シャツの裾をタックアウトすれば、ラフでカジュアルな雰囲気がアップ。

白シャツとジャケットのきれいめアイテムに、ネクタイとカーゴパンツでミリタリー要素を加えたMIXスタイルが新鮮。上半身をタイトにまとめれば、ルーズなシルエットのパンツも簡単に攻略可能だ。

寒くなったら白シャツ×ジャケットにニットをレイヤードするのもおすすめ。グレーニットにホワイトパンツの組み合わせで、シックなネイビーのジャケットを軽快に仕上げた。

ヒント3白シャツ×ベージュのチノパンでナチュラルな着こなしに

白シャツにベージュのチノパンを合わせれば、やわらかな配色のおかげでナチュラルな雰囲気を作ることができる。爽やかかつ温もりある着こなしは、秋の着こなしに最適。

バンドカラーの白シャツにワイドチノを組み合わせたトレンド感漂う着こなし。ナチュラルかつラフな印象なので、カジュアルなデニムのショップコートとも相性良くキマる。

『ディッキーズ』のワークパンツを取り入れることで旬なストリートスタイルに落とし込んだ好例。裾をロールアップし、ラインソックスをアクセントにした小技にも注目。

白シャツ×ベージュのチノパンは、淡い配色ゆえに春っぽく見えてしまう可能性も。そんなときは足元に濃いブラウンのレザーシューズを合わせれば、季節感も演出できる。

白シャツ×チノパンにジャケットを羽織った定番アイテムでの着こなしだが、ワイドシルエットのチノパンならグッと今季的。ガチャベルトや、ソックス×スニーカーの合わせなどのハズシがしゃれ感をアップさせる。

もうひと工夫でこなれ感増加。白シャツをおしゃれに見せる小技もチェック!

シンプルな着こなしでもおしゃれに見える白シャツだが、よりいっそうおしゃれに見せるためにもうひと工夫加えてあげたいところ。白シャツコーデを格上げしてくれる小技を紹介していく。

こなれ感を演出する、袖のロールアップ

シャツスタイルは袖をロールアップするだけで抜け感が演出でき、こなれた印象を与えてくれる。腕元に時計やアクセサリーなどの小物でアクセントをつけるとよりGOOD!

カーディガンの肩掛けで、アクセントを

単調になりがちな白シャツコーデも、カーディガンを肩掛けするだけでしゃれ感あるスタイルに。白シャツは合わせる色を選ばないので差し色も取り入れやすい。もちろんそのまま重ねたり、腰に巻いたりするのも効果的。

タイドアップで、品の良さをプラス

上品で大人っぽく着こなしたいならタイドアップするのもおすすめだ。ボウタイやニットタイならかっちりしずぎず、軽やかな印象を与えてくれる。よりしゃれ感ある着こなしを目指すなら、深みのある秋色を選ぶのがベターな選択。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

    BACK